FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

弱音

今日こそは言ってしまおう。昨日からそう心に決めて、私は馴染みの番号にTELをしました。


「Nホームです」ケアマネYさんの声が聞こえてくると、ほっとすると同時に、私は、言おう、と決めていたにもかかわらず、言えるかな・・・と言う思いで一杯になりました。


私が、Yさんに伝えたかった事。


それは、もうこれ以上は「無理」です、と言う胸の内です。


もう無理かも・・・・もう限界かも・・・・・と感じ始めたのは、いつ頃からだっただろう?


秋?夏?春?いえ、昨年から?


家庭での限界を感じて、介護保険を申請したのが、昨年の夏。あれから、一年半の時が流れ・・・・・


何度も何度も、もう限界、もう無理、って叫びをあげた事があったけど、それは、全部私の心の中の話。


息子たちには、時々、もう無理だね、って言った事もあったけど、毎回毎回、何とかなってきた。多分、息子たちは、私の中に、「本気の無理」を感じなかったんだろうと思う。


愚痴を聞いてやれば、母はまた元気になる。また乗り越えるだろう、と思ったのかもしれない。


忙しい時期になったからだろうか?愚痴を聞いてくれる息子たちが仕事に専念し始めたからだろうか?


加速度的に変化してゆくヒロくんの状態に、あと一歩足を踏み出せば、超えてしまうところまで「限界線」が迫ってきたような気がする。


このままで良いのだろうか・・・・・今までの様に、気力でここを乗り切ってしまって良いのだろうか・・・・



デイがお休みで、夜勤、日勤、夜勤、を一人で勤め、ヒロくんを乗せたお迎えの車が私の視界から消えた時、私は日々の記録をつけているノートにこう書いた。



「ようやく目の前から消えてくれた」



これで良いのだろうか・・・・・こんな事を記してしまう自分が、このまま突っ走っていて良いのだろうか・・・・




私はとても意地っ張りな人間です。「もう無理」「もう出来ない」は、嫌いな言葉です。


Never give up


いつも、心にこの言葉があって、もうダメだと思った時にも、Never give up.


諦めたら終わり・・・・諦めたらダメ・・・・諦めなければ何とかなる。


この思いで生きてきました。



私は、在宅介護にこだわりを持っている訳ではありません。在宅であれ、施設であれ、夫が一番幸せになれる道を一緒に歩みたいと思っていました。



「施設に入るくらいだっらた死んだ方がましだ。」


病気が酷くなる前に彼が言ったこの言葉が私の頭から消えません。


そして、家にいたい、家が大好き、家でmomoさんと一緒に暮らすのが一番幸せ・・・・・


夫のあらゆる行動、表情がそれを物語っていました。



だから・・・・・・



家で一緒に過ごしてあげたい。ヒロくんにとっては、それが唯一残された幸せなんだと信じて疑う事はありませんでした。



可能な限り努力しました。


書けなくなった名前を代わりに書いてあげました。


読めなくなった時計を読んであげました。


運転できなくなったので、代わりに運転手にもなりました。


おかしな事が分からないように、一所懸命取り繕ってあげました。


出来なくなった仕事を全部、全部・・・・引き受けました。


踏みつけられていたも黙って片付けました。


お尻も拭いてあげます。


殴られても殴り返したりしません。


momoさんすきじゃない、でていって、と言われても出て行きません。


出来る事、思いつく事・・・全てやってきました。



諦めるのは嫌だったからです。家で暮らしたいと思っている夫のために、私が諦めたら終わりだと思ったからです。


そして、諦める事は、自分が自分に負けることになってしまう。それでは、介護が終ってもなお生きてゆかなくてはならない自分の残りの人生を豊かに過ごす事が出来ないかもしれない。



介護を終えた時に、自分に向かって、「本当に良くやった。」と心から褒めてあげられる様な、そんな人生でありたい。








でも・・・・・・・








今、私の心の中で、このままの生活を続ける事を「諦める」と言う選択肢が出てきました。



常時見守り、


眠らない夜、


裸でうろつく後姿、



息子たちの前にさらけ出す情けない父親の姿、



荒れない様に荒れない様にと、腫れ物に触るような対応、


それでも、時として激しいせん妄、


おーーい、おーーーーーい!と誰かを呼ぶ声、


深い深い眉間の皺、


そして・・・・・・


自分の人生に絶望してつぶやく言葉・・・しにたい、



DSC00825.jpg

shinnya


yukasuwari


nugu



tatsu



hadaka
  












疲れました。疲れ果てました。







出来るなら、「私、まだ諦めてないわよ」と言って、もう一度気力を振り絞って頑張りたい。


ここで諦めたら、負け。そんな思いに引きずられているのも事実です。








それでも・・・・・・・







もう、疲れました。









12月は、特別にお願いして受けていただいた「毎日デイ」。



年が明けて、元のペースに戻るとすると、「夜勤・日勤・夜勤」のセットを週に2回こなさなくてはならない。



出来るのか?自分に聞いてみました。




答えは・・・・・「無理」でした。



無理、と答えた自分が情けなくもあり、また、もうそろそろいいじゃないの、この辺でいいじゃないの、ここまで良くやった、と言ってくれる自分もいます。






もう、これ以上は無理です。主人の状態が今のままだとすると、毎日デイを続けていただくか、昼間家で過ごす日があるなら、泊りを増やしていただかないと、もう無理です。今が限界です。

もう無理、もう出来ない、は言いたくないし、まだ出来ます、頑張りますって言おうと思えば言える様な気がします。

でも、これ以上、無理を重ねて倒れたら、周りにもっと迷惑がかかってしまいます。

これから先も、家庭生活と、仕事を普通にやって行く体力と精神状態を維持するには、この辺りが限界です。

こうしてYさんにTELして、無理ですって言える冷静さがある内に、次の段階を考えた方が良いと思うのです。







あ~あ、とうとう言ってしまった。一番嫌いな言葉・・・・「もう無理、もう出来ない」




そして、私は自分に別の課題を出してしまった事になる。




「無理の向こう側」を模索しなくてはならない。
















DSC00960.jpg















コメント

おはようございます

momoさん。。

読んでいて涙がでました。
がんばってらっしゃいますよ。
ご自分を追い込まないでください。

周りの方々もハラハラしながら見守ってらしたのではないでしょうか?
負けではありません。

momoさんとご家族に良い道が開かれることを心より願っています。




お疲れ様です。

主人は、半年くらい前から家とデイの区別ができなくて混乱しているようでした。

私のことは、今でもわかってくれていますが、以前から、次の瞬間一緒にいる事を忘れてしまうので、こちらが思うのとは少し違うかもしれません。

逆に常に人の姿が見える形のほうが不安が少ない感じもしました。

介護者が介護に疲れ、体調が心配な時は何と言ってもロングステイです。
お仕事の繁忙期だけでも老健や認知症対応病棟が利用できるとよいですね!

どこか緊急で動いて探してくださるところはないでしょうか?

お時間がとれるようになって落ち着かれたら、
先のこともゆっくり考えられますね!
また在宅に戻ることもできますし…

その次のことはまだ決めなくてもよいのです。
ロングステイを利用すると、普通は在宅より進行するようです。

一ヶ月を病院と家とほぼ半々にして過ごし、進行が目立たない方もいらっしゃいます。
夫は家にいても進行が早かったですからわかりません。


その方にあった色々な選択があると思います。

「奥さんだけが全部我慢するのでなく、ご夫婦なのだから、ご主人にも少しずつ我慢してもらいましょう!」

お役所の福祉の窓口の方が、迷っていた私に言ってくださいました。

介護者が崩れたら、結局大変なことになります。

お体大切になさってください。

勇気ある撤退

リーダーは、「勇気ある撤退」を決断しなければならないときもありますね。
遭難につながりますから。

我が家はその決断は夫が引き受けてくれましたから、
momoさんの苦悩は心底わかってあげられないかもしれません。

母のときは、体験を生かし、私が決断しました。
ローテーションが狂って、丸5日家だったときは
「無理だ!」と心が根を上げました。

負けではなく、勝ちにいくための、路線変更です。

介護者がつぶれたら、負け。

nekoさんの「自分を見失わないことは大切だ」と、
collorさんの「離れていても愛は強い」は、
体験者のみが発することのできる真実の言葉です。

momoさんを救ってあげることができないかもしれない。
そう思ったときもありました。

nekoさんやcollorさんというちょっと先を歩いていらっしゃる方が書き込んでくださった。
momoさんを見捨てることができない一心での書き込みだったと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを頂いた皆様へ

ご心配と、励ましと、経験談、そして今後考えられる道筋を沢山教えて頂きました。

年が明けたら直ぐに、ケアマネさんと会う事になりましたので、今後の具体的な相談をしたいと思っています。

これから先は、全体を見渡す広い視野を持って、より良い道が開ける様努力をしてゆきたいと思います。

皆様の言葉のお陰で、扉が一つ開いたような気がします。再び閉じる事がないように気をつけながら、現実を見据えて、何とか頑張ってみます。

お一人ずつにお返事が書けなくてごめんなさい。

心より感謝しております。ありがとうございました。

そして、これからも色々教えてくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

momoさんへ

ブログを読んでいて、数ヶ月前の自分を思い出しました。

「最後まで自宅で介護」とは、思っていませんでしたが、
24時間を主人の為に使っていましたので、
施設ではどの様なお世話をして戴けるのかを心配したりもしました。

入院の際の診察で、主人は先生に対して、「僕はワイフと犬と、家で暮らしたいのです」と言いました。

冷静を装いましたが、このせりふはかなり効きました。
今も記憶に深く残っています。

入院をすれば、安心の代わりに見たくも無い姿を見る事もあります。

しかし、今 なるべく面会に行きたいと思う私がいます。
又、面会中は本当に優しく接する事ができる私がいます。
これは、私と主人にとって とても良いことだと思っています。

改めて、思います。
どんな状況であろうと、最後まで私が介護の総責任者であるという事。


momoさん 
だからこそ、負けなんて思わずに弱音はいちゃって下さい。
ヒロさんにこれからも、優しさをあげられる為にも。

少しでも、心やすらぐ時間が増えます事を 願っています。



nekoさん、

一山越えた強さと優しさをお持ちで・・・・・nekoさんが、とても逞しく見えます。


私も、いつか誰かにそんな言葉を贈る事が出来るようになれるのかしら・・・・・?


今はまだ、一旦心を決めたと思っているのに、いや、やっぱり・・・・と、心が揺れに揺れています。


ご主人様の言葉、傍で聞いておられたnekoさんにとっては、本当にお辛い事でしたね。でも、そこを、乗り越えられたのですよね・・・・・・


昨日の夕方、デイから戻ってきて、「つかれた」と言いながら、とてもとても辛そうにしているので、思い切って聞いてみたんです。


「お父さん、本当にしんどうそうだね。」

「そうだよ」

「ちょっとでも楽になれるように、いい病院を探してみようか?」


主人は、「それでもいいよ」と答えました。

病院大嫌いの主人がそう言うのだから、きっと、それを上回るような苦しみを感じているのだなと思って、可哀相でなりません。(どこまで分かって答えてくれたのかは分かりませんが)


仰るように、どんな道を選択するにしても、総責任者は私です。私が、決めないといけない。あ~・・・・本当に、しんどいな・・・・・・(弱音・弱音・弱音・・・・)

お久しぶりです。あけましておめでとうございます。
どんどん弱音はいちゃってください。いろんな方からいろんな意見を頂いて前に進んでください。心が壊れない様にmomoさん自身がいろんな決断をしないと・・・それがヒロ君の為でもあるのだから。いつもかげながら応援してます。このままの状態を続けるのも、一歩踏み出すのもmomoさんが考えて決断するしかないのだから。手をかしてあげられないから。出来ることなら今から飛んでいって"ギュッ"してあげたい!!

mayu さん

新年第一号のコメントありがとうございます。

mayuさんからの ギュッ 私の心にしっかりと届きました。

皆様からいろいろ教えていただきながら、ぼちぼち、自分なりのやり方で頑張ります。

mayuさんもお元気でお過ごしくださいね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |