FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

病院巡り②

撃てる弾は全て発射しておこう。

Kショックと同じ轍は踏みたくなかったので、私は、「今、自分が出来る全て」をしておこうと思いました。



K2病院とS病院の、二つに目星をつけたものの、この期に及んでもまだ、私は「可能な限り良い病院」を探す事を諦める気持ちにはなっていませんでした。



Yさんに、「S病院でいいです。」と、見たことも無い病院への入院を決めるかのような返事をしたものの、良い病院、良い病院・・・・K病院のあの暖かい雰囲気が忘れられませんでした。





二つの病院の見学までには、まだ2日、時間が残されていました。


私は、「けいさん」の事を思い出しました。


いえ、今はじめて思い出したのではなく、あの日からいつもこころの何処かに「けいさん」はいました。


そして、久しぶりに棚の奥から、けいさんが送ってくださった病院情報を取り出しました。


入院させるなら、遠くても「良い病院」を、と希望した私に、けいさんが送って下さった4つの病院の資料です。


遠くても、とは言うものの、やはり限度があります。


まず、近場から攻めて行こう。


一番近いK3病院は、車で1時間半ほど。


二番目のJ病院は、2時間近く掛かりそうです。


この辺りが限界です。



K3病院をネットで調べてみると、とてもとても良さそうです。K病院に匹敵するような印象を受けました。

でも、診療科が「内科 リハビリテーション科」となっています。


認知症病棟はあるのかしら?




私は、個人情報を教えて頂いて、お礼の電話をした時以来、初めてけいさんに連絡を取りました。


覚えていてくださるかしら?


以前、介護保険でお世話になりました、○○の○○ですけど・・


momoさんですよね。


よかった~、けいさんは、私の事をしっかりと覚えていて下さったようです。



あの日以来の、夫の状態をかいつまんで話し、Kショックと、落ち込んでばかりではいられない現状で新たな病院探しをしている事を伝え、K3病院に話を向けました。


主人の様な人でも受け入れてくれる病院でしょうか?


私が関わっていたのは、もう10年位前になるのですが、その頃、ちょうどヒロさんと同じ様な状態のご主人をK3病院に入院させている奥様に出会いました。


そのご主人は、ちょっとの間でも、奥さんが傍にいないと不穏になられて、何処にも預ける所がないと、本当に困っておられたのですが、K3病院なら大丈夫だったそうです。


他所へ預けると、状態が悪くなって戻ってくるけれど、K3病院なら、全く変わりなく戻ってくるので、預けるならK3病院以外に考えられない、と言われていました。ちょっと高いけど、絶対に良いって。


ヒロさんを見ていて、その方の事を思い出したのです。




ちょっと古い話ではありますが、経験に基づく話は、説得力があります。


K3病院・・・・・・後で連絡を取ってみよう。



それから今、K2病院の外来に予約が入っているのと、ケアマネさんからS病院を紹介して頂きました。空きがあるので、直ぐにでも入れそうなのですが・・・


S病院・・・・・・


けいさんの口調が変わりました。


止めた方が良いですよ。ヒロさんのイメージとは違います。


けいさんと私は、介護保険課の職員と介護家族、と言う関係を超えた、知り合い?友達?と言う立場で話しているので、こんな生の情報を貰う事が出来ました。



そうなんですか?系列にグループホームがあって、将来にも繋がるからって安心できますよ、って紹介されたんですけど・・



う~ん、それだけ聞くと、それもありだなと思えてきますが、絶対にお薦めできません。ヒロさんとmomoさんの雰囲気とは全然違いますよ。

私なら、最後の最後の手段としても、使いません。




私が今まで、さんざん欲しかったのは、プロ故に知り得る、こんな生の情報でした。



そうですか・・・・でも、とりあえず見学には行ってきますね。



けいさんは、それでもまだ、私からS病院と言う選択を取り去りたいと言う雰囲気でしたが、そう言われるとますます、S病院を見てみたくなりました。



ケアマネさんが紹介してくれる病院に、そんなに酷い所があるとも思えなかったし・・・・






それはさておき、私はK3病院にTELを入れました。


相談員のお姉さんが言われるには、


まず、ここは、殆んどの方がご年配です。また、積極的に病気を治療する病院ではないので、医師はおりますが、例えば、脳梗塞や癌などに罹られて、それを治したいと希望される時は、別の病院に行って頂かなくてはなりません。

認知症の病棟もありますが、穏やかに落ち着いて過ごす事が出来ない場合は、急性期の治療病棟の病院へ転院して頂かなくてはなりません。

この様な事を、了解して頂いた上で、診断書をFAXして頂ければ、医師と相談して、面談が可能かどうかをご連絡させて頂きますが。





ホスピス?


お姉さんの話から、私はそんな病院のイメージが湧いてきましたが、とにかく弾を沢山撃ちたかったので、日赤のひめちゃんが書いてくれた診療情報提供書をFAXしました。



でも、そこには「施設でも対応が困難になってきている。」と書かれているので、まず、この書類審査で落とされるだろうと思いました。



それならそれで、構わないわ・・・・・K2病院とS病院、二つの手が打ってある事だし・・・・・




何だか、ちょっとゆとりまで出てきた感じです。





K3病院。




魅力的な病院に思えましたが、今の我が家には無理だろうと思えて、FAXした時点で、私の頭からほとんど消え去っていました。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |