FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

背後霊さんに邪魔をされて、実質何も仕事が出来ないで帰られたけいさんから、翌日TELが入りました。


ヒロくんが、デイに出かけていない時間にです。


「昨日は、ヒロさんに不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。」

と、言われるけいさんに、恐縮です。


けいさんは、本来の仕事である、面接時の質問をいろいろと聞いてこられました。


食事は一人で食べられますか?爪は自分で切ることが出来ますか?等など・・・・・・・・・


そんな形式的な質問を、けいさんは立場上尋ね、そして私も家族の立場として答えていましたが、私たちの間には、


あれこれ言ったって、昨日の姿が現実・・・・・・


と言う、暗黙の了解が存在していた様に感じました。



職務としての会話が終わったと思える頃、けいさんは次のように言われました。


私たちは、仕事として必要以上にかかわる事は出来ないので、本来は連絡先などを個人的に記しておくと言う事はしてはいけないのですが・・・・・

昨日の、ヒロさんとmomoさんを見て、とても感じることがあったので、ここから先は知人と言う事で、連絡先を控えさせて頂いて良いでしょうか?




はじめ、言われる意味が良く分からなかったのですが、話している内に、けいさんが、私たちの事をとても心配してくださって、何とか助けになりたいと思ってくださっている気持ちが伝わってきました。


ケアマネさんも居られるのだから、あまり差し出がましい事は出来ないし、そんなに力になれる事はないと思いますが、私の連絡先もお教えしますので、何かあったら、いつでも連絡して下さい。


「目の前に居る親切な人」が、「本気」で心配してくれているのか、それとも「職業上」心配しているだけなのかは、心が敏感になってしまった我々介護家族は、直ぐに感じ取る事が出来ます。



数日後、私がお願いしておいた入所や入院に関する資料が送られてきました。

その中には、


momoさんの傍でいつまでも安心してお暮らしいただくことが、ヒロさんにとって一番良い事は明白です。でも、将来を考えて、病院や施設を上手に利用されてはと思います。今、私が持っている情報は少ないですが、今後も良い情報がありましたら、連絡させてください。


と、言う手書きのお手紙の最後に、けいさんの住所、自宅の電話番号、携帯番号、メールアドレス・・・

個人情報がしっかりと書いてあり、

お役に立てることは少ないですが、遠慮なく連絡してきてください。


と、書かれていました。





200911242



20091124




もしかしたら、けいさんにとっては、「良くある事」なのでしょうか・・・・・・?


いえ、仕事として関った介護家族に、自分の携帯番号まで教えては、私生活がとんでもない事になるかもしれません。


夜中に、「もうダメ・・・・助けて!」なんて、TELがかかってくるかもしれない。


それでも・・・・けいさんは、私が連絡を取りやすいように、出来るだけ沢山の個人情報を教えてくれた・・・・






これで充分です。



けいさんの仕事を超えた心遣い。



どれだけ私が救われた事でしょうか。



市の介護保険課の職員さんが、本気で私を心配してくれている。



こう、感じられる事が、追い詰められた介護家族にとって、どれだけ救いになるか・・・・




立場が違うから、仕事は仕事として割り切らないと、物事が進んでいかない事があります。



それでも、それを超えて、助けてくれようとしている人が・・・・そこに居る。



そう、思えるだけで、どこかの悲劇が一つ、避けられる事だってあるのです。




けいさん、

ご迷惑になるようなTELはしないつもりだけど、でも、あなたが、そこに、居てくださる、と思えるだけで、まだ、もう少し・・・・頑張れる様な気がします。



200911243







コメント

momoさんへ

お久しぶりです。

最近のブログを読ませて戴くと、momoさんの大変な時間が、着実に増えていますね。

けいさんの様な心優しい人が、momoさんの近くに居てくれて、ホッとします。

でも、momoさんは本当に気持ちが強くて、いつも感心しています。
だから、あえて言います 「もう少しだけ」なんて、頑張らないで下さい。

つらい気持ち、理解できるつもりです。
身体介助(食事や風呂、着替えに洗顔そしてトイレまで)は、大変でもつらくは無いのです。
これは、momoさんも一緒ですよね。

でも、激しい気分のムラには、本当につらくて、そして悲しいのです。
病気だから・・と、思ってみてもね。

主人は今年の5月より、施設と病院のお世話になっています。
この選択が良かったのだろか、いつも自問自答しています。

家に居ても居なくても、主人の事を心配するのはかわりません。

ここ数年寒がりになったので、寒くないだろうか?
などなど、心配しだしたら、きりが無いですね。

「家族だから出来る事と、プロでないと出来ない事、両方有る」 どこかで読んだ文ですが、そのとうりだな と思っています。

momoさんの介護も、色々な情報と支えてもらっている人たちの助けで、すこしでも心身共に楽になる事を願っています。


nekoさん、

ご無沙汰しました。お元気でしたか?

ご主人様が施設に入られて、その後どうしておられるだろうといつも気になっていました。

良かったと思える事、もっと辛くなってしまった事など、いろいろあるのかもしれませんね。

時々は、家に帰って来られる事はありますか?

目の前に居ても居なくても、辛い現状には変わりないと思います。

身体介護も楽ではないけれど、靴は「履かせて上げる」事が出来る、e-283は「綺麗にして上げる」事が出来る。

でも、どう頑張っても助けてあげられない、本人の苦しみや哀しみを受け入れる心のメモリーがもうほぼ一杯です。

と、随分前から言いながら、現状に否応なしに対応している間に、ほんの少しづつ、メモリーが増設されて行くのか、もうダメだと思いつつ、いつの間にかここまで来ました。

先のことは本当に分かりません。

家族とプロが力を合わせて介護するのが、一番良いと言う事は分かっているけど・・・・・・

結局、自分がいよいよ追い詰めらるまで、決断できないのが、家族の悲しさでしょうか・・・・。

今、新しい薬を飲み始めたので、それが効果を表してくれる事を祈るのみです。

nekoさん、

主人も随分寒がりになりました。ご主人様共々くれぐれも風邪など引かれない様、お大事になさってください。

momoさんへ

新しいお薬、効果があるといいですね。

ヒロさんは、家がお好きな様なので、お薬で穏やかに過ごせれば一番ですよね。

主人は以前、病院から外泊許可をもらい、自宅に時々帰っていました。
でも、病院・施設・自宅 健康な人でも迷ってしまいますよね。

そんな訳で、今は外泊も施設に行くので、しばらく家には帰って来ていません。
その代わり、週5日は病院に行って、昼食を介助していますので、そんなに寂しくは無いですよ。

この間、食事介助している時、「こんな美味しいもの、うちのも(私の事)一緒に食べればいいのに。」
???
「私、ここに居るけど」
「あっ。そうか。」
思わず、笑ってしまいました。

最近、新しい症状が出ました。
満腹中枢が壊れたようで、いつもいつも食べたがります。
困りましたね。

どんどん寒くなってきます。
momoさんとヒロさんも、風邪などひかれませんように。

笑い

本当は笑える場面じゃないけど、思わず笑ってしまうことってありますね。

悲しくても、笑えるとちょっとほっと出来ます。

うちは、本当に家が好きなので、他へ行くとそれが大きなストレスになって、急激にダメになってしまうような気がして心配なのです。

まあ、家に居ても急激に進んできましたけどね。

それにしても、次から次へといろんな症状が出てくるのですね。うちも最近、とても良く食べます。自分から欲しがることはないのですが、出すものを喜んで食べるので、混乱しそうな時は、早めに何か食べさせてごまかしている感じです。

全く・・・・・子供です。もうちょっと可愛いと良いんだけど・・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |