FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

春が来た

本格的春が来た、と思うような暖かい一日でした。


朝帰りのヒロくんは、普通に穏やかでしたが、職員さんが「夕べはあまり寝られなかった様です。」と、ちょっと申し訳なさそうに言われました。



1月20日以来、家ではずっとずっと良い眠りが続いていますが、前回のショートの時に、中々寝付けなかったという事があり、昨夜また寝られなかったと言う事が、ちょと気になります。



家ならゆっくり寝られる、と言う意識が復活したのでしょうか?





日々の小さな驚きは、相変わらず続いています。



今日、洗濯物を干していた時です。



我が家は、一階で暖炉をつけているので、洗濯物は二階のロフト部分に干しています。雨が降ろうが雪が降ろうが、直ぐに乾くので、とても助かっています。



朝帰りのヒロくんには、まず一緒に洗濯物を干してもらうことにしました。



洗濯物がどっさりと入った大きなかごを持って、「あ~重い。」と言うと、ヒロくんが、必ず手を伸ばしてくれます。



大きなかごを二階に運んでくれるヒロくんは、後ろからついて来る私が、万一ヒロくんが足を踏み外した時には、直ぐに支えて上げなくては、と思っていることは知りません。



もっとも、ヒロくんがかごと共に落ちてきたら、私が支えられるかどうかは疑問ですが・・・・





それはさておき、ヒロくんと私はいつもの様に洗濯物を干し始めました。



いえ、干し始めようと思ったその時、かごに手を伸ばしたヒロくんが言いました。






そとでほそう。






そうです、今日は、洗濯物は外で干さなくてはならない位良いお天気だったのです。



「いつもは家の中で干している洗濯物を、お天気が良いから外で干そう。」




別段、珍しくもなく、びっくりする事もない普通の発想です。




ただ・・・・・



それを言ったのが、ヒロくんだった。



私は、天地がひっくり返るほど驚きました。



「お天気が良いから」と言う思いがあったのかどうかは分りませんが、「外で洗濯物を干そう」と言う考えが、どうしてヒロくんの頭の中に浮かんだのか、不思議でした。



もう、半年も前から洗濯物は家の中で干していたのに、何故、「外で干す」と言えたのでしょうか?



暖炉をつける前までは、外で干していた事を覚えていたのでしょうか?



目の前の事しか分らないはずだったのに、何故こんな気の利いた台詞を言ってくれたのでしょうか?



そして、今日のヒロくんは、手に取った靴下を、あまりためらうことなく洗濯バサミに挟んでいきました。



一つ、また一つ。



かごの中身は空っぽになりました。



ゆっくりと階段を降りて行くヒロくんが手に持っているかごの中には、洗濯物の代わりに「大きな喜び」が入っている様に思えました。






そして、気がつくと、我が家の食事風景も随分変わりました。



壮絶な食事風景に、必死で慣れようとしていた時期もあった事を思うと、夢のようです。



最近のヒロくんは、普通に大人しく座って食べてくれます。



一口食べては立ち上がり、また一口食べては立ち上がり、あっちへウロウロこっちへウロウロしていた日は、いつの間にか遠くなりました。



皿数も、他の家族と同じで大丈夫です。時々は、お箸を反対向きに持ったりする事もありますが、それはご愛嬌。



こぼれる事もあるけれど、許容範囲です。







最近、私は、目の前にヒロくんの姿がある時でも、「夫が若年性アルツハイマーである」と言う事実を、忘れてる時があります。



その呪縛から解き放たれる瞬間など一瞬も無かったのに、夜家族でTVを見ながら過ごしている時、「あれ?普通の家みたい。」と感じることがあるのです。



何たる贅沢。



病気が治るなんて思いません。



今はただ、あらゆるものに、感謝、感謝、感謝・・・・・・∞




1744




1749




1712




1720






コメント

メグちゃんを抱っこしているヒロさんの手・・腕・・間違いなくメグちゃんを 抱っこ してる。ちよっと前のヒロさんはメグちゃんを 乗せて いた。でも それでいいと思ってました。メグちゃんの体温は伝わるのだから・・。 
メグちゃん メグちゃんの癒しは現代医学を上回ってるねi-234 スゴイよ!  

春の風が何より好きだから春風と名乗っています。この先ずっとずっと春の優しい風がmomoさん御一家に吹き続きます様にi-267i-267

春風さん、

写真を良く見ていただいているのですね。

確かに、前は私が無理に乗せていただけだったけど、最近の主人は、自分からメグちゃんに語りかけたり、膝に引っ張りあげたりして、しっかりと大きな手で抱いてくれています。



今日は朝から冷たい雨が降っています。

吹きすさぶ雨が冷たいほど、春の訪れに喜びが感じられます。

私にとって今年の春は、56年の人生で、一番暖かい春になるのかもしれません。

このままメグちゃんパワーを借りて、暖かい春の風に吹かれたいものです。

最近の日記を読んでいると嬉しくて次の日記が楽しみになります。

本当にささやかな言葉、しぐさが家族をどれだけ喜ばしてくれるか、本人は…どうなのでしょうね。

私も同じような思いをした事が書ききれないほどあります。
小さな小さな喜びが私の栄養でした。

続きますように、祈っています。

ベンジャミンさん

こんにちは。

本人は・・・どうなんでしょうね?昨年は調子が悪かったけど、今は良くなった、なんて、きっと思ってないでしょうね。

昨年の、苦しかった事、辛かった事、皆忘れているのでしょう。私は、一生忘れられないですけどね。

代わりに、今のささやかな幸せも一生記憶に残る事と思います。

momoさんの毎日の小さな喜びが表れている言葉、そしてメグちゃんの写真を見て、自分のことの様に嬉しいです。励まされてもいます。ちなみに私もおばあちゃんと2階いくときは、やっぱりうしろから 降りるときは、先に降りますよ・・・家のラブちゃんは、少しわがままになってきました。おばあちゃんに吠えるようになってしまいどうしましょ
まっいいかな




44E355 さん

こんにちは。

ラブちゃんは、きっとお母さんとおばあちゃんを守らなくっちゃ、と使命感に燃えているのではないですか。

大きなワンちゃんって、本当に守ってくれている感じがして、頼りになりますよね。

クロちゃんとシロちゃんの大きな背中が懐かしいわ・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |