FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

命日

またまた犬の話が続きますが・・・・・


今日は、シロちゃんの命日です。


振り返れば、一年前の未明、シロちゃんは私の腕の中で、静かに静かに息を引き取ったのでありました。


そして、それから僅か13日後にクロちゃんも後を追うように逝ってしまいました。


あれから一年、我が家の「犬環境」は激変しました。


12年間、苦楽を共にした、大型犬のクロちゃんとシロちゃんがいなくなり、気が抜けるような淋しさがようやく癒える頃にやってきたのが、今やこのブログのアイドルとなったメグちゃんです。


284



たかが犬、されど犬。


彼らの賢さと家族の事情を理解する能力は、脱帽ものです。


何故、クロちゃんとシロちゃんは、昨年のあの時期に申し合わせたように、急に逝ってしまったのか?


きっと二人には分かっていたのです。


来る平成21年は、ご主人様の介護がそれはそれは難しくなるだろうと言う事が・・・


そして、自分たちが家族に与える癒しと、受けなくてはならないお世話の大変さを天秤に掛けて、


そろそろ・・・・だね、と二人で頷き合ったに違いないと思うのです。



平成21年を振り返って見て、もしそこにあの大きな老体の犬が2匹存在したら、やはり私の肉体的な疲労は今よりもずっと大きくなっていたと思います。



散歩の大変さ。


足がよろよろになってしまったクロちゃんと、まだ元気だったシロちゃんを一緒に散歩させる事は出来なかったので、一人づつ連れて行っていました。今、それが出来るかどうか・・・・・



あの大きな体を洗って、そして乾かしてあげる気力は、今はもう残されていません。



シロちゃんが逝ってしまったその日から、自分で立ち上がれなくなったクロちゃんの腰を持ち上げて、立たせてあげる気力と体力も、今ではありません。



考えれば考えるほどに・・・・・二人は、さよならの時期を選んでくれたのだと思えるのです。





そして・・・・・次にメグちゃんと言う小さな小さな子を我が家に送り込んでくれたのも、きっと二人が神様にお願いしてくれたに違いないと思うのです。



この子なら、お父さんとお母さんの癒しになる。お世話は大丈夫、こんなに小さいから、楽に出来る。


そう思って、二人が我が家にプレゼントしてくれた子に違いないと思うのです。



949



12年一緒に暮らして、我が家の何もかもを見てきたクロちゃんとシロちゃん。









もう、心配してくれなくて大丈夫だよ。


お父さんは、残念ながらこんなになってしまったけど、君たちが遣わしてくれたメグちゃんに癒されて、お母さんは元気に生きているからね。



そういえば、最近、ちっとも遊びに来ないね。


ガラスをたたく、コツ!って言う爪の音を最後に聞いたのは、メグちゃんがやって来たその日の夜と、それからほんの数日が過ぎた日だったわね・・・・・


あ、クロちゃんとシロちゃんが、様子を見に来た、って思ったのよ。


あれ以来、お母さんの耳には、一度も、君たちが遊びに来る、あの懐かしい音が聞こえないよ。


もう、安心してくれているんだね。








窓の外は、深深と冷え込む、シロちゃんの命日でした。



955



コメント

こんばんは

少しご無沙汰していました。

その間にかなり寒くなりましたがお元気ですか?

山陰地方もやっと雪が降り冬らしくなりました♪

momoさんが呼びかけてくださったので、沢山アドバイスを見せて頂き実行したいと思っています。

とりあえずヤクルトと食物繊維のパウダーで一回成功しました!

あとは、2日出てないので…明日は頑張ります。


シロちゃんとクロちゃんの事は前に記事を見させていただき号泣しました。

我が家にも犬猫猫がいるから、momoさんのお気持ちが分かります…


動物は本当に人間の為に神様が造ってくださったんですね。

一緒にいると本当に気持を汲みとってくれてる…と思う事が良くあります。

本当に愛すべき家族ですね♪

momoさんのセラピストだけど…メグちゃんは私にも癒しを与えてくれてます!

メグちゃん有り難う☆

クミさん

雪景色・・・炬燵でみかんを食べながら眺める雪は暖かいけど、お買い物にいかなくっちゃとか、雪かきしなくっちゃ、と思う現実は厳しいですね。

この辺りは、5・6年程前までは、毎年雪かきをしていましたが、ここ数年は殆ど積もる事がなくなりました。

温暖化を実感しています。生活は楽でいいけど、冬は冬らしく、どっと雪が積もってくれた方が、何となく心がワクワクします。


風邪引かないように、滑らないように、気をつけてお過ごしくださいね。それから・・・・・


お父様の、明日の成功を祈ります!

もう一年たったのですね

momoさんの温かい文章
たとえ、とてもお辛いときでも温かさを感じます。
その行間のいろいろなことを思います。

本当にmomoさんのお気持ちがわかるなんて思っていません。

今までも何か気持ちをお伝えしたいと思いながらも
文章にすると、うそっぽくなりそうで。
かえって、失礼なように感じて、かけませんでした。

momoさんのブログに訪問される方で
そんな方は多いと思います。

ヒロさんとmomoさんの穏やかな日々を祈っています。
momoさん、ヒロさんのためにも、
ご自分を大切になさってください。

シロちゃん、クロちゃん、メグちゃん
ありがとう

お父さんとお母さん、見守ってあげてね。

突然の不躾なメールお許しくださいね。

つうさん

はじめまして。


随分前からお読みいただいていたのですね。人のブログにコメントするって、ちょっとドキドキしますよね。


私も、どこかに何かを書かせて頂く時は、誤字脱字はないか、おかしな事を書いていないか、などと心配になって、送信ボタンを押すまでに、随分時間がかかります。


でも、受ける立場から言うと、コメントを入れていただく、と言うだけでとても嬉しいのです。(もちろん悪意のあるものは別ですけど。今のところそんな事は一回もありません)


人間の気持って、たった今の自分の気持ちだけが、「分かる」のであって、たとえ自分であっても、明日の気持ちは分からないし、過去の気持ちも、今とは違う事が多々あります。



だから、自分以外の人の気持ちは、本当には絶対に分からなくて当たり前だと思うのです。


少しでも共感してくださる方から頂くコメントから、私は大きな勇気と、元気と、生きる力を頂く事が出来ます。


共感してくださる方がそこに居る、と思えるだけで、もう一日頑張る力が湧いて来ます。



つうさん、ありがとうございます。暖かいコメント、とても心に染み入りました。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |