FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

最近のヒロくんは、サービス精神が旺盛です。
頼みもしないのに、ヌードショウを披露してくれるのです。






急激に増えた薬の影響があるのか、それとも他に理由があるのかは、神のみぞ知る、ですが、とにかくヒロくんは、脱ぐのが大好きになってしまった様です。



昨夜は、パジャマのズボンを、脱いだり穿いたり、脱いだり穿いたり、脱いだり穿いたり、脱いだり穿いたり・・・・を延々と繰り返していました。


そして、いつの間にか、上着も脱いでしまいました。あばらが浮き出た、がりがりの上半身は、決して美しくはありません。


そして・・・・・サービスタイムでしょうか・・・・・


ヒロくんは、パンツまで脱ぎ捨て、とうとう全裸になってしまいました。



始めは、何度か着せようと努力していた私も、とうとう疲れ果てて、もういい、好きにして、と匙を投げました。




別に、外へ出てゆくわけでもないし、部屋は暖かくしてあるから、好きにすればいいわ・・・・




すっかり気を良くしたかどうかは分かりませんが、ヒロくんは、今日の夕方デイから帰ってきても、またまたショウタイムを繰り広げてくれたのです。



しかも、たっぷりのサービスタイムを入れて、息子たちがいるリビングで・・・・




12093



12096


せっかくのショータイムでしたが、3人プラス1匹の観客は、残念ながらあまり楽しむ事は出来ませんでした。


と、言うより、お互いの瞳の中に、もう、そろそろ・・・・・、と言う、次の段階への思いを感じ取ったような気がします。



あんなに優しくて頼りになったお父さんのヌードショウ・・・・・



あ~、せめても我が家に、女の子がいなくて良かったのか、



12095



それとも、同性ゆえに息子たちの苦悩はより深いのか・・・・





妻としての哀しみが、果てしなく広がる大海の様なものだとすると、息子たちの苦しみは、深い深い地底の底まで続くのだろうか・・・・・・?




分からない。




12094





一糸まとわぬ姿で、我々の前を行ったり来たりしているヒロくん。




あなたの魂は今、我々家族に何を問いかけているのでしょうか?




12092



コメント

お疲れ様です

ヒロさんサービスタイムまでされたんですね(T_T)



うちのお父さんも今朝はズボンがほうり投げてましたよ…

なぜか脱ぎたがり、時には反対にこれでもか!という程着たり…私の服も何回も着ておられました(^^;



無理やりには出来ないから仕方ないのですが…良い気持ちにはなりませんよね。


我が家は今日はてんてこまいです(T^T)


朝デイに行ったお父さんがお腹痛いと訴えて、急きょかかりつけの病院に…更に大きな病院に来ています。


原因は…便秘の様で一安心ですが、念のための検査をして結果待ちです。



いつになったら帰れるのかな(@_@)


おうちに帰れましたか?

お疲れ様でした。

お父様、大丈夫でしたか?病院は、行くだけでぐったりと疲れ果ててしまいますよね。

うちも、元気な時には便秘など縁が無かったのに、最近は一苦労しています。

それに、オシッコの方も、簡単には出なくなって、こちらも一苦労です。

今日は、昨夜8時にオシッコしたきり、とうとう出ないままデイに行きました。本人は、したい感覚がある様なのですが、どうやってしたらいいかが分からないみたいで、何回も何回もトイレに行って、介助しようとすると怒って、散々でした。

昨夜のショーは、ますます過激になって、夜中の2時から朝の7時まで、ずっと続きました。

寒くないのか、疲れないのか、と思う心は通じません。


今は、徘徊してもいいから、お願いだから服を着て、せめてパンツだけは穿いて。

周りに飛び散らせても良いからオシッコして、と思います。

悲しいほどの、ささやかな願いです。

神様は、こんな小さなお願い、叶え下さらないかしら。

大変そうですね!

お久しぶりです。

お薬の調整は、不勉強ゆえに思っていたのとは全然違い

ました。

主人の場合も、体の傾き、排泄トラブル増加、ふらつき、歩行困難など

一気に副作用と思える症状が出て、本人の不安をさらに煽り

進行を助長してしまっているようにさえ感じました。

若年ゆえ無念の思い強く見え、それが大きければ大きいほど、

専門医でもお薬の調整は難しそうです。

だから余計に、より専門の医師に診ていただくようにお

薦めします。

環境の変化も影響するらしいので、なかなか主人も思っ

ていたようには行きませんでしたが、病院にも慣れ、細

やかに対応していただいて、薬がどんどん減ってきまし

たが、穏やかに主人らしくいてくれるようになっています。


有料は考えていませんが、特養の申し込みは近い所は全

て半年前にしました。

主人は650~800人待ち位です。

認知症対応病院の予約も、入れてはキャンセルを繰り返し、三回目に

順番が回ってきた時には、私の体調が悪かったので決断

しました。この形は主侍医が薦めてくださいました。

頑張れそうなら、またキャンセルすればいいんですから

とアドバイスしていただきました。他の病院もできるのではないでしょうか?

個室の方が待機日数少なく、主人の病院は、一週間位ら

しいです。

多数部屋は、変動ありますが、2~3週間位が多いでしょうか。


momoさんが追い詰められることのないよう、次に向かっ

てすぐに決断はしなくてもよいので、取り敢えず何かし

ら手を打って選択肢を広げておくことをお薦めします。

ちなみに放尿があると、老健はお断りをうけるらしいで

す。私はソーシャルワーカーの方からお聞きしました。


お仕事と夜勤は厳しいので、手抜きをいっぱいしてくだ

さいね!!!




collorsさん

こんにちは。とても具体的なアドバイス、ものすごく参考になりました。

ご主人様が経験された、「体の傾き、排泄トラブル増加、ふらつき、歩行困難」は、正に今の主人の状態そのものです。

そして、「穏やかに主人らしくいてくれるようになっています」この言葉に、希望を感じます。

再び、「主人」だと感じられるようになる事が、今は信じられない思いです。穏やかになるって、夢のようです。

良い専門医との出会いが不可欠の様ですが、それが一番難問です。

名医さんを探して行脚する体力と気力を残しておかないといけませんね。

特養は、とても無理かと思って申し込みしていません。病院は、ネットで見ているだけです。でも、いい加減に何かしないと、主人だけではなく、私達も破滅しそうです。

何もかも自分でしなくてはならない重圧に押しつぶされそうな日々です。

はじめまして、若年性認知症の義母がおりますすーさんと申します。
本当に大変な時期がきてしまいましたね。
義母は大変進行が早く診断を受けてから、3年で要介護5
大変有名な先生に診ていただいてましたが、「体の傾き、排泄トラブル増加、ふらつき、歩行困難」は、次々におこりました。そのたびに薬の微調整を行いました。
私の友人の実母が53歳で同じ病気を発病しており、色々アドバイスをしてもらっていたので、我が家の場合、すぐに特養に主人が申し込みに行き、デイサービス、ショートステイなどの提案を義父にしました。
(その度に義父に拒絶されましたが。。今ではショートを楽しみにしてくれているようです。)
家族だけでは限界がやってきます。
なにもかもmomoさんがしなくてはいけないわけではないですよ。
息子さんたちもmomoさんのことをとても心配されてると思います。
一度、お話されたらいかがですか??
施設も、病院も申し込みしたら、即決定にはなりません。大丈夫です。
義母も服を脱いで(全裸で)外にでようとし。。大変な時期がありましたが、ある日突然おさまりました。
momoさん家族にとって良い方向へ向かれることを心よりねがっています。


まだまだ知らないこと 気付かないこと多く

失礼しました。(これからもあるかも…です。

お許しくださいね)

確かに地域によって格差があるかもしれません。

厚生労働省指定の認知症疾患医療センターの設置は

全自治体とまでは行かなくて

残念ながら遅れているようです。

ひめちゃん先生には、どこか入院につながるようなご相

談はできないでしょうか?

もっと以前の主治医も救いを求めたら、入院のできる病院

を紹介できるとおっしゃいました。

主人も、今回の入院で自動的に主治医が変わりました。

私も相談できる身内なく一人で何もかもしなければいけ

ないので、ケアマネ・家族会・地域包括センター・お役

所の福祉の窓口・病院の医療相談室などで

ご相談しました。

その中で情報が得られることもありました。

あとは、有料老人ホームのショートの利用を薦められた

ことがあります。

病院の個室と同じくらいで利用できるそうです。

週に2回のお泊りが大丈夫なら、緊急の手段としては

ありかもしれません。

2連泊だけでも1泊より全然お体が回復するはずです。


主人もいつまで今の病院にいられるかわかりません。

ご主人落ち着いてきましたが、次は探してありますか?

そのようなことをすでに言われました。

次は見つかりません。

と言いました。

本当にないのです。

だから、いつも不安でいっぱいです。


momoさんの何かお役にたてることがあれば

よかったですが、これではだめですね!

先を行く者として情けないです。


主人のこの病のおかげで、いつも思いもよらなかった

未知の世界に足を踏み入れることになるのです。

次はどうなるのか、もう少し何か見えてくるまで

じっと待つことにします。


すーさん(敬称略でごめんなさい)

はじめまして。コメントありがとうございます。

お義母さまのお話、聞かせていただいてありがとうございました。この病気は、たとえ有名な先生に罹っていたとしても、希望するような経過を辿ってくれる訳ではないのが辛いですね。

どうして、皆(ではないと思いますが)脱ぎたがるのでしょうね。女性の場合は、見ているのがもっと辛いですね。

でも、「ある日突然おさまった」の言葉に、救いを見出す事が出来ました。そんな事もあるのだと、ちょっと気楽に考えるようにします。

そう、ちょっと心が硬くなっていたかもしれません。決して、「一人ぼっち」ではないことは分かっているのだけど、目の前の過酷な現実で、心のゆとりがなくなっていました。息子たちと相談して、何とか良い道を探して見ますね。

お心遣いありがとうございました。また、いろいろお話聞かせてください。

お義母さまはじめ、ご家族の皆様、どうぞお大事にお過ごしくださいませ。

collorsさん

いえいえ、私の方こそ、思い込みでおかしな事書くかもしれませんが、お許しくださいね。

2週間ほど前、ひめちゃんに相談に行った時に「入院になった場合、病院を紹介していただけますか?」と、聞いたら「認知症がある場合は、紹介出来るところがない。」と言われたのです。

「じゃあ、自分で病院を探して、書いていただいた紹介状を持って行くと言う事ですか?」「そうですね。」

こんな会話をでした。でも、初診から7年もずっと罹っているのに、いざという時に紹介してもらえない、自分で探さなくてはならないって、大きな負担です。

今までずっと、この病院に罹っていたのは何だったんだろうと言う思いです。

有料老人ホームのショートステイ、と言うのもあるのですか。相談窓口は、他にもいろいろありそうだし、とにかく何か行動しなくてはダメですね。

でも、病院に入ったらもう安心と言う訳ではないのですね。せっかく落ち着いてきたと思ったら、次の心配をしなくてはならないのですか。

家族の病気が辛いのはもちろんだけど、病気を取り巻く周辺の心配も背負い込まなくてはならない事が、大きな大きな心の負担と、不安ですね。

と言って見ても、頑張るしかないですよね。

collorsさんのご主人様にも、我が家の主人にも、より良い道が見つかる事を祈るのみです。

追記

特養には、皆様数ヶ所から十ヶ所位申しこんでいたりす

るので、特養の方曰く実際はもう少し早いらしいです。

特養待ちの間に在宅困難になると、デイやショートを増

やし、それが難しいとロングステイのできる施設や老

健・病院を利用しているようです。

老健・病院も、どうしても事情があったり、次がみつか

らなかったり、次は決まっていも空き待ちだとご相談で

長くおいていただけることもあるようです。

老健も病院も一年・一年半以上入所中・入院中の方々も

おられます。私も頑張ります!

住まいのある所でなく隣接の都道府県の施設病院を利用

されている方もおられます。主人は地域内ですが、それ

でも片道一時間半なので、場合によっては隣接でもよい

かもしれません。見つかるといいですね!

介護つき有料老人ホームのショートは、介護保険の適用

される所もあるらしいですが、人気があり緊急には利用

できないですし、急な利用や小規模多機能と組み

合わせる場合は全額自己負担での利用になりますね!

私も取り敢えず特養申し込み、入院中ですし色々な方に

ご相談したりはしているので、

後は何とかなる。なるようになる。

と思って様子をみます。

存じ上げている方々は、大変な時があっても

皆様結局 何とかなっておられる感じですから…

一人で抱え込まないことが大事ですね。

とてもエネルギーのいることなので、

ネットで調べたり電話で問い合わせたり、

息子さんたちにもできる形から協力していただけると

よいですね!

ご主人さまにもmomoさんにも

よい道が開きますように

お祈りしております。

こんばんわ

みなさんのアドバイスが沢山あって嬉しいですね。


私も参考にさせていただきます。


所で…お父さんは結局、便秘で生みの苦しみだったみたいです(-_-;


どこがどう痛いのか…もう訴える事も伝える事もできないから、本人も周りも大変でした。


汚くしても良いから、出るものは出してもらいたいですね。



便秘対策…何かしておられたら教えて下さい。


ヤクルトとか良いかなぁ?

collorsさん

いろいろ教えていただいてありがとうございます。

今の私には、間近に迫った難問なので、とても参考になりました。


「大変な時があっても皆様結局 何とかなっておられる感じですから… 」

これを聞いて、少し楽になりました。私も、何とかなるかしらと思えてきました。

でも、「何とかなる」には、その裏で皆様大変な努力をされているから、「何とかなっている」のでしょうね。

年が明けて時間が出来たら、まず特養巡りをして見る事にします。それから、いざという時に入院できる病院も見つけて置きます。

有料老人ホームも行って見ようかな・・・・

本当に、大変なエネルギーが要りそうな仕事ですが、やらなければ「何とか」ならないですものね。

頑張ります。



collorsさん、これからも色々相談させて頂けると嬉しいです。


何か・・・・頼りになるお姉さま、って感じがして(ゴメンナサイ)・・・・これからもよろしくお願いします。


クミさん

とりあえず、別の病気が隠れていなくて良かったですね。

本人が、何処がどう苦しいのか、痛いのか、説明が出来ないので、本当に大変です。

便秘対策、これもまた皆様のお知恵を拝借して見ましょうか?

次の記事に書いて見るので、ちょっと待っててくださいね。

あの~…

ほんの少しだけ momoさんより若かったかも…

でも、認めます。

このお節介な おばさん度数は上を行ってるでしょう!


私は、介護の落ちこぼれなんです。

本当は、偉そうなことを言える立場にありません。

でも 何故かmomoさんを放っておけなかったのです。


我が家の仕分けで、パソコンは廃止の対象になっていま

した。

そっと立ち去ろうとしましたが、ずっと拝見させていた

だいたお礼に 何か残せたらと(その割には愚痴が多く

て失礼しました。)

勇気をふりしぼり お邪魔したのです。

でも、お名残惜しくなり、また、パソコン生活を続ける

ことにしました。

失敗談ならご披露できるかもしれません。

こちらこそ、よろしくお願いします。

あ~、それはそれは、

大変失礼致しました。

collorsさんのPCが処分される前に、お話する事が出来たのは、私にとってなんてラッキーだった事でしょう。

同じ道の少し先を歩いておられる方のお話は、現実的でありがたいものです。

失敗談ならなお更に。




今日は、何だかとってもいい日でした。

これから、頑張って夜勤が出来そうです。

夜勤お疲れ様でした

大変な時期に我が家にまでお気遣いいただきありがとうございます。

ご参考になれば。。
義母の場合、特養は一箇所のみに申し込み(申し込み当時350人待ち)、その先にもデイ・ショートに行っております。(本人は他のデイが好きだったのですが。。ショートがないので、両方混ぜて通っています。)
特養は、かなり早い時期に入れるかも。。といわれていますが、申し込んで4年目ですし、確定ではありません。
デイにてどんな人なのか理解してもらっており、ある意味手のかからない入所者になったからなのかな?以前、常時見守りが必要で人出の面からショートを断られ、父が『今が大変なんだ。今が。。』と憤ったのが思い出されます。

日本の制度は、助けて~と手を上げなければ、助けてくれません。
お近くの施設をご家族と一緒に見学に行かれては?
本人の希望を取り入れつつも、保険的な施設を探し、そこにも施設と本人が慣れるため、通ってもらう事も視野にいれられ、momoさんご自身の体調・気持ちを整えて介護されることが、結局は一番ご主人のためになるような気がいたします。

病院も。。7年も通って、紹介状だなんて。。
信じられません。
義母は、精神病院にかかっていたからかもしれませんが、一ヶ月までなら直ぐ入院させれます。と言われていました。この一言がどれだけ家族を救ったかわかりません。
結局、体力が衰え、イロウの手術をすることになり入院することにはならず、その病院も卒業しましたが。

どこか転院され、せめて、夜だけでも眠ることが出来るお薬を処方してくださる先生にめぐりあえるといいですね。

今の状況では難しいとは思いますが、お身体を大切になさってください。
また、お邪魔いたします。

すーさん、こんにちは。

皆様の色んな事例を聞かせて頂く事は、これから先を考えるに当たって、とても参考になります。

家庭事情も環境も考え方も、それぞれ違うけれど、共通の思いは、お父様の言葉に尽きるのではないでしょうか。

そうなんです。「今」が大変なんです。「今」助けて欲しいんです。

順番が来たら、とか、もう少し手がかからなくなったらじゃあ、遅いんです。人手の面で常時見守りが無理だからと断るのは、家族にとっては死刑の宣告とも感じられます。

幸い、うちが通っている小規模多機能さんは、本当に良くして頂いているので、助けられています。

職員さんが「私も殴られました」と笑って言われるのには、申し訳なくありがたく、です。今のところ「無理です」と言われた事はないので、救われています。

でも、助けて~、と声をあげられる人、助けを求めて行動できる人だけが救われるのでは、悲しいですね。


病気が治らないのは、仕方がないけど、安心できる医療環境、介護環境がある、と思えるのと、そうでないのとでは、家族の心の負担が大きく違ってきます。

病気になっても、安心して暮らせる世の中になる事を切に願います。

それでは、またのお立ち寄りをお待ちしています。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |