FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

特養

「早めに申し込みだけでもしておいたほうが良いですよ。」と、Yさんに言われてから、いったいどれ位の月日が流れたでしょうか。

数百人待ちが当たり前、と言うようなニュースを聞く度に、早くしておかなくてはと思いつつ、少々面倒くさいのと、まだまだ払拭できない抵抗を、日々の忙しさと言う口実で覆い隠して、今日まで来てしまいました。


でも、そろそろ取り掛からなくてはと思います。


「早めに」「動けるうちに」と、頭で分っていても、実際にはいよいよ追い込まれないと、なかなか重い腰が上がらないものですが、今年の年明けに、心に決めた2か条の一つなので、実行しなくてはなりません。



こんな時に、頼りになるのは、やはりSさんです。




車で30分弱で行ける所に、特養を経営している遠縁のSさんと言う存在があると言う奇跡に心から感謝です。


ヒロくんは、以前から「Sさん」や「Sホーム」と言う固有名詞や、○○と言う地名に、特別に反応していました。


しばらくこれらの言葉を話題にする事がありませんでしたが、先日、久しぶりに言ってみました。


今度、○○のSさんの所に行って見ようかな?


ヒロくんの目の色が変わるのが分りました。


そう、それ。


ヒロくんは、どうしてこんなに反応するのでしょうか。


もしかしたら、家族に迷惑を掛けているので、Sさんの所に入所したい、と思っているのかもしれないと思うと、またまた切なくなります。



それはさておき、26日の月曜日、私は久しぶりにSさんを訪ねました。今回は、一人です。


前回は、どちらかと言うと、「親戚」の立場での見学だったのですが、今回は正式に入所の申し込みをしたいとお願いしたので、施設長のMさんが主に相手をしてくださいました。


名刺には、「社会福祉士、介護支援専門員」と書かれています。私と同い年くらいのおばちゃん、かな?


面談室で、始まりから今日に到るまでの詳しい聞き取りがありました。


しゃべりながらふと思いました。あれ?私、随分慣れて来たわ・・・と。


今年に入ってから、いくつもの病院で同じ話を何回して来たことでしょうか。




ブログに記録すると言う作業をして来た事も、自然に頭の中で出来事が整理されているので、話の助けになりました。


後から、Mさんが、「奥様は、とても客観的に見ておられますね。」と言われたのも、ブログによる思わぬ効能です。



まるで人事みたいに、理路整然としゃべっている自分が、ちょっと可笑しくなりました。




Sホームさんでも、現在の待機人数は360人との事でした。


普通に考えると、いったい何年待たなくてはならないかと、気の遠くなるような数字です。


お年寄りの場合は、生きているうちに順番は回ってこないだろうと思ってしまいます。


需要と供給のバランスが、こんなにもかけ離れている事が、何とも切ない現状ですが、私の心の中では、ヒロくんの入所はまだまだ先の話となっています。



あまり現実味のない入所申し込みなのです。



Yさんに言われているから、とりあえず申し込みだけは済ませておこう、と言う感じです。



また、今のヒロくんの状態では、やはり今はまだとても無理だという事も分りました。


入所されているおじいちゃんおばあちゃんたちは、皆さんとても穏やかです。


大人しく座って、TVを見たり、おしゃべりしたりして過ごしておられます。


そわそわ歩き回るヒロくんの存在はその場に馴染みません。


もっとずっと先に、自然に枯れて行ったヒロくんか、薬で抑えられて大人しくなったヒロくんでなければ、受け入れてもらえない事も分りました。


だから・・・・・ここにお世話になるのは、ずっと先の事。


360人位待っている時間が、我が家にとって「ちょうどいい!」のかもしれません。



私の為に、2時間も時間を使って、色々と話をして下さったMさん、とても良い方でした。


私は、申込書を手にしてSホームを後にしました。





DSC02093.jpg


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |