FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ヒロくんの口から発せられた言葉ではありません。私が・・・・・思うのです。



何だか随分お腹が空いているわ・・・・・あれ?私、ご飯食べたかしら?って。


ヒロくんと同じ病気になった訳ではないと思うのですが・・・・・いえいえ、まだ絶対になる訳にはいかないのです。


それは置いておくとして・・・・・



残念な事に、若くして認知症を患ってしまった我が夫ヒロくんは、その運命に翻弄され、日々苦悩と絶望を友とし、究極の悲しみの中で生きていかなくてはならないのですが・・・・・



それも、ちょっと置いておくとして・・・・・・



とりあえず、そんなヒロくんの日常は手厚い介護の下に過ぎてゆきます。


介護保険とは、本当にありがたい制度で、わずか一割の負担で、様々な介護を受ける事ができています。


ケアマネさんと言う介護のプロを中心に、絶えず様子を見守って下さり、何かあったら直ぐに家族へ連絡が入ります。


また、とりあえずではありますが、精神科のひめちゃんとのパイプもまだ切れている訳ではなく、また最近は、近所の内科の先生に月に一度往診に来ていただいて、健康管理も出来るだけの事はしています。


そう考えて見ると、何とも手厚い介護を受けているヒロくんは、ある意味幸せと言えます。


いくつもの目、何本もの手がヒロくんに関わって、命ある限り見守ってもらい、手を掛けてもらう事が出来るのです。


朝昼夜の食事は、うっかり食べさせてもらうのを忘れられる、なんて事は絶対にないし、の回数、その状態まで、しっかりと管理されているのです。



また、精神的には、出来るだけ、出来るだけ、穏やかに過ごせるように、周りの全ての人が気を使ってくれます。


まるで、それが神様の至上命令であるがごとく。


時に、イライラしてその命令に背くのは、この世でただ一人私だけです。


でも、皆に優しくされるからといって、ヒロくんの今が幸せである、とは思いませんけれど。




でも、それも今日はちょっと置いておきます。



私が、今日話題にしようと思ったのは、それだけ手厚く見守られている本人に対して、介護している人はどうでしょう?と言う事です。


人それぞれ、環境も生活も性格も違うので、一概には言えませんが、介護している皆様は、順番をつけるとすると、「自分の事」ってどの辺りに来るのでしょうか?



私はこの頃、自分が食事をまともに食べるのを忘れている事に気が付いて愕然とする事があります。



最近は、早めにヒロくんに食事を取らせて、出来れば早めに寝てもらい、その後息子たちの食事にすると言う、一家団欒には程遠い夕食風景が、我が家の理想となっているのです。


介護、仕事の両立の為に、私が取った苦肉の策です。


そして、息子たちと一緒に自分も食べようかなと思った時に、ヒロくんが背後霊に変身したりすると、なんとなくそのまま時間が過ぎてしまって、後になってお腹が空いて・・・・・

あれ?ご飯食べたかしら?

そういえば、ヒロくんが食べるときに一緒につまみ食いしただけだったわ・・・・などなど。


私が食事を摂ったかどうかを気にしてくれる人は、誰も居ません。


自分が気にかけて、自分で食べない限り、「食べた?」って、聞いてくれる人はいません。


介護、仕事、家事、これらを無事に行ってゆくためには、自分自身の健康管理はとても大事です。


「とても大事」などと言うレベルではなく、私の健康があるから、辛うじて今の状態が保たれているのであって、私が今の健康状態を保てなくなった時点で、家族の「今」は崩壊します。


そんなに大切な私自身の身体なのに、順番をつけて見ると、随分下位に位置するのは、これは間違っているわ・・・・



ついでに言うと、まともな睡眠が取れるのは週に2日だけです。


残りの5日、ほぼ1時間~2時間おきに起されて、それでも混乱無く直ぐに寝てくれる日はまだ良いとして、時には、睡眠導入剤の効果もむなしく、夜中に背後霊になって、2時間ほどうろついたり、またある時は怒りに囚われてみたり・・・・・・


翌朝起きて、そんな事はすっかり忘れている本人は、昼間でも好きなときにうとうとすればいいけれど、私はそうは行かない。


昼寝出来る時はするけど、そんな恵まれた日は滅多にない。


これじゃ、もう体力の限界が秒読みに入っているわ。


でも、私に「ちゃんと寝てる?」って、聞いてくれる人はいない。


いえいえ、「食べないと身体がもたないわよ。寝ないとダメよ。」って、心配してくれる人は居ます。


でも、「はい、これ食べてね。」って、実際に目の前に温かい食べ物を丁度いい時間に差し出してくれる人は、いない。


どんなに眠れぬ夜を過ごしても、翌日は当たり前の様に、仕事が待っている。





自分の健康管理は、自分がするしかない。


でも、現実には、身の回りに渦を巻いている「自分の健康管理」以外の事で、頭も身体も忙殺されて、一番大事な「自分の健康管理」は、すっかり忘れられている。



そして、気が付いたら・・・・あれ?ご飯たべたかしら?




って。




決して迷いこんではいけない破滅へと続く暗いトンネルの入り口って・・・意外とこんな所にあるのかもしれない。




気をつけなくっちゃ!




介護真っ只中の皆様、今日はご飯をちゃんと食べましたか?昨夜は、ゆっくり眠れましたか?





goku


neru












コメント

自己防衛あるのみ

自分のことは自分で守る。
「自己防衛力も介護力のうち」ですから。

「やり遂げてこその介護」
私の持論です。

自分を守りながら介護をやり遂げましょう。
お互いに!

はじめまして

momoさんのブログは大分、前から見させて貰っていつも励みを頂いています。私は33歳ですが母は6年前に亡くなり、今は認知症の父を一人で在宅介護しています…兄が二人居ますがノータッチという状態です。ヒロさんと父の状態が本当に似ていて、進行具合まで同じでビックリしています。更に私も、momoさんと同じ事を考えたり悩んだりしているので何だか他人とは思えなくなり思い切ってコメントさせて頂きました!何を伝えたら良いのか分からない位、沢山momoさんには伝えたい事があります!今日は本当に有り難うございます!!って伝えます。momoさんがブログを続けて下さったから私は何度も救われました…自分だけじゃないんだ…って本当に励まされています!本当に本当にmomoさんに助けて貰っています。ショートステイから今日帰って来る父を迎えるために、ご飯をガッツリ食べたいと思います(笑)momoさんも食べて下さいね♪聞きに来ますよ~(o^-^o)

mikiさん、

mikiさんは、とても強い心をお持ちですね。そうなるまでには、きっと沢山の修羅場を潜り抜けてこられたのでしょうね。

自己防衛力も介護力のうち・・・確かにその通りです。

それがその・・・いつもの台詞ですが・・・わかっちぁいるけど・・・なんです。

こんばんわ

mommoさん、お昼ご飯は食べられましたか?お昼が終わったら、すぐ晩ご飯になりますよね…(>_<)
ユックリ食べたり味わったりするのが中々できませんが、それでも体の為に食べて体力を蓄えましょうね☆
食事は、お父さんの好みや食べ易さが重要ですが…私は自分の好き食べ物も食べていますよ( ̄▽ ̄)
私の食いしん坊をmomoさんにも分けてあげたいです。

クミさん

はじめまして。コメント、嬉しく読ませて頂きました。

我が家は長男が31歳なので、クミさんのお父様はうちの主人より少しだけ年上でしょうか?

そうですか、状態も進行具合もそんなに似ているのですか。それじゃあ、本当にお辛いですね。妻、娘と言う立場は違っても、救ってあげられない家族の苦しみを目の前で見続けていると、気が付かないうちに自分がどんどん消耗してしまっています。

このところ、もうそろそろ限界かな・・・と気が弱くなっていましたが、クミさんのコメントを読んで、また元気が出てきました。

何ともしがたい現実を、こうして書き記す事で、少しは冷静になって心が整理できます。

このブログで救われたと言っていただく、その言葉で私は救われました。こちらこそ、ありがとうございます!

お父様、お元気で戻ってこられましたか?どうぞ、お体に気をつけてお過ごしください。

同じ立場で頑張っておられる方は沢山おられます。本当に、自分だけじゃないので、お互いに頑張りましょう。

また、是非お立ち寄り下さいね!

クミさん、

投稿が時間差でした。

今日のお昼は・・・えーっと・・

そうだ、夕べのお鍋を雑炊にしたのでした。夕食は、湯豆腐とうなぎ。

主人だけ先に食べさせて、寝かせました。今、息子たちの帰りを待っているところです。

私は・・・また、中途半端に主人と一緒に食べてしまいました。残りは、これからちゃんと食べますね。背後霊さんが起きてこないことを願ってます。

momoさん(T^T)

お忙しいのに丁寧なお返事有り難うございます♪
本当に嬉しくて、勇気を出してコメントして良かった…と涙涙です。

元気よくお父さんが帰って来てご飯を食べて貰って、いつもより早くお布団に行ってくれたのでヤレヤレ…と思った所でした。momoさんと一緒ですね♪

お父さんがこれで朝まで寝てくれる…訳でもないから本当につかの間の一時ですけど。
ヒロさんも少しでも長く気持ちよく寝て下さると良いですね。

私は兄と歳が離れているので、父もヒロさんより大分年上だと思います。この前68歳になりました。

家にも犬1と猫2が居て、お父さんと私を癒してくれていますよ♪

…と本当に共通点が沢山あってmomoさんには伝えきれない位です。
私の年齢では介護を経験してる人が居なくて…絶望的で毎日泣いていた時に携帯のブログで『介護』を検索してmomoさんの所に辿り着きました。それから、辛い時には何度も何度も読み返して私の慰めや支えにさせて貰っていました。momoさんには本当に感謝しています!

嬉しさ余り、くどい長文で失礼します(^_^;)

momoさんも忙しいので、無理のない様に私のコメントも見て下さいね☆勝手にお邪魔してますので…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ど~この誰~だかし~らないけれど・・・

って歌、お若いクミさんはご存じないと思うけど、私はこのブログで、「誰だか知らない方」から勇気と元気を沢山頂いています。

一昔前だと、一人で悩んで追い詰められてしまったかも知れないのに、ありがたい時代になったものです。

いつでもどなたでも、自分の都合で、ふらっとお立ち寄りいただいて、ご自由に何でもコメントしていただいて、もしそれが少しでも救いになるなら、こんなにうれしい事はありません。

ついつい篭りがちになって、孤立してしまう介護家族が、こんな空間を共有してお互いに励ましあえるとしたら、素敵ですね。



クミさん、

ワンちゃんと猫ちゃん飼っておられるのですね。癒されますよねぇ・・・・
私は、全てが終わってゆとりが出来たら、もっともっと沢山の犬を飼うのが夢です。



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |