FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

カーテンコールなどした覚えはないのですが、ヒロくんのヌードショウは、日々繰り広げられています。


だんだん慣れてきたとは言うものの、あまり美しくない彼の裸体は、出来るなら風呂場以外では見たくないものです。


先日、ひめちゃんに会いに行った時に、その話をしました。


最近、脱ぐんですよ。パンツも脱いでしまう事もあります。


脱ぎますか・・・・


ひめちゃんはそう言われた後に、直ぐ言葉を続けられました。



脱げないようになっているつなぎの服がありますよ。ファスナーがついていて。その代わりオシッコを失敗したりする人もいますけど。





え?それって、「拘束服」ってやつ・・・・・?


私は、頭の中で、ヒロくんにその拘束服を着せて見て、心が締め付けられてしまいました。




あ~あ、話さなければ良かった。


そんなお洋服の情報が欲しくて、話をした訳じゃないのに・・・・・・



精神科のお医者様に切に願います。どうか、患者の、そして家族の、心を見てください、と。



「大変ですね。」と言う、心からのねぎらいの言葉が、たった一つあるだけで、また頑張ろうと思えるのに・・・








まあまあ、それはさておき。



毎晩の様に、パジャマを脱いだり、着たり、パンツを脱いだり、穿いたり・・・・・・を繰り返しているヒロくんを見ることに、少々疲れてしまった私は・・・・考え方をちょっと変えて見ました。





だいたい、人間が服を着るようになったのは、いつごろからでしょうか?原始の昔は、多分老若男女、皆、裸で暮らしていたのではないかと想像します。



だったら・・・原始に戻ればいいじゃないの。そもそも精神科は原始時代、って偉い先生に言われた事があった様な・・・



そして、ヒロくんが、いつも通り、パジャマを脱いでしまったとき、私は急いでパジャマを片付けました。


予想通りパンツも脱いでしまったので、それもさっさと洗濯機の中へ放り込んで隠してしまいました。



さて・・・・・


寝室の中には、一枚の衣類も転がっていません。


これなら、私は、ヒロくんが、脱いだり着たり、脱いだり着たり・・・・・する姿を見て、ストレスを溜める事がないではありませんか。


当の本人は、パジャマがなくなった事にも、パンツが消えた事にも、何の疑問も抱かずに、やや手持ち無沙汰な感じでいつもの様にウロウロを繰り返しているだけです。



部屋の中を思いっきり暖かくして、原始人と過ごす夜。




何とも、奇妙な光景ではありますが・・・・・・







193


198



196



286



コメント

初めてのコメントです

 初めてコメントします。5年前から、妻がアルツハイマーで、現在要介護5です。
昨年の秋から特に不安定になって、施設の職員に暴力をふるったりするようになり、セレネース液という安定剤を飲むようになりました。ぼーっとすることもありますがかなり落ち着きました。副作用として、パーキンソンのような歩き方になってしまいました。
 また今年の春から夜のせん妄が始まり、アモパン錠という睡眠導入剤を飲むようになりました。10分もすればバタンキュウです。7時間は眠ってくれます。
 医者からは、今年中には在宅での介護ができなくなるだろうと言われてきましたが、何とか年を越せそうです。ただ、私自身が、仕事と家事と介護でいつも限界を感じながらやっているので、それがいつまでできるかが問題です。身近にいつでも助けを呼べる人がいればいいのですが、なかなかそういうわけにもいきません。
 「愛」は必要です。その人を大切に思う気持ちが愛です。ただ、「愛」は優しさだけとは限りません。私も妻を愛しています。一日に何回も口にします。でも思わず手を挙げてしまうこともあります。後で「すまない」と謝りますが、いつも天使でいられるはずがありません。無理をしないように頑張ろうと思っているのですが、無理のレベルがかなり上がってきているような気がします。「戦友」という言葉はいいですね。地獄に堕ちるか、極楽浄土が見えるか、私は地獄へ行くと思っていますが、それもよしとしましょう。二人で戦っているのですから。
 初めてで変なコメントで申し訳ありませんでした。いつも拝見させて頂いて、元気をもらっています。

MoMoさんへ

夫の立場から、もし私がヒロ君のようになってしまったら妻はMoMoさんのように自分を看病してほしいと思います。メグちゃんの写真も楽しみにしています。

kennta さん

はじめまして。コメントを頂きありがとうございます。

奥様のご様子、手に取るように見えてきました。睡眠導入剤が効果があって良かったですね。

夜、ちゃんと眠ってくれると、こちらも休めるのでありがたいです。

主人は、今までに何種類も眠剤を変えて見ましたが、どれも今ひとつです。初めは効いても、直ぐに効かなくなったり・・・・

アモバン・・・魅力的な薬に思えてきました。今度、ひめちゃんに聞いて見ようかしら。

今はもう、眠ってもらうことを諦めて、せめてせん妄だけは起こさないようにと腫れ物に触るような対応で、正直言っていつまでもつかどうか自信がありません。

でも、kenntaさんが言われる、無理のレベルが上がってくる、と言うのが良く分かります。

もうダメだと思っても、ほんの少し先までは行く事ができる。その繰り返しで、振り返れば随分遠くまで来たもんだ、となっているのではありませんか。

でも、この状態って、無理に無理が積み重なって、肉体的精神的に、知らず知らずのうちにかなり危険水域に入ってしまっていると思うのです。

どこかで踏ん切りをつけないと、本当に地獄へ落ちてしまうかもしれません。それもまた二人の人生なので、悪くないかもしれませんが、出来れば極楽浄土を見たいものです。



今夜もまた、裸でウロウロして眠ってくれないので、PCを開きました。

kennta さんとお話が出来て、嬉しかったです。

今年もあと10日ですね。我が家も、何とか新しい年を迎えることが出来そうです。

新しい年には、お互い、出来るだけ良い道が開けますように!無理の限界を超えないように、気をつけてお過ごしくださいね。




Ricardoさん

今、主人はまた原始人になってしまいました。

気が滅入るこの光景も、こうしてここで誰かとお話していると、気が紛れます。

Ricardoさん、コメントありがとうございます。

でも・・・そんな事言って頂けるほど、私は、優しい妻じゃないんですよ。いっぱい角を隠している、本当はこわ~いこわ~い奥さんなんですが・・・。

momoさんへ

夜の闇、辺りがしーんと寝静まっている時、一人でご主人を見守っていらっしゃる。
どんなに孤独で心細いでしょうね!
二人なのに一人ぼっち!
全てが自分にふりかかってくる。
この孤独は、経験した人でないとわからないでしょう!

息子さん達がいらしても、夫婦で老親を看るのとは違いますね。
息子さん達も昼間はお仕事があるんですものね!

妻としても、母としても、家族を思いやり、守っていらっしゃるmomoさんは、とても頑張っていらっしゃいますね!
夜中にmomoさんの更新がないか気になり訪れることもあります。実況がなければ、安心したりもします。
駆けつけてあげることはできませんが、ここにも一人、momoさんを気にしている人がいますよ!

お仕事もお忙しいご様子、くれぐれもご自愛ください。
ご自分への愛も大切に…

collorsさんも、

今に至るまで、想像を絶するような大変な思いを乗り越えて来られたのですね。だから・・・・分かってもらえる。

聞こえてくるのは、原始人さんの息遣いだけ、そんな深夜でも、メグちゃんがいてくれるので救われています。

そして、いざとなれば、息子にSOSを求める事が出来ると言う安心感があるので、私はまだ恵まれていると思います。

それでも・・・夜が来るのが怖いです。


今日は泊まりの日で、朝送っていきました。迎えに出てくださったケアマネさんの顔を見ると、主人は安心したように微笑んだのです。

その笑顔は、私をほっとさせると同時に、悲しくもさせたので、「じゃあお願いします」と渡して、足早に帰って来てしまいました。

本当は、Yさんに昨夜のことを話したかったけど、その時は一刻も早く、主人と離れたかったのです。

悲しい感情です。


今夜は、メグちゃんを抱きしめて、ゆっくり眠ります。明日の夕方までに、心を回復しておかなくては。

collorsさん、一言一言が心に染み入ります。ありがとうございます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |