FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

役所からのの面接調査も無事に終了し、次は罹りつけのお医者さんに「意見書」を書いて頂く様にお願いに上がらなくてはなりません。
「出来るだけ重症っぽく書いてもらった方が良いですよ。」とある方からの入れ知恵をもって、ここは何としてもヒロくんをお留守番させて、私が一人で先生に掛け合わなくてはならない場面です。
息子にヒロくんを連れ出してもらい、私は精神科の診察室で初めてM先生と二人で向き合って座っておりました。

そして、今まで話したくて仕方が無かったウンチ事件の事、Sさんの施設で見せた奇跡の笑いの事、介護保険を受けることに決めた事、などなど・・・・ひとしきり話しました。

M先生は、介護保険を受け、デイサービスに通う気になった事をとても喜んで下さいましたが、

「ヒロさんの場合、体が何ともないので、介護度が出にくいのです。精神のほうはなるべく重く書いておきますが、でもウソは書けないですからねぇ・・・」と、少々お困りのご様子。

M先生「幻覚を見るような事はありませんか?」
私(あります、と言いたい所だけど)「いいえ。」・・・・でも、いつか幻覚に怯える日も来るのかと気がつきました。

M先生「でも、風呂でウンチすると言うのは、これは大変な事ですよ。」と、最後はやはりウンチで締めくくられ、意見書作成の依頼は終わりました。

こうして、介護保険申請の諸手続きは終了し、後は一ヵ月後の判定を待つだけです。そしてその間に、支援センターさんから教えて頂いた地元の施設をいろいろと見て回る、私とヒロくんの施設巡礼の旅がはじまったのです。


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |