FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ネタ

ネタには事欠かない我が家ですが、久々にネタらしい笑えるネタが転がっていました。


ヒロくんは、少し前から抑肝散と言う顆粒の漢方薬を飲んでいます。



この到って飲みにくい顆粒を飲ませるのに、始めは、スプーンに入れて口に運んで見たり、お茶に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたり、試行錯誤しましたが、結局一番良かったのが、オブラートに包んで手に持たせて、自分で口に入れてもらう、と言う方法でした。




袋状になったオブラートに顆粒を入れて、口をしっかりと閉じてこぼれないようにしてから、ヒロくんの手に持たせます。



「はい、良薬は口に苦し。パックって。」



と、言うと、ヒロくんは、オブラートごとパックと口に入れてくれます。



そこで、拍手をして、お薬タイムが終ります。





今回のネタは、このオブラートに端を発しています。



夕食後のお薬タイムに、オブラートが無くなっている事に気がつきました。



明日の朝も飲まなくてはならないし、ちょっと外は薄暗いけど買いに行く事にしました。



何より、その時のヒロくんの様子が、ちょっとそわそわと落ち着かないものだったので、気分転換の外出にもなると思ったのです。



私は、買い物バッグと車のキーを手に持って、「買い物行って来るね」と大声で2Fの息子に声をかけて、「行こう」とヒロくんを促しました。



夕方になってからの外出は、何となく気が急きます。



靴は?そんなに歩くわけじゃないから、サンダルでいいわ。



私は、ヒロくんに「これ、履いてね」と青いサンダルを目の前に揃えました。



茶色のスリッパを履いていたヒロくんは、右足のスリッパを脱いで、右のサンダルに足を入れました。



すごい!ちゃんと履けた。



それを見届けたので、私は車に向かいました。そして、いつもの様に、メグちゃんを後ろに乗せてオブラートを買いに出発しました。



近くの薬局は、お休みです。仕方ないので、ちょっと離れたドラッグストアに行きました。



駐車場に着いて、大人しく助手席に座っているヒロくんを見て、一瞬、待っててもらおうかと思いましたが、やはり、無理。



一秒後には何が起こるか分らないので、一緒に連れて行く事にしました。



店内は空いていました。



ヒロくんの腕を取りながら、薬のコーナーへ向かい、薬剤師さんが居たので、「オブラートありますか?」と聞くと、「こちらです」と直ぐに教えてくださいました。



一つ手にとって、レジに向かい、ヒロくんの腕を離さない様にして、買い物を終えました。



この間、ほんの1.2分。出会った人は、薬剤師さんとレジのお兄さんと、数人のお客さんです。



楽な買い物でした。



辺りは、夕闇が濃くなっています。早く帰らないと、ヒロくんが不穏になったら嫌だわ。



急いで車を走らせ、無事に家に帰ってきました。



ヒロくんも、変わりありません。良かった、良かった。





さて、ネタはここからです。




家に入ろうとしているヒロくんの足元を見て・・・・・・



ギャー!



右足は、青いサンダルをちゃんと履いているのに・・・・・・



左足は・・・・・・茶色のスリッパのままではありませんか!



出掛けに、右足がちゃんと右のサンダルに入ったのを見届けたので、それで安心して、左足を確認するのを怠ったのです。



ドラッグストア内をこの姿で歩いていたと思うと、久々に笑えるネタ発見!と思い、可笑しくて仕方がありませんでした。



あの薬剤師さんとレジのお兄さんと、すれ違ったお客さん、このユニークな足元に気がついたかしら?



それにしても、車の乗り降りの時や、店内を歩いている時など、いくらでも気がつく時があったように思うのに、家に帰るまで一度も気がつかなかった自分が笑えます。




でも、途中で気がつかなくて良かった。




たとえ急いでいても、夕暮れで視界が悪くても、左右の確認は、忘れてはいけませんね。




は・は・は・は・・・・



DSC02090.jpg



コメント

momoさん
絶望を笑いの魔術で希望に変換し・・・・
大変だけど、不幸じゃないよ。

タイトル道理ですね。(拍手)
神様のかわりに褒めてあげますよ。(笑)
ちなみに私も先日お友達とお昼を食べに行って帰るとき
お店のサンダル履いて出てしまい大笑いされました。
ドンマイドンマイ

時々見かけますよね

トイレのスリッパを履いて部屋の中を歩いている人とか。

この珍事が、絶望ではなくて、心底笑い話に思える今の私は、逞しくなったんだか、もっと大変になっているんだか、よく分りませんが、神様から褒めて頂いたので、素直に喜びますね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |