FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

外国語の会話で、文章全体は分からないのに、所々知ってる単語が出てくると、それが聞き取れただけで、なんとなく分かったような気になる事があります。


デイのない日の午後、私は早めに夕食の準備をしていました。

手際の良い奥さんだからではなく、「何か」をして動いていないと、背後霊が気になるからです。


たとえば、いすに座ってのんびりTVを見ていたりすると、すーっと背後霊さんが寄ってきて、情けない声で ん~、ん~、 と何かを訴えるのです。


何がしたい、とか どこかへ行きたい、とか、対処のしようがある訴えならば、何とでもなるのですが、この背後霊さんは、自分自身をどうして良いか分からないで、なんとかしてくれ~、と訴えてくるので、私としてもどうにもしてあげることが出来ません。


私自身が忙しそうに動いていると、背後霊さんもちょっとは遠慮してくれるのか、訴えのパワーが弱いような気がします。


比較的無事にAMが終わったので、PMも、何とか事故なく過ぎてゆくようにと願って、私は昼食の片付けの後、さっさと夕食の肉じゃがを、さも忙しそうに作っていました。


ようやく3時が近づいてきたので、午前中にダイエーさんで買ってきたモンブランを食べる事にしました。何であっても、「する事がある」と言うのは救われます。


ヒロくんは、モンブランが大好きです。ほぼ、毎日買います。


以前は、毎日ケーキなんて・・・と思って、理由をつけて買わなかったりしていた時期もあったのですが、最近は、ヒロくんが自分で買うと言う意志を示してくれる事が嬉しくて、毎日毎日ケーキ売り場の前を通ります。


もう、体に良いとか、悪いとか、あまり気にならなくなりました。

食べたいものを食べたいときに食べたいだけ食べてくれれば、それが一番、と思います。





あ~、外国語会話の話でしたね。


3時が近づいて、そのモンブランを食べようと思って、何か飲み物を入れることにしました。

その場にいたのは、私とヒロくんとメグちゃんの3人(?)です。私は、お湯を沸かしながら背後に立っているヒロくんに、聞きました。

「コーヒー飲む?」

「うん。」

これだけで話題が終わってしまうのはつまらないので、私は言葉を続けました。

「メグちゃんにもコーヒー飲むか、聞いてくれる?」

「うん。」

と、良いお返事でしたが、ヒロくんはじっと立ったままです。


「飲むって、言ってた?」私は、また聞きました。

「・・・・・・・・・」


どうも、ヒロくんは、私の言っている事があまり分かっていない感じです。


私は、ゆっくりと単語を区切りながら話しました。

「メグちゃんに、 コーヒーを 飲むかどうか 聞いて くれる?ほら、後ろに いるでしょう。」


メグちゃんは、いつもの様に、私の後ろにちょこんとお座りしています。

ヒロくんは、「どこ?」と言いながら、周りをきょろきょろしています。

「後ろ、後ろにいるでしょ。」

ヒロくんは、「うしろ」という言葉に反応して実際に後ろを見るのですが、どうもメグちゃんの姿が目に入らないようです。

確かに、床の色と保護色の小さなメグちゃんの姿は、見つけにくいと言えば、見つけにくいのですが・・・

ヒロくんは、冷蔵庫のドアを触ってみたり、ゴミ箱のふたを触ってみたり、不可解な行動を取ります。


「ほら、ここ、ここにいるじゃない。」と、私は振り返って、メグちゃんを指差しました。

「あ~。」と、ヒロくんは返事をしましたが、当初のお願いである、コーヒーを飲むかどうか聞く、と言う事はもちろんしてくれませんでした。


私は思いました。

ヒロくんは、「メグちゃん」とか「後ろ」とか「コーヒー」と言う単語は分かるけど、それらを組み合わせて私がしゃべっている「文章」はきっと理解できないんだな、と。


ヒロくんは、だんだんと日本語の国で暮らしながらも、言葉が分からない外国で暮らしている様な、不安な気持ちに包まれているのかもしれないですね・・・

fuse








コメント

momoさんへ

久しぶりのコメントになってしまいましたが、いつもブログは読ませて戴いてました。

いつも読むたびに、「そうそう、そうなのよね。」と相槌してしまうほど、我が主人と行動が似ているのです。

最初は目の前にある、TVのリモコンがわからない。
「目の前にあるじゃない」と、言ってもわからないのです。
仕方なく、私が取って「ほら。有るじゃない。」と言うと、分からなかった と言うのです。

初めは、視野が狭くなったのかな?とも、思いましたが、そのうちにリモコンという単語が何を指しているのか、分からないと、思う様になりました。
ペットしかり、箸しかり等等です。

我が主人の方が、ヒロさんより何歩か前を歩いているように、思いますが。

現在、主人の基盤は施設になっていて、その選択に後悔はしていませんが、momoさんのブログを読ませてもらうたびに、本当にトコトン頑張っていらして、感心をしています。

momoさんとヒロさんに、すこしでも安らかな日々がきます事を願っています。

nekoさん

お久しぶりです。コメント嬉しく読ませていただきました。


ご主人様の新しい生活はは如何ですか?nekoさんは、少し楽になられましたか?

私も、後悔はしていない、と言えるまで、頑張らなくてはと思います。

ご主人さま共々、どうぞお体お大事にお過ごしください。



メグちゃん、かわいいですね~i-178
私にもくりくりお目々のかわいいストーカーが居てくれたらどんなに癒される事でしょう。

現在、残念ながら私は犬を飼える環境にはありませんが、実家ではずっとミニチュアダックスを飼っていました。この春に3代目がお星さまになってしまいましたが、みんな賢く優しい子たちでした。こちらの気持ちを上手に察して行動してくれる彼らの能力は素晴らしいですね。

私もいつか一息つける日が来たらまた犬と暮したいなと思います。
またメグちゃんの姿を見せてください。楽しみにしています。

nobiさん

メグちゃん、本当にかわいいでしょう~v-238(親バカ)

nobiさんも、ミニチュアダックス飼っておられたのですね。あの何ともいえない体型がかわいいですよね。短い足で全力疾走している姿が、何ともかわいくて、かわいくて・・・・・(親バカ)



この子は、魔法使いではないかと思います。どんなに落ち込んでいる時でも、心が荒れている時でも、メグちゃんのくりくりお目々を見ただけで、直ぐに笑顔に戻れるのです。


この子が、保健所で処分される寸前だったなんて、人間界は悲しいです。

でも、今はお互いに幸せ一杯です。メグちゃんの写真をPCに取り込んで、どんな言葉をしゃべらせようかと考えているだけで、楽しくなって、元気が出るのです。

これからも一杯、一杯、登場させますね。楽しみにしていてください。


励まし合って!

momoさんのブログが、現在介護まっただ中の皆さんの広場になりますように!

そして、いつの日か介護を卒業されるときに心身ともに健康でありますように!
皆さん、全員が。

mikiさん

ありがとうございます。

私も、そうなる事を心より願っています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |