FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

クイズです。

最近、私を付け狙っているストーカー、足が6本、目が4つ。な~んだ?





答え:ヒロくん+メグちゃん


どうですか?面白かったですか?



私が、洗面所で顔を洗っていると、入り口に二つの影があります。お座りの姿勢でじっと私を見つめているメグちゃん。そして、メグちゃんと並んでじっと立って私を見ているヒロくん。

この姿勢は、私が化粧を終えて、洗面所から出るまでずっと続きます。


私が、台所で洗い物をしていると、後ろに気配が・・・・

そっと振り返ると、同じ姿勢で私を見つめる足が6本、目が4つ。


洗濯物を畳んで、寝室に持って行くと、後ろからついて来る足音が6本分。



この二人のストーカーが私に及ぼす影響は2種類です。

メグちゃんは、本当にかわいい!ずっとずっと傍に居てくれると、本当に癒されます。

この癒し系メグちゃんが私に及ぼすプラスの効果が100とすると、ヒロくんからはマイナス200位の心的影響を受けます。

結果的に、私はマイナス100のダメージを受ける事になります。


メグちゃんが、傍にいれば癒されて、ヒロくんが傍に居るとストレスになる。

私は、夫よりも犬の方が好きなんだわ・・・・・・酷い妻だこと。


ヒロくんが、嫌いなわけじゃあないんだけど。こんな病気になってしまって、本当にかわいそう、出来る事は何でもしてあげたい、と思うんだけど。

そうは思うものの、毎日毎日、そっと後ろに着かれていると・・・・・・

ぎゃー!背後霊!と心の中が、鉛色に染まってゆくのです。


今日の背後霊は、殊更にまとわりつくのが好きだった様です。

私は、出来るだけ見ないようにしたり、気分転換に外へ出たりしながら、何とか日中を過ごしましたが、夕方頃、疲れ切った私はとうとう背後霊さんに話しかけてしまいました。

「私ね、背後霊に取り付かれているの。」

背後霊さんはお返事してくれました。「ふ~ん。」

「いつもいつも背後霊がついていて大変なの。」

「そうなの?」

ヒロくんは、私が「はいごれい」と言う得体の知れないものに苦しめられているという事はなんとなく分かるようで、とても心配そうに答えます。

「かわいそうでしょ。」

「あ~、そうだね。」

「背後霊って知ってる?」

「しらない。」


何とも無駄な会話でしたが、ふとこんなストレス発散方もありかな、と思いつつ・・・・


あ~、せめても、メグちゃんが居てくれて・・・・本当に・・・・・良かった!

「おいで!」と両手を広げると、ピョーンとはねて飛びついて来てくれる私の専属臨床心理士なのです。

hime








コメント

大正解!

私は、大正解でしたよ。

「不安で不安でたまらない」症候群でしょうか。
大切な家族だから、「こちらが怒らないように」「こちらが切れないように」するから、ストレスがたまるんですよね。
これは、体験した人にしかわからないことですね。

対処法は、とにかくこちらのストレス発散につきます。

大変ではあっても、会話は成り立っている。
momo流発散法、momo流楽しみ方をみつけて、なんとかかんとかのりきってくださいね。

ストレス発散法

切れないように、怒らないように、と分かっていながら、最近は限界線からつま先がはみ出している感じです。

背後霊の件のように、私がめちゃくちゃ喋り立てても、その内容は通じないみたいだから、ストレス発散の矛先が主人であっても、もしかしたら悪くないのかも、と思います。どうでしょう?この方法。

momoさんの判断です

ご主人様に悪影響がでず、momoさんのストレスが発散できるのならいいのではないでしょうか。

自己嫌悪におちいらない範囲でね。

私の場合は、母と離れている時間が圧倒的に長いので、長期間やってこられました。

父と母が重なったことで、ごく初期に
「(介護の質・形態を考える余裕などなく)両親を送ることが私の務め」と定めたので、そして1番しんどいところは夫が決断してくれたので、なんとかここまでやってこられたのだと思います。

そして、見学だけですみましたが、父の時に見学した劣悪な環境を知ったことで、少々のことは私が我慢できたことも大きいでしょう。

今は背後霊でも、いつの日か守護霊にかわってくれるでしょう。

家庭の事情は、話したその場ではわかっていないようでも、わかってくれています。
協力してくれますよ。

momoさんがつぶれないようになさってください。

紙一重

背後霊と守護霊って、紙一重ですね。

時には、消え去って欲しいと願う背後霊さんですが、じゃあ、本当に消えて欲しいのかと言うと、そうではない、背後霊さんがいるから私は生きていけるのであって、もはや守護霊なのです。

じゃあ、その守護霊さんが私を守ってくれるのかというと、それも違っていて、守護霊さんの存在によって、私は疲れ切っている・・・・・どうどう巡りです。

いったい、どうなって欲しいのか、それすら良く分かりません。

共存の道を模索してください

momoさんがつぶれたら、なにもかも終わりです。
ご自分が、とにかく精神的につぶれない道を模索なさってください。

犠牲ではなく共存の道を模索なさってください。
多くの人が「会いに行く」介護を選択しています。
共存のために、です。

私は、父と母、母と犬、という多重介護を2度体験しました。
momoさんの場合は、ひとりです。
毎日いこうと思えば行けます。
家で体を休めることができれば、精神的にも回復てきます。

今までとは違うまたべつのつらさを体験するかもしれません。
家族は、そう簡単には楽にはなれないようです。
多くの家族が通ってきた道です。

「認知症の人と家族の会」は介護を卒業された方もたくさん活動なさっています。
体験した者にしかわからないからこそ、です。

とにかくmomoさんがつぶれないように!
お子さん方の「時空の旅」についていけるお母さんは必要ですよ。

ご主人様のことは、おこってしまったことだからしようがない。(私の両親のことも同じです)
momoさんが共倒れしたら、それこそ「不幸」です。
不幸や悲劇は回避しましょう。

mikiさん、

ありがとうございます。

共存共栄 とは行かないけど、 共存共生 目指してぼちぼち頑張ります。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |