FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

Nホームさんのお庭に、樹齢120年にもなるしだれ梅があります。しかも紅白で。



今年の梅見に参加する事は、絶対に出来ないだろうと思っていたのに、神様はヒロくんと私の味方をして下さったのか、再びあの見事な紅白のしだれ梅を見に行く事が出来ました。




shidareume.jpg




今年はまだ7分咲きのしだれ梅でしたが、私にとって梅の咲き具合は、正直なところどうでも良い事で、この会に、「今年もまた」参加できたという事が、奇跡とも思える、天からの贈り物でした。



今頃は、せっせと精神病院に面会に通っているはずだったのに、青空の下で、ヒロくんと一緒に梅見の会に参加している。


これが、奇跡でなくていったい何と呼べば良いのでしょうか。


紅白の梅さえも、我々を祝ってくれている様に思えます。


風が吹くとちょっと肌寒い日でしたが、ぽかぽかと降り注ぐ柔らかい早春の日差しの下で、沢山のおじいちゃんおばあちゃん、家族、職員さん、地域の皆さんが、和気藹々とテーブルを囲みました。


調理のオバちゃんたちが前日から一生懸命作ってくださった、美味しそうなご馳走がテーブルの上に沢山並んでいます。


ヒロくんは、ご機嫌で、美味しそうに食べています。穏やかな表情です。


ぽろぽろとこぼしながら食べている事なんかどうでも良い事です。


食事が終った後のゲームで、ヒロくんは大活躍でした。


職員のお兄さんの策略で、ヒロくんは、隣に座っている私に向かって「大好き!」と言わなくてはならない羽目になったのです。


そこにいた全ての人の視線がヒロくんに集中しています。


皆の期待に満ちた笑顔がヒロくんに向けられています。


私も大いに期待していましたが、当の本人は、ゲームをしている事も、皆が笑いながら自分を見ている理由もさっぱり分からない様子でした。





でも・・・・・なんだか、嬉しい。楽しい。面白い。




何がどうなっているのかは何も分らないけれど、とにかくその場の空気が安全と安心に満ち溢れた天使の空間だと言う事だけは、感じ取る事が出来る様でした。


そして、「皆が」「自分に」「何かを」「期待」している。


これも分ったようでした。


満面の笑みを湛えて、ヒロくんが大きな声で言いました。




つかれた~!




おい、おい、もうちょっと気の利いた言葉はなかったのかい?


と、思いましたが、その場に大笑いの渦が巻き起こって、ヒロくんは奇跡の復活振りを披露する事が出来ました。




振り返れば、昨年の梅見会の頃が、我が家の「平成21年地獄」の入り口だった様な気がします。


梅見の会にご招待を受けた時に、「あ~、行く場所が出来た。これで、何とか時間が過ごせるわ。」と、心からホッとした事を、はっきりと覚えています。




あれから一年、怒涛の一年をやり過ごして、今再び、平和な時間が戻って来た。


もう二度と時計が読めるようになることはないでしょう。


名前が書ける事もないでしょう。


100-7も分らないでしょう。


自分でお尻が拭けるようになることもないでしょう。




でも、今、私の目の前にいるこの人は、何処から見ても私の「夫」ヒロくんです。


私には、もうそれだけで充分なのです。





ohiza




peropero



nikoniko



megunikoniko



rabuchann












コメント

とっても良い嬉しい日になりましたね。言葉の端々に、ヒロさんとmomoさんの楽しそうな様子が目に浮かび、私まで嬉しくなりました。ヒロさんの つかれた~との所では、おもわず笑ってしまいました。これからも、ヒロさんの穏やかな日が続きますように・・・
心からお祈りしています。

44E355 さん

ありがとうございます。この日は、本当はメグちゃんも参加させてあげたかったんだけど、あちらには猫ちゃんが、いっぱ~い居て、お庭を闊歩しているので、お留守番となりました。

うちに来たばかりの頃は、猫を被って大人しかったメグちゃんですが、最近は地が出てきたのか、ワンワンワンワン吠えて、主人に「うちのはうるさいんだよ」なんて言われてます。

一年目の節目に、どうぞお疲れが出られませんように。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |