FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

便秘に悩んでおられる方、克服した方、おられませんか?


健康だったときには、全く縁がなかったので、このところのヒロくんの便秘は、やはり病気と薬の影響があるのではと思われます。

ヨーグルトやリンゴ、バナナなどをせっせと食べて見たりしても、出ないときは出ません。


内科の先生から、便を柔らかくする薬を頂いて、毎食後飲んでいます。


また、最近はデイでも自宅でも、記録をつけているので、3日4日出ないときは、早めに出す薬を飲ませて、あまり重症にならないように気をつけています。


それでも、中々出ないときは、デイの看護士さんが浣腸をしてくださいます。ありがたいことです。




先日、クミさんのお父様が腹痛で病院へ運ばれて、結局便秘による産みの苦しみだった、と言うお話を聞かせて頂きました。


他にも、同じ様な悩みを書かれている方もおられます。


この病気の人は、苦しみや痛みを上手に訴えられないからこそ、周りのものが気を配って、出来るだけ快適に暮らせるようにしてあげたいものです。



そんな訳で、便秘対策募集いたします!


どんなに些細なお話でも、誰かの参考になるかもしれません。どしどしお寄せくださいね!!




200912115



200912114




nannda


200912113



20091211



200912112


コメント

お久しぶりです。
いつも読ませていただいています。
どんなに大変な事もmomoさんの日記はユーモアに変えて書いていられるのには感服いたします。


夫の便秘には苦労しました。
まだ歩けていた頃はもようすのでしょうトイレに出たり入ったりを何時間も繰り返しました。
一つしかないトイレを長時間、占領された事もあります。
お薬も量を増やすと大変な事になり、
でも大変なのは私なので出してしまった方がいいのですよね。

運動量が減って、お腹の動きが悪くなるのでしょうか。

こんばんは。
最近の妻も便秘傾向です。
便秘が原因で不穏状態なることも多いですので気をつけたいですね。
また坑うつ薬や抗精神病薬が原因で便秘になることもあるようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
腸のぜん動運動や排便反射、腹筋力などが低下すると、便秘になりやすくなります。
食事や水分の摂取量が少ないと、便秘の悪化に拍車をかけます。
便秘をしないために気をつけたいことは、便意を訴えられたら、
タイミングを逃さず、排便をうながすようにすることです。
排便をがまんすると、腸が水分を吸収してしまい、便がかたくなり、排便が苦痛になります。

●朝食をきちんと食べて、腸のぜん動運動をうながす。
●朝食後は、便意がなくてもトイレに行き、便器に腰かけることを習慣にする。
●腹圧や重力を利用するため、なるべく座って排便をする。
●排便には腹圧をかけることが必要なので、腹筋をきたえる。
●水分を十分にとり、繊維質を多く含む食物をとるようにする。
「がんばらないで家庭介護より 引用」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●下記は、便秘対策専門のHPです。
http://www.benpi-taisaku.com/010/

●食事や運動等で便秘が解消されない場合には普通、
次のステップとして便軟化剤を飲ませます。
緩下剤を投与するのはその次になります。
緩下剤は習慣性があり、緩下剤を服用しないと腸が正常に機能しなくなり、「働きが鈍い」状態が続くことがあるので、慎重に使用するようにしてください。
長期的にみると、腸の機能は低下します。
便軟化剤でも緩下剤でも効かなければ、座薬や浣腸が必要になります。
妻の朝食(果物は季節によって変化)
(果物では、ブドウが便秘には効果あるようです。)
コーヒー牛乳・ヤクルト・りんご・野菜サラダ・食パン1/2

有り難うございます!

momoさんのブログなのにすみませんm(__)m


でも、助かります!


やっぱり食べ物や水分も関係あるのですね~


父は飲み物を目の前に置いても余りとらなくなったので、一苦労ですが…こまめに頑張ってみますね!


飲み物に溶かせるパウダーの食物繊維を買ったので試してみたいと思います。


所で…momoさん♪花月(花金ならば)はいかがお過ごしですか?

力をあわせて・・・

一人であれこれ悩むより、皆様の経験や智恵を拝借して、その中で我が家に合ったものが見つかると嬉しいですね。



ベンジャミンさん、ご主人様もやはりそうでしたか・・

とんでもない所に落ちていたりすると、もう~いい加減にしてよ!とイライラするくせに、出ないとなると、どこでもいいから出て欲しい、と思ったり・・


運動量については、主人もいわゆる運動は全くしていないけれど、毎日毎日あれだけウロウロしているのだから、それなりの運動量はあるのかとも・・・

一度万歩計をつけてみようかしら。





のんた2号さん、いつも的確なお役立ち情報ありがとうございます。

とても参考になります。

奥様もやはり同じですか・・・・可能な限り不快感を遠ざけてあげたいですね。


そうそう、先日教えて頂いた本を買って読んで見たのですが、ひめちゃんの処方とは、随分量が違っていました。

先生によって考え方が色々あるのでしょうが、あまりの違いに驚きました。





クミさん、

その後、お父様の調子は如何ですか?

うちも、自分から水分を取らなくなって久しいです。

意識的に飲んでもらうようにしないとだめですね。でも、目の前に置いておいても、一口飲んで終わりになったりで、昔みたいにゴクゴクと飲み干す事はなくなりました。


そして、口の中に入れてから飲み込むまでに時間がかかるようになった気がします。

しばらく口の中においてから、ようやくゴクッと飲み込む。そんな感じです。



食物繊維パウダー、効果があったら教えてくださいね。



今週は、花月が花火になりました。あと一晩、今日を乗り越えれば、明日は開放されます。

でも・・・・4夜連続の夜勤は、さすがに堪えます。

こんばんは
やっぱり義母も便秘になりました。
経験談、というか
私も小さいときから便秘気味だったので・・・
手の小指の付け根をマッサージする(もむ)とか
頭のテンコ(テッペン)を押す・・・。とか
ツボみたいなものですね。
うちの義母はおとなしくさせてくれたので
トイレに座ってるとき小指マッサージしてたら
出たことがあります。
たまたまかもしれませんが・・・。
参考にならなかったらすみません><

はじめまして

momoさん、こんにちは、はじめまして。

いつも読ませていただいています。

私も、介護度4のアルツハイマーの父の介護を母と一緒にしているので、読むたびにmomoさんも、他の皆さんも頑張っているんだなと、励まされています。


うちも、デイやショートから帰ってくると、すぐに排便の有無をチェックするほど、便秘には気を遣います。(便秘は不穏の最大の要因ですから!)

だからと言って、特別な対策があるわけではないのですが…。

ただ、ヨーグルトを「食前」に食べさせたり、水分を多く取らせたり、定期的にトイレに誘導したり、便秘の時はお腹をマッサージしたり、ぐらいでしょうか…。

あと、父には、シャワートイレの刺激も、少し効果があるようです。

水分については、父も、やはりそれだけだとあまり飲んでくれないので、旺盛過ぎる食欲を利用して、クッキーとセットにしたりして、飲ませるようにしています。

あと、以前アリセプトを飲み始めた頃に下痢をして、その時以来ガスターという胃薬を出されているのですが、逆に便秘の時はそのガスターをやめてみるといいのかな…?なんて思ったりもするのですが、どうなんでしょうね。

また試してみたら、ご報告しますね。


うちは、今日から2泊のお泊りです。

momoさんも、あと一晩頑張ってくださいね!

tiikoさん

なるほど・・・つぼの刺激と言う手がありましたね。

これなら、たとえダメでも副作用が無いから、誰でも試してみる事が出来ますね。

小指の付け根と頭のテッペン。スキンシップしてる振りして、こっそりとやってみましょう。

ありがとうございます!

megmegy さん

はじめまして。コメントありがとうございます。

うちも先日要介護4になりました。一年半で、2~4へ、何と出世の早い事・・・・

シャワートイレ、お父様は「丁度良い位置」にお尻を持って行って下さいますか?

うちは、「自分でいい位置に動かしてね。」と言うと、「うん」とお返事は良いのですが、どうも上手く出来ないみたいです。

上手く直撃してくれれば、効果ありそうな気がしますね。


色々なアイディア、ありがとうございます。


2泊のお泊りは、心も身体も休まりますね。お母様共々、リフレッシュなさって下さい。


私も・・・主人には申し訳ないけど、今日は帰って来ないと思うと、本当に心が休まります。

夕食も、近くのファミレスからの宅配を始めて頼んでみました。手抜き、手抜き・・・・・

手抜きは大事です!

うちも、さきほど、母と、近所に住む妹一家と、ラーメン屋さんで夕食をすませたところです。

母も、「今日は徹底的に家事の手抜きをする!」と宣言していました…。


シャワートイレですが、父は、病気になる前から利用していて、こまめにお尻を動かしていたようなので、今でも、水が当たると無意識のうちに動かしてくれるみたいです。

あと、父の場合も介護度2の途中で変更申請をしたら、飛び級で4になりました。

他にも、全く同じケースの方を知っています。

いずれも、若年性です。

父の介護度が変更されたのは約1年前で、当時は、ずいぶん進行が早いのだな、若いからかな、と思いましたが、今思うと、父の場合、薬の影響が大きかったと思います。

試行錯誤の上、薬の調整をしてきて、認知機能に関してはあまり変化がないと思いますが、少なくとも父に笑顔が戻りました。

実は、momoさんもお薬のことなどで苦労されているのを知って、私たちの経験が、少しでも他のご家族のお役に立てないか、と思って、最近ブログを始めました。

肝心のお薬については、まだ書く機会がなく、あまり更新もできてはいないのですが、もしよかったら、そちらにもお寄りください。

では、お互いに貴重な自由時間をenjoyしましょうね!



ファミレスの宅配を食べ終わって・・

やっぱり家で作ったほうが美味しいなと思いましたが、息子たちも「非常事態だから」と言ってくれるので、当分の間、主人が居ない夜は、手抜きを続けたいと思います。


megmegyさん、

ブログ拝見しました。いろいろ参考にさせて頂けそうです。

更新、頑張ってくださいね。いやな事や辛い事があっても、「ふん!ブログのネタにしてやるわい!」と開き直る事で、意外とストレスが発散できます。

手抜き料理+便秘対策?

皆さんの色々な知恵が集まって、頼もしいですね!

私も色々思い出しながら拝見しています。

介護に手抜きは必須ですね!

手抜きと便秘対策を兼ねて冬は鍋料理をしていまし

た。

究極は、水菜(小松菜・ほうれん草でも)としゃぶしゃ

ぶ用豚肉だけで、おろしポン酢やしゃぶしゃぶ用ゴマ

ダレでいただき、あとからうどんを入れました。

食後におみかんでOK!ということにしていました。

主人入院中の今も、週4くらいは通っているので、

自分の食事が手抜きです。

一人だと食欲も落ちいい加減になりますが、

体力も落ちる自覚あり、野菜スープをまとめて作ってい

ます。

鶏もも肉・キャベツ・人参・玉葱・じゃがいも。好みで

ベーコン・きのこ類・水煮大豆などの豆類を加えコンソ

メだし塩こしょう味で作り、次にホワイトシチューのル

ーを入れたり、時にはカットトマト缶やトマトジュース

を加えトマトスープにし、トマト味からはカレールーを

入れてカレーが出来上がりです。

野菜多く水分も多いお料理は、便秘対策にもなります。

ごはん・パン・パスタなどと組み合わせ変化をつけま

す。(合間に外食も利用します。)

また、めかぶ・わかめをまとめ買いしてポン酢でいただ

きます。めかぶは冷凍して保存します。

菊の花びらをゆでて水洗い水切りし、白すりゴマを加え

すし酢で合え冷蔵庫で保存します。

便秘には、食物繊維・水分・運動が基本ですが、

在宅時の朝食は、朝一番に日本茶を飲み、最初に上記海

草・菊の花酢の物から食べてもらいました。

他に青野菜の胡麻和えやおひたし、納豆・いわし・ごは

ん・味噌汁・りんごでした。

水分は自分からは積極的でなかったので、ちょこちょこ

気が付いた時に、お茶や水を飲んでもらいました。

少しならトイレが近くはならない。とか脱水症状を起こ

すと困るから。というと今でも飲んでくれます。

下唇の下にコップのふちをつけてあげると、飲む自覚あ

り飲んでくれます。

お茶や水が飲めないときは、乳酸飲料・スポーツ飲料・

ココアなど甘みがあると飲んでくれたりします。

あとは、ヨーグルト・水分の多いゼリー・プリンなど

とるようにしました。

ヨーグルトは義妹がお姑さんに効果てき面とお薦めの、

ダ○ンビ○を試しました。それなりに効果ありました。

そして、お散歩です。

なぜか室内ウロウロは便秘解消に効果なく、

やはり、屋外のウォーキングがよかったです。

トイレの多くある公園に行き、一時間歩くとだいだいも

よおしてきて、トイレに入りました。

余談ですが、身障者用トイレ使用中のこともあり、女子

トイレを利用して、パパ大丈夫?失礼します!ごめん

なさい!と取り敢えず大きい声で、言いながら入りまし

た。

介護中です!は、本人が傷つくので言えませんでした。

中に一緒に入り、大丈夫?一緒に入るトイレ(身障者も

言えないです。)空いてなくてごめんね!を繰り返して

いると、聞こえた方は察してくださるようです。


それから、寒天やおから料理もかなり効果ありました。

おからは、うの花が好きなので、よく作りました。

忙しい時は、具を豚ひき肉とささがきごぼうだけで作り

ましたが、お肉が入るとおいしいと喜んでくれました。

だんだん、時にむせる感じがしたので、お肉のかわり

に、ちくわや蒲鉾にしました。

効果のあった食べ物も、続くと効果がなくなって行き、

薬の影響もあったらしく、食事と運動でも排便に苦労す

るようになってからの体験談は、次回に書かせていただ

きます。

さすが・・・・

直ぐにでも、実行できそうなお手軽便秘対策、ありがとうございます!

究極の鍋と野菜スープ、とても気に入りました。早速やってみます。

手抜きはしたものの、味気ない食事では、やはり元気が出ないので、手抜きをしつつ心も体も温まる食事が最高ですね。

トイレの話

この問題も、お困り度が高いですよね。

うちも、あまり遠出しなくなったり、知らないところに行かなくなったのは、トイレの問題が大きく影響していました。

身障者トイレも、大抵は一つしかないし、誰かが入っていると、時間がかかるし、同性の場合は気兼ねなくどちらかのトイレに入れるけど、異性介護の時は、どうしてもためらいがありますね。

まあ、いざとなれば、何とでもするけど、なかなか度胸が居る事です。

collorsさんのとられた方法も良いかも知れませんね。周りの人は、大抵は善意の人が多いのですが、自分の周りにそういう人が居ない事が多いから、戸惑ってしまうだけかもしれません。

このお話もまたその内、皆様の経験を伺って見ましょうか・・・

手抜き+便秘対策 …前回補足 

水菜は生野菜としてもサラダにも使えるので、便利で

す。ミニトマトも簡単なのでよく買います。

少しの油分も便秘解消になるので、オリーブオイルと塩

コショウやポン酢を混ぜてかけたりしていただきます。

ごはんも玄米入りの雑穀米をまとめて炊いて、適当な量

に分けて冷凍すると、楽です。

忙しい時も、ごはんがあると何とかなります。


また、おなかを温めるとよいらしいので、腹巻や使い捨

てカイロを使うとよいです。

主人は、トイレの際に次第に小の時もズボンパンツを

おろすようになったので、腹巻だとゴロゴロしてしまい

、そうなるとだめでした。

今は腹巻も薄手の物があって、ナイロンやシルクもあり

その他色々あると思いますし、ご本人がいやがらなけば

全身の健康によいのでお薦めです。

カイロは、寒い季節には、よく使いました。低温やけど

に気をつけて、冬ならトレーナーの内側のおへそあたり

に貼ってあげると、あったかいなあ…これはいい!と

喜んでくれました。

お気に入りのものは、これは何だ!?と怒って取ったり

はしませんでした。

だんだん3日前後の便秘をするようになりましたが、

入院するまで、下剤は使わなくてすみましたので、

我が家の対策は、主人には、効果はあったと思います。


主人は、小規模多機能デイでさえもスタッフが手を焼く

他にお見かけしないほどスーパーパワフルハイテンショ

ンでしたので、精神のお薬は必須で、しかもどのお薬に

も過敏反応あり、納得できる薬はなかなかありません。

周辺症状のお薬は、身体機能に抑制かかり、本当にこわ

いです。

漢方も合わないと困ります。

結果、うろうろあるも、戸外のお散歩は30分が限度に

なってしまいました。

それで、戸外のウォーキングをいっぱいして便秘を解消

することができなくなりました。


色々なことがありすぎ、残念ながら国語力もないので、

いつもながら まとまらなくて失礼しました。

後日、便秘をした時の介助、うまくお見苦しくなく

さらっと書けるか自信ありませんが、書かせていただき

ます。

collorsさん

なるほど、なるほど・・・・

色々とっても参考になります。出来そうな事から真似させて頂きます。

うちも、今きっと、デイでの問題児だと思います。

ケアマネさんは、淡々と物事を進めていかれる方なので、そういう事を言われた事はないのですが、送迎の時に、ちょっとだけおしゃべりなオバちゃんが、「ヒロさんが泊まりの日は、みんな怖がってるんですよ。」だって・・・・

つい本音が出た、と言う感じでしたが、これは私は聞かなかった事にしておきました。

何とか、薬で穏やかになって、ずっとこのまま通い続けられる事を祈るのみですが、まだ安定はしていません。

飲み始めてまだ一ヶ月経っていないし、あれこれ試した訳ではないので、これから主人に合う薬が見つかってくれる事を願います。

今は、セロクエル25mを一日2錠。不穏時の頓服として、コントミンを一日に数回飲ませます。

今のところ、ちょっと落ち着いているかと思えますが、時々急に怒りが出るのが、正直怖いです。

首は、相変わらず曲がったままで、もうこのまま一生下を向いて生きていかなくてはならないのかと思います。

「色々なことがありすぎ」・・・・本当にそうだと思います。ぼちぼち、お暇(はないでしょうけれど)があれば、お聞かせ下さい。

ありがとうございました

momoさん、

遅くなりましたが、私のブログの方にも立ち寄ってくださり、ありがとうございました。

今日はデイの無い日で、父がアルツハイマーと診断されてから5本の指に入るほど大変な1日でした…。

でも、momoさんのおっしゃるように、「ブログのネタにしてやる!」思うと、少し気持ちが楽になりますね。

近々アップします!

あと、父は、周辺症状のお薬は、ずっとリスパダールを飲んでいます。

リスパダールに限らないとは思いますが、この種の薬は量、飲ませるタイミングの調整が本当に難しいですね。

やっと、ちょうど良い量、タイミングを見つけたと思っても、父の状態は日々変化したり…。

失敗の連続です。

でも、「失敗してしまった。」と話した時、主治医の先生が「それでいい。それしかない。」と、珍しく(?)励ましてくれて、嬉しかったです。

私たちの失敗談も含めて、momoさんのお役に少しでも立てるよう、少しずつでも更新していきますね。

これからもよろしくお願いします。

megmegyさん

そうでしたか・・・どんなに大変な一日だったのか、ブログへのUP,楽しみに(ゴメンナサイ)していますね。

どんなに大変な日々の中でも、ちょっとしたネタを探す目を持つだけで、気持ちが救われる、って言う事を、私は、岡崎杏里さんの「笑う介護」と言う本から学びました。

megmegyさんと同じく、お母様と一緒にお父様の介護をされている方です。お薦めの一冊です。


薬の調節は本当に難しいのでしょうね。合っていると思っても、その状態が続くわけではなく、日々変化(進行)してゆく状態に合わせて、「匙加減」しなくてはならないのでしょうからね。

そちらの主治医さんの「それでいい。」の言葉は、嬉しいですね。どう頑張っても大して良くならない状況の中で、自分を肯定してくれる人がいると言う事が救われます。

なんとかアップしましたが…

文章力のない私は、起こったこと、思ったことを、うまく伝えることができません。

しかも、そのくせ、すごく時間がかかってしまいます…。

それでも、少しでも、「大変なのはうちだけじゃないんだな…。」と思ってもらえたら、嬉しいです。


「笑う介護」良さそうですね。

早速探してみます。


薬の調整は、まさに「匙加減」ですが、その時の参考になるのが、同じ悩みを抱える方の経験談だと思います。

こうやって、会ったことのない者同士が、ブログ、ネットを通して、つながることができるなんて、この時代に介護をすることができて、良かったですね!

21世紀の介護

どんなに田舎に住んでいても、画面の向こう側には果てしない世界が広がっています。

ここで得られる情報、ここで出会える友達、なくして私は、「今の私」では有りえません。

知らないもの同士が、こうして支えあい、励ましあって、生きてゆく、これぞ21世紀の介護でしょうか。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |