FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

K2病院の外来に行ってきました。 一ヶ月ぶりです。


4月から新しく担当になったB先生は、どちらかと言うと、いろいろ薬を試して見ましょう、と言うタイプに見えます。


昨年の今頃、日赤のひめちゃんが「そろそろ止め時ですね」と言われてやめてしまったアリセプトについても、色々と質問をされました。


やめる前から状態は酷くなっていたのか、それともやめてから酷くなったのか、随分念入りに聞かれました。



アリセプトは進行を遅らせる以外の効能もあるので、出来れば復活して見ようかと言う感じでしたが、私はもうあまり薬が増えるのは好きではありません。


この一年を振り返ると、どんな薬を飲んでも飲まなくても、いい時はいい、悪い時は悪い、眠れない時は眠れない、突然眠れる時もある、これが実感です。



でも、この一ヶ月、ヒロくんの状態は決してより良く維持出来ているわけではないので、結果的に前より多い薬を貰う事になりました。



朝、昼、セロクエル25m 2錠づつ。



就寝前 セロクエル100m 1錠。



効いてる感じがしなくて、本人も飲むのを嫌がっている、と言った、漢方に変えて、別の漢方がでました。



名前は、どちらも「抑肝散」なんだけど。それが、朝、昼、就寝前1包づつ。



他に便秘予防にマグミットです。



薬を飲む、飲ませる、と言う行為もストレスになります。



出来れば何も飲みたくないけれど、それではきっとまともに生活してゆく事は出来ないと思うので、とりあえず言われるままに飲んでもらいます。



でも、朝、昼のセロクエルは、状態を見て、自己管理可能と言う事なので、あまり酷くない時は飲ませないでおこうと思います。



他に今日は、血液検査と尿検査がありましたが、尿はどうしても取れませんでした。



慣れていないトイレに行って、「オシッコして」と言っても、ヒロくんから出てくるのは「はい」と言ういいお返事だけでした。



自分からしたくない時に、「オシッコして」の言葉の意味を理解する事は不可能でした。



本当は、私は、血液検査も尿検査も、もうどうでも言いと言う思いを持っています。



積極的にヒロくんの健康管理をしようと言う思いになれないのです。



でも、いざと言う事態になれば、このK2病院にはお世話にならないといけないので、言われるままにしておこう、と思います。





ところで、このK2病院は、精神病院なので、私たちと同じ立場だろうと思えるご夫婦に良く出会います。



同じ位の年齢、雰囲気からして、若年性認知症に違いないだろうと思えます。



ただ、ご主人と奥様と、どちらが患者さんでどちらが付き添いなのか、良く分らない事が多いのです。



そんなご夫婦は、多分まだまだ初期段階なのだろうと思います。



そっと観察して、どちらかに目星をつけて見ると、違っていたり(名前を呼ばれた時に分ります)する事があります。



なぜかと言うと、大抵のご夫婦は、どちらも元気なく、あまりしゃべらないで、暗い顔でじっと待っていることが多いからです。



当然です。



若年性認知症になって、夫婦二人で病院に来て、明るく笑いながらお話しするなどと言うことは、無理です。



仮に、普段は明るく元気を装って暮していたとしても、病院に来た時には、一杯、いっぱい考える事があって、付き添う方も眉間に皺がよって暗い顔になっていたとしても当然の事だと思います。




ふぅー。



私も、もしかしたら、誰かにそっと観察されていて、「奥さんが病気だと思っていたら、ご主人だったわ」なんて思われているかもしれない。



せめて口角だけは、しっかりと上げておこう。



DSC02284.jpg




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |