FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

泊まり明けは、朝から混乱が酷いと有名なヒロくん。

あまりに酷い時は、NホームさんからTELが掛かってきて、いったん帰宅となります。


今朝の事、8時半にTELがかかって来たので、やっぱりね・・・・と思ったところ、「落ち着いておられますので、このまま様子を見ますね。」と、久しぶりに良い話でした。


良かった・・・・と思ったのもつかの間、10時にまた掛かってきて、「他の利用者さんが来られる頃から、混乱されだしましたので、お送りして良いですか?」と。


やっぱりね・・・・・・もう、良い事なんて、期待してはいけないんだわ・・・・・



そんな訳で、帰宅部となったヒロくんと、この秋3回目のもみじ狩りに出かけました。本当に、田舎に住んでて・・・・良かった!


まずは、家の直ぐ近くの、春には桜が咲き乱れる里山へ行って見ました。

のどかです。

7


1

まあまあ、メグちゃん、そう言わずに・・・・

6

あ~、残念、それも無理だわ。

2

そうだね・・・・食べられないね・・・・・・

3

足、短いもんね・・・・・・


まだ、ヒロくんが元気そうだったので、ついでにもう一箇所、有名なダムサイトへ足を伸ばしました。



4



メグちゃん、お付き合いありがとう。ゆっくり、おやすみ。


5



コメント

もみじ

もみじ狩りは穏やかに過ごされましたか?

せっかく、お泊まりに行かれてもmomoさんの心は休まる事がないですね…

デイやショートでお世話になっている時間にかかってくる電話ほど、ドキドキする事はありませんよね…


施設によっては、割りとおおらかに対応されて余り連絡をされず何とか対応して下さる所もある様です。

父がお世話になっている所は敏感な所と、おおらかな所があるので丁度良いのかな??

ヒロさんが行っておられる所はどうですか?

小規模多機能だと、他の事業所と併用できないので
ある面では、困りますね!
そして、専門家でもそのことをご存知ない方が多いようです。

現在入院中の夫も小規模多機能でしたが、
他より目が行き届き融通がきく反面、ご迷惑が増えてしまった時に、他所を試して見たいと思っても できませんでした。

解約すると再度契約の保証がないので、他の認知症対応デイサービスに、自費でもよいので試させてほしい とお願いしてみましたが、無理でした。

今が一番大変です!
あと1年2年たてば (病が進行して?)
落ち着きますよ! と申し込んだ特養の方に言われました。

だれも 助けてくれない…今!助けてほしいのです。
途方にくれました。

私なりに在宅にこだわっていました。
この病での入院も考えた事もありませんでした。
でも、日毎疲労が蓄積して苦しくなりました。

夫は、デイサービス6時間週4日まで。
不穏ひどく、ショートステイは断られていたので、
週に離れる時間は、最大24時間でした。
残りの144時間は、薬服用も昼夜不穏で、関わりの必要な二人きりの時間でした。
その生活が、毎週毎週途切れることなく やってきました。
一年365日8760時間のうち、二人きり(複数の時も私が関わる)の時間が約7600時間になります。

7600時間の見守り対処。
心身共に疲れた状態では、
ことばの理解が乏しくなった夫のモチベーションの維持に努めることも厳しく、
完璧にイライラや不安から救ってあげる為のひらめきもめったにわかなくなってしまいました。

そして、最近私が体調崩して、主人が認知対応病棟に入院になりました。

病院では、家より我慢していそうで、
主人に申し訳ないと思いながらも、持病その他抱えていることのため、在宅をあきらめた自分がいます。

主人が可哀そうで 今は別の意味で苦しいです。
その度に、上記の介護時間の数字を書いたものを
読みます。
この膨大な時間の緊張・対処は、どう考えても私一人では無理だと思えてしまいます。


介護体力も個人差があります。
病気の症状も百人百様です。
他の方ができている介護も、色々からんでくると無理なこともあります。
自分を見失ってしまわないように…

自分らしくいること… 
とても大切だと思うようになりました。

クミさん、collorsさん、

主人がお世話になっている小規模多機能は、可能な限りこちらの要望に応える様配慮していただけるので、とてもありがたいと思っています。

ただ、それも「今」の主人の状態がぎりぎり限界なのではないかと思っています。

その様な事を言われた訳ではないのですが、たまたま混乱が酷い時の状態を見る機会があって、これではご迷惑だわと、私が思いました。

今の主人には、ずっと職員さんの誰かが、付き添っていなくてはならない感じです。家に帰りたがる主人を、送りの時間まで何とかなだめるために、外へ連れ出して下さったりしている様です。

本当に、お世話をおかけしていると、申し訳なく感謝の気持ちで一杯です。

ケアマネさんは、「迷惑掛けてるって、思わないで下さい。これが私たちの仕事ですから。」と、言ってくださいましたが、やはり集団生活では「限界」と言う物が存在すると思っています。

ただ・・・・・・collorsさんのご主人の様に、不穏ゆえにショートを引き受けていただけないとなると・・・・

介護のプロでさえ、引き受けられない人を、家族が看られる訳がない、と思うのです。

それでも、家族は看なくてはならない。

「私たちは8時間働いたら家に帰れます。だから出来るのです。ご家族は、24時間365日、出来なくて当然です。」初めてケアマネさんに出会った日に言われた言葉です。

7600時間ですか・・・・無理です。一人では絶対に無理です。


私も、ケアマネさんから「今が一番つらいときですよ。これ以上の苦しみはないでしょう。」と、言われてからもう既に半年以上が経ちました。


本当に、助けて欲しいのは、「今」 です。


今、出ている案は、不穏状態が酷くなる前に、家に帰す様にする、その代わり比較的看やすい夜の泊まりの回数を増やして、私が休める様にする。ヘルパーさんを派遣してその間に私が仕事に行ける様にする。

入院は避けたい、と言った私にケアマネさんが提案してくださった案です。ありがたいと思います。

これでしばらくやって見ようと思いいます。でも、その傍ら、次の段階の準備は進めておくつもりでいます。

collorsさんとご主人様の後姿を追いかけている様で、とても心が苦しくなります。

でも、倒れてからでは遅い、もっと追い詰められてからでは遅い。自分を見失っては、絶対にいけません。それだけは肝に銘じているつもりです・・・


「今、大変な皆様」    やるしかないですね。頑張りましょう!

いっぱいいっぱいの時は、休養も発散もできていない時

なので、介護の形を変えて様子を見るのが 

一番ですね!

momoさんの 安心の時間が ふえますように!!!

collersさん、

ありがとうございます。

目の前に居ても辛い。と言って、手放してもまた、別の辛さがあると思い、いつまでたってもぐずぐずしている私です。

ちょっと先を歩いておられるcollersさんの言葉は、心に響きます。

入院の結果が、いい方向へ向かう事を心からお祈りしています。

みなさん…

同じ様な状況を通過しておられるんですね…

私が住んでいる所は施設に入所するのに何年も待たないといけないので、手続きだけでもするように先生に勧められました。
最近、父がだいぶん進行しているのでケアマネさんから具体的に申し込みを勧められ、父の進行具合から一年後には入所できる可能性があると言われました。

今の状況を何とかしたい!って思ってたのに、いざとなったらまだ家で介護できるんじゃないか…と思ってしまいます。

実は私、父の進行と共に鬱病になってしまって限界も感じています…私を診察してくださっている先生は父が施設に入所して父から離れた時に鬱病も少しずつ回復すると言われています。
でもでも…まだ穏やかに過ごせる時もある父を入所させてしまうのか…入所したらお金がかかる…でも、私はまだとても仕事に復帰できる状態じゃないのに生活できるのか…
究極の選択に+色々な事がくっついて答えを出せずにいます…

ケアマネさんにも私の状況を説明しましたが、イマイチ分かっておられないみたいで、アルバイトでもすれば大丈夫と言われてしまいました…
momoさんのブログにグチグチ言ってすみません…せっぱ詰まってる最近の私です。

介護をしている家族は、自身も心の病にかかっている人が沢山いると言われています。

そりゃもう、当然だと思います。この現状で、精神の均衡を維持できるとしたら、よほどの強靭な精神力の持ち主か、たまたま恵まれた環境にあって、押し寄せるストレスが、何らかの方法で解消されているか、だと思います。

クミさんの今の気持ちは、私そのものです。このままではもうダメだといよいよ心を決めたつもりになっても、一夜明けると、あれ?まだもうちょっと行けるかも・・・って。

そして、心の問題だけを考えていれば済む訳ではなく、経済的な事もそうだし、周りの声もあるし、「心」以外の事すら、自分で考えなくてはならない重圧。

しんどいですね。私は、自分の事だけでもう一杯だから、クミさんの心が楽になるような言葉を探す事が出来ません。

ただ、このブログは誰の愚痴でも大人しく受け止めてくれます。遠慮なんかいりませんよ。どんどん思いを書いて下さい。「書く」って、救われます。

momoさん

みなさんが同じ様に経験し考えておられる事…momoさんがブログを更新して、書くメッセージに返答して下さる事が何よりも私の支えになっています。

本当に有り難うございます。
自分の気持ちを書いても良いというmomoさんの優しさにも感謝です。

周りには親切な方が沢山います…幸せな事です。
『何かあったら言って』と声をかけて下さいます。

でも…でも…
愚痴すら言えません。


又、辛さMAXになったら書かせて下さいねm(__)m

どうそどうそ・・・

MAXになるまで我慢しないで下さいね。

周りの親切な方の「何でも言って」と言う言葉には、心から感謝ですが・・・言えない、って良く分かります。

私も、ここでこうして同じ立場の方とお話が出来る事が、大きな支えになっています。

田舎住まいの出不精な私が「同じ立場」の方と、初めて出会えたのもここです。

こちらこそありがとうございます。

また、愚痴 待ってます!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |