FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

冬が来る

秋を過ぎて、冬を迎え、やがて春が来る。毎年の変わらない自然の営みも、我が家にとっては特別な季節となります。




ヒロくんが、サラリーマンを辞めて引き継いだ仕事は、某食品の製造販売です。そして、その仕事は10月から3月までの間、一日の休みもなく、かつ部署によって24時間稼動しています。


私自身は、忙しくなるとは言うものの、かなりの仕事を回りに引き継ぐ事ができたので、仕事、家事、介護をバランスを取りながら上手にやってゆこうと思います。

そうは行かないのが、実働部隊である二人の息子です。

既に、二人の頭の中は冬モードに入りつつあり、この冬をどう乗り切るかと言う事が話題の中心となって来ました。

それはそれで、とても頼りになってありがたい事ですが、反面、今までの様に私の話し相手になってもらえない、言う問題が生じてきます。

私にとっては、介護と仕事は優先順位一位タイでなくてはなりません。

でも、息子たちには春を無事に迎えるまでの間は、何にも増して仕事を優先してもらわなくてはならないのです。

他に代われる人間がいないので、何があっても休むわけに行かないのです。

二人がどれだけ仕事に専念できるかによって、出来上がる食品の味が変わってきます。それはまた、会社の将来にも関わって来ます。

だから、冬場の私の最大の仕事は、二人が可能な限り仕事に専念できる環境を作る事なのです。

雑念を排除する事。余計な心配事を聞かせない事。

今までみたいに、私の愚痴の聞き役になってもらう事は、しばらくお休みにしなくてはなりません。



振り返ってみれば、昨年の冬は、ヒロくんがデイに行き始めて、至って順調に過ごしていた時期だったので、二人は病気の父親の事はあまり気に掛けることなく、仕事に専念出来たと思います。


あれから一年が経過し、我が家の状況は随分変わりました。

今年の冬はいったいどうなるでしょうか?今、私は心配で心配で仕方がありません。

最近のヒロくんは、ウロウロ、ウロウロ、ウロウロが酷くなってきました。

食事のときも落ち着かず、一口食べては立ち上がり、ズボンのゴムを下ろしてみたり、ため息をついたり、家族団らんとは程遠い時間となっています。

それでも、それが我が家のお父さんのありのままの姿なのだから、たとえどんなに辛くても、息子たちにも、受け入れてもらう以外の選択はありません。

でも、これじゃあ、本来安らぎの場であるはずの家庭が、台無しだわ・・・・

ヒロくんの残りの人生は、出来るだけ輝いた物であってほしい。それは、家族全員の切なる願いです。

でも、それを最優先するために、他の家族が犠牲になって良いと言うものではありません。「家族」はどこまで自分を殺さなくてはならないのでしょうか。



無駄を承知で私はヒロくんに言ってみました。

「これからまた忙がしい季節になるでしょう。ケンとコウには、仕事に専念してもらわないといけないよね。」


「うん。」

「そうしないと良い商品が出来ないからね。そうしたら会社も潰れてしまうでしょう。ヒロくんもそれは嫌でしょう。」

「うん。」


「そうだよね、だったら、出来るだけ協力してくれる?」


「うん。」


「じゃあね、ご飯食べるときは、じっと座っていてくれる?」


「わかった。」


と、ヒロくんは答えてくれました。ウロウロしながら・・・・・。





困った、困った。



ヒロくんにとっては、出来るだけ今までと変わらない環境の維持が大切だと思います。

でも、今のままでは、息子たちにとって安らぎの場とは言えないこの家庭環境、。

この現状で、どうやったら、私の最大の課題である「仕事に専念できる環境作り」が出来るのでしょうか?


本当に、困った、困った。



どうしたらいいんだろう・・・・・・?




あ~、困った、困った・・・・・



駆け足でやってくる冬の足音が、私の耳の中で響いています。















コメント

ずしりと重いですね

「どちらも優先順位1位タイ」を実現するためにはどうしたらいいだろう。

家庭という船の船長であるmomoさんの苦悩は大きいですね。

冬場をいかにしのいでいくか。
良い案を思いつかれることを祈っています。

①皆がちょっとづつ我慢する。

②誰かが犠牲になる。

③その他

実家でゆっくりしてきたけど、なかなか皆がより良く過ごせると言う妙案は浮かばないですねぇ・・・

ケアマネさんに相談してみます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |