FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

先日の雪が、日陰では融け残っている田舎道をドライブして、いつものダムに行きました。

もう一つの湖コースには、梅園があって、今の時期は梅が見頃になっています。


本当は、そちらへ行くのが普通の人の考えですが、私は梅が散るまでは行かないでおこうと思っています。


人ごみが嫌いだからです。ヒロくんと一緒に人ごみを歩く度胸がないからです。


最近のヒロくんは普通に歩いてくれるし、首も治ったし、多分もう「おかしな人」には見えないと思うのですが、私の心が過剰な心配をするので、お出かけは私自身がが楽に行ける場所を選びます。


「自分が楽である事」は介護をするに当たって、一番重要なことかもしれないと思うようになりました。


「自分の事は二の次で、夫を楽しませる事が一番」と考えていた日は、いつの間にか遠くなってしまいました。




ダムドライブから戻ると、ヒロくんが言いました。





だいえー、いこう。




わー、凄い!私は、心の中で感動しました。


ヒロくんの脳は、ダイエーさんに買い物に行く、と言う行為を覚えていたのです。


最後に、ダイエーさんに行ったのは、いったいいつだっただろうか?


毎日の様に、「だいえー、だいえー」と言って、買い物を楽しんでいた日が過ぎ去り、それでも、「だいえー」と言うので、ただ、行くだけが目的となり、そんな日々も過ぎ去り、とうとうヒロくんの口から、「だいえー」と言う言葉が聞かれなくなったのは、いつ頃だっただろう?




昨年の大嵐に翻弄されても、ヒロくんの頭の中から「だいえー」が消えてなくならなかった事に、私は大きな喜びを感じました。



そして、ドライブから帰って、ほんの10分程しか経っていなかったけど、私は、ダイエーさんに向かって車を走らせる事にしました。



車に乗ると、私はいつも「ベルトしてね。」と言います。



一時は、空しく響いていたその言葉が、最近は再び生きてきました。


ドライブに行く前に、「ベルトしてね。」と言った時、ヒロくんは「どこ?」と聞きました。


「そこ。横の方にあるでしょ。」と教えてあげると、ヒロくんは、自分の手でベルトを引っ張ってきました。


ヒロくんの脳は、「ベルト」と言う単語を思い出して、引っ張り出すと言う指令を出したのです。


流石に、ガチャと、止める事は出来ませんでしたが、この一連の動作に、私は密かに感動していました。



そして、ダイエーさんに行く時に、同じ様に「ベルトしてね。」と言うと、ヒロくんは、「どこ?」と聞くことなく、一人でベルトを引っ張り出したのです。


何と、ヒロくんの脳は、少し前に教えてあげたベルトの位置を覚えていたではありませんか。








ダイエー行くの、久しぶりだね。



そうだね。



あ~、ヒロくんは、私がどんな思いで、この言葉をしゃべっているのか、きっと何も分っていないんだろうな・・・・ま、いいけど。




駐車場に到着すると、私の指定席が空いていました。




運転席に座っている私が、ヒロくんのベルトを外してあげると、ヒロくんは、一人で車から降りて、バタンとドアを閉めました。



この当たり前の行為が、私にはまた感動的なドラマの一場面に見えてしまいました。



ドアを開けるには、ドアノブの場所が分って、そこに手をかけて、手前に引いて、引きながらドアを押す、と言う高度な動作をしなくてはならないのです。



そして、ベルトが絡まないようにしないと無事に降り立つ事は出来ません。



そんなにも難しい一連の動作を、ヒロくんの脳はしっかりと思い出して、手足に指令を出す事が出来たのです。



おまけに、降りたらドアを閉める、と言う指令もちゃんと出しているのです。



これが、感動せずに居られますか?



「60歳の夫が、一人で車から降りた」



たったこれだけで感動できる私は、世界一幸せかもしれません。





私は、ヒロくんと腕を組んでダイエーさんの中に入りました。



一瞬で私を見失ってしまうヒロくんを捕まえておくために、腕を組んでいるのですが、年甲斐も無く仲が良い夫婦に見られているかもしれません。



売り場に入ってから、私はちょっと迷いました。



ただ、歩くだけにするか、本当にお買い物をするか?



最後にダイエーに来た頃のヒロくんは、もうとても買い物など出来る状態ではなく、ただ売り場を忙しく歩いて、レジも通らずさっさと帰る、そんな日々だったのです。



でも、今日のヒロくんは、ちょっと戸惑いながらも、しっかりと自分の欲しいものを手に取る事が出来ました。



ちゃんとレジを通って、外に出た私は、再びヒロくんの腕を取って歩きました。




ダイエーで、お父さんと一緒に買い物したの久しぶりだね。


そうだね。


今ね、凄く幸せなの。


そうなの?




あ~、やっぱりヒロくんは、私がどれだけ幸せな気分に浸っているか、分ってないんだわ・・・ま、いいけど・・・・・




平和な時間が夜までずっと続きました。



穏やかな表情で座っています。



私が切望した「穏やかに座っていてくれればそれでいい」



それが今、目の前にあります。




CDから「なごり雪」が繰り返し流れている静かな夜のひと時です。





コメント

ジワッと来る、嬉しい記事です。
 
一つ一つの感動が、凄く良くわかる。
当たり前のことの嬉しさ。
本当に良かった。
 
変わり始めた最初の頃は、
いつ、
また落ち込みの日が来てしまうのではと、
はらはらしながら、読んでいました。
でも、もう大丈夫。
今は、安心して、
次の記事を、楽しみに待っています。

この変化は、なぜだろう。
何かしらがあったはず。
同じところを歩んでいる介護者として、
とても気になります。

ご自分の中で、整理されてからで構わないので、
教えてください。
気長に待ってます。

感動です。うれしくて涙が出てしまいました。
お友達が、書にかいてくれた言葉です。喜びと、感謝と、満足の心が、幸福の道。今ヒロさんもmomoさんと一緒に、お散歩したり、ダイエー行ったり楽しそうですね。嬉しくって鳥肌がたってしまいましたよ。
ヒロさん、小さな幸せを満喫しているみたいですね。

スリブリさん、44E355さん

暖かいコメント、嬉しく読ませて頂きました。

「喜びと、感謝と、満足の心が、幸福の道。」

本当にその通りだと実感しています。


でも、でも・・・・


私の心の中に、「もう大丈夫」とか「安心」と言う言葉は全然ないのです。


最近は、小さな感動と喜びと幸せが沢山転がっているので、ありとあらゆるものへの感謝を込めて、記録しておこうと思うのです。嬉しくて、書きたくて仕方がないと言うところでしょうか・・・・



でも、当たり前ですが、24時間、そんな素敵な時間ばかりじゃないんですよ。


感動の時間のすぐ後に、そわそわと落ち着き無くうろつく事もあるし、じっと座っていても、眉間に皺がよっていることもあります。


夜はよく寝てくれますが、数日前、トイレに起きた時、夢でも見たのか、20分位、落ち着き無く寝てくれなかった時は、またか?と怖くなりました。でも、その後直ぐに寝てくれたので、ほっとしました。



今、あの地獄を通り抜けてきた身としては、ほんの僅かでも幸せを感じられる時があるだけで、嬉しくて仕方がないのです。


正直な気持ちは、とても不安です。また、あの地獄へ逆戻りする可能性も、たっぷりあると思うのです。


ただ、もしそうなったら、今度は、より良い対処法を身につけたので、あの地獄まで落ちる事は無いだろうと思えるのが、精神的安定に繋がっています。


本当に、何があったのか、何でこうなっているのか、今はまだ何も分りません。

ずっとこのまま分らないような気がします。

でも、出来る範囲で整理してみたいと思うので、スリブリさん、首を長~~くして、待っててくださいね。

ほかの方から見たら本当に当り前の事が大きな感動になるのですよね。
そんな時は夫を抱きしめたくなるほどの喜びです。
(病気になってからは1日中、何度もハグしましたよ。)
momoさんの喜びが「そう、そう」「分かる、分かる」とうなずいている私がいます。

自発性のなくなった夫がレベルアップの日はテーブルに置いたお菓子を自らつまんで食べた!
もうこれだけで大ニュース、娘たちに報告でした。

嬉しい日記が続きますように…

ベンジャミンさん

こんにちは。

本当に、可笑しくなるような些細な些細な出来事で、喜びと感動に浸っている自分に気がついて、また可笑しくなります。

「おとうさんが笑った!」「おとうさんが自分で靴を履いた!」「おとうさんがこぼさずに食べた!」

経験者にしか分らないささやかな幸せ、そして、最高の幸せですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |