FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

5月12日未明、久しぶりにヒロくんは変身しました。

業界用語では、これを「夜間せん妄」と言います。



未明の四時頃から、約30分ほどの事です。



 ひどいよ どうして しんでもいい かわいそうに


こんな言葉と共に、大好きなはずのmomoさんに殴りかかってきました。



しばらくなかったのに・・・・また・・・・・復活?



その2日後また。



やはり明け方30分ほど ひどい なにやってんの などと言いながら、大好きなmomoさんの頭をペチペチと叩く事、3回。



こんな時、私の対応は、その時の心のありかによって違ってきます。



絶望、諦め、悲しみで、心が満タンになっている時は、言葉をかける気力もなく、ただ黙って敵の攻撃を正面から受ける事しか出来ません。



手ごたえのない相手に、敵はますます混乱し、他へ助けを求めます。でも、彼を助けてくれる人は、他には誰もいません。



一番良くないのは、「怒り」に囚われてしまう時です。



なによぉ。何で?何で私が叩かれないといけないの?何か悪いことした?こんなに一生懸命やってるのに、頭叩かれて、本当にかわいそうだと思わない?



こんな言葉をまくし立てると、敵は大抵、



ひどい・・・



と言います。



すると、


ひどいのはどっちよ。だいたいねぇ・・・etc・・・・




敵の何万倍も語彙を持っている私は、言葉の連射で攻撃します。




敵は、投げつけられる言葉の意味は、理解できないはずですが、なにやらとんでもなく棘がある音が飛んできている事だけは分ります。 




なにいってんの!




言葉を持たない敵は、掴みかかってきます。



あ、首絞める気?いいよ、殺すなら殺してよ。お父さんに殺されたら本望だわよ。



事態が益々悪くなる事が分っていならが、一旦発射装置が解除されてしまった、私の言葉攻撃はもう止める事ができません。




敵は、目に見えない言葉の弾丸に撃たれ、足元ふらつき、ベッドへ倒れこみ、そのまま床へ撃沈します。




DSC02273.jpg




もし、二階に息子の気配がなかったら・・・・・



もし、二人共が、女の子だったら・・・・・



もし、男の子でも、まだ小学生だったら・・・・・・



もし、敵が巨漢で、体力腕力がもっともっとあったなら・・・・・



もし、家庭内の大声が、隣に聞こえてしまうほどの住宅事情だったら・・・・・



私は、間違いなく電話を取って119とダイヤルするでしょう。



幸いな事に、我が家は敵よりもずっと体力のある息子が、私の用心棒として2階で二人も待機してくれている。



幸いな事に、我が家はどんなに大きな声をだしてもお隣さんには聞こえない、野中の一軒家。



幸いな事に、敵は、もともと穏やかな性格で、叩いても怒っても、そんなに怖くない。



こんな幸いが重なっていて、今の所、私の夫はまだ家で一緒に暮していけるのです。



そして、敵も最近は気力が持続しないのか、昨年みたいに2時間も3時間も、時には7時間半もの夜間行軍をする事はなく、長くても30分ほどで休戦となります。



そして、「すみませんでした」と詫びを入れて来るので、無事に一件落着となるのです。



ただ、ここまで事態を悪くしてしまうと、私の心も、ずたずたに傷ついてしまい、勝者なき不毛の戦いの空しさだけが残るのです。









22日の未明、3時40分に敵は再び奇襲攻撃を仕掛けてきました。



ひどい ひどい なにやってんの なんで はやくいけ いいから



混乱酷く、怒る、殴りかかる・・・・・・



おーい、おーい!


叫びながら部屋から出て行こうとしています。





不安の極致、恐怖の極致にあって、ここはいったいどこ?お前はだれ?と言う、迷い子の様なヒロくんを見ても、その日の私は、不思議と、怒りも、絶望も、諦めも、悲しみも感じませんでした。






大丈夫、大丈夫、心配ないよ


どうしてわかる?


お母さんがちゃんとしてあげるから、大丈夫


そう、それならいいけど



夜間せん妄中のヒロくんと、ちゃんと話が通じる事にちょっと感激しました。



これはだれ?



お母さんだよ



私が誰だか分らなくなってしまった夫と、深夜にこんな会話をしている自分が不思議でした。



恐れる事はない、絶望する事はない、ちゃんと話せば、通じる。



おかしいな?今夜はどうしてこんなに良い位置に心があるんだろうか?



恐怖も怒りも湧いてこないで、悲しみも感じないで、絶望に塗りたくられた諦めの心境でもなく、ただただ、不安の中に居るヒロくんを、落ち着かせてあげようと冷静に話をしている自分がいたのです。






「夜間せん妄」って・・・・・違う。





目が覚めたら、知らないところにいて、知らない人がいて、誰かに助けてもらおうと思っても、誰も助けてくれなくて、だから怖くて不安で泣きそうで、そこに居る人が「自分の味方」でなければ、自分の身を守るためにその人を倒さなくてはならない。



深夜にヒロくんがはまってしまう落とし穴は、そんな所なのかもしれない。



だから、ヒロくんの行動は、ちっともおかしくない。



ヒロくんにとっては、自分を守る為の当然の行為なのです。



それを、数で勝っている「普通の人」の基準で仕分けすると、「夜間せん妄」となってしまう。





ほんの20分で、ヒロくんは落ち着きを取り戻し、「すみませんでした」と頭を下げて、もう一度眠りに着きました。




朝、寝坊した私が目を覚ますと、とても穏やかな顔をした「ヒロくん」がそこにいました。



そして、彼はもう一度「すみませんでした」と言いました。



まさか、昨夜の事を覚えているのだろうか?




そのまま穏やかな時間は続き、朝ごはんを食べながらTVを見ていたヒロくんは、「あ、おとうさん」と言って、笑いました。



久しぶりの笑顔でした。



とってもいい笑顔です。



TVには、落語の円楽さんの昔の写真、学生服を着ている写真が映し出されていました。



似ている!ヒロくんの学生時代の顔に、似ている!



本当に、「あ、おとうさん」なのでした。













コメント

momoさんお疲れさまです

私が申し上げるのもおこがましいですが、
あの時の修羅場を潜り抜けて、本当にたくましくなったmomoさんがいますね。

介護の先輩に言われます。
そんなの大したことじゃないから。もっとすごい人いるのよ。そのうち慣れるわよって。
どーんと構えていらして、尊敬です。

恥ずかしながら、落ちこぼれの私は、慣れる前に心身共にギブアップでした。
急性期には、お友達やおまわりさんに救いを求めて助けてもらったこともあります。
今でも、先輩方のようには頑張れてないけど、私の介護は、私ができる介護でいい…
なんて…普通に思えるようになりました。
私も生きて行かなければいけないですから…。

この病の介護の困難さは、お薬が効いて少し落ち着いてくれたと思っても、
また何ヶ月かで調整が必要になってしまうことですね。
夫は、大学病院で何人か主治医が変わっていますが、
アリセプトは、飲んでいたほうがよいと、どの医師もおっしゃいましたので、
今も飲んでいます。
4年半前5mgから10mgに増えましたが、あまりよくなくて2年前に5mgに戻りました。
これも、個人差があるから何とも言えません。

急性期がとにかく大変で、皆様ご苦労なさいますね。
でも過ぎたらグンとまた進んでしまいます。
悲しい病です。

それでも、今、夫は一生懸命生きています。
頑張って、歌って、体操して、歩こう!
明日は、もっとたくさん、やりましょう!の声かけに
大きくうなずいてくれました。
小さな目標ですが、やる気満々です。

結末など、考えられません。

colorsさん、

歌って、体操して、歩いて・・・・明日はもっとたくさん!

夫婦二人揃って、同じ明日の目標を確認し合える。泣けてくるくらい素敵なお二人です。

どんなに小さくたって、二人が同じ明日を目指す事ができるほど素晴らしい事はないですね。

そう言えば、私は、あまり「明日」を考えた事がなかったです。「今」を乗り切る事だけに精一杯で、夫と二人の「明日」を考えるゆとりは、今はありません。

この時期がもう少し落ち着いて、また、二人の「明日」に思いを巡らす事が出来る日が来るかもしれないと思うと、励みになります。

その頃は、また、今とは違った悩み、苦しみもあるのでしょうけれど、その時はその時ですね。

colorsさんからは、いつも「希望」を教えて頂いてます。

今晩は!

momoさんは、きっと、今もかなりお疲れなのだと思います。
休んでも解放されていないのだと思います。
何も気にしないで休めたら、どんなによいでしょうね。

夫が急性期の時は、24時間気を使い配慮しても、
なかなか受け入れてもらえませんでした。
今は、何をしてあげても大喜びしてくれます。
できないことは増えますが、気持ちが通じると救われます。

私は弱いので、やはり、先のことを考えることからまだ逃げています。
でも、すぐ先の明日なら、希望をもつことができます。

介護をしている方は、皆さんやさしいです。
他の患者さまのご家族で、素敵な方々との出会い多く、
いっぱい励ましていただきました。
夫も気にかけていただくとうれしいらしく、
新しいお顔でも覚えます。

病進んでも、こわいことだけではありませんよ。

こんばんわ!

最近は、いろいろあっても、昨年よりはましだわ、と思えて、あまり大変だと思わなくなってきました。

でも、それは私の中に免疫が出来ただけで、大変さそのものがなくなったわけではないので、無意識の疲れが重なっているだろうと思います。

実際、主人がいる時は、100%向かい合っていないといけないし、寝返りを打つ気配だけで目が覚めてしまいます。

この間主人が泊まりの日には、12時間寝てしまって、我ながらびっくりしました。

自分では、昨年より、心身ともにずっと元気だと思っているのですが、やはり疲れが蓄積しているのでしょうね。



この次の段階に入ると、眉間の皺は消えるのでしょうか?出来なくなる事が増えても、本人の苦しみはなくなるのでしょうか?それが一番知りたいです。

今日は、夕方「こんなになっちゃって・・・」と悲しそうに言うので、切なくなりました。

苦しみ

夫も入院前、何にもわからないよ~何にもできないよ~とよく言っていました。
苦しすぎて人格が変わって行きました。
壮絶すぎました。
その時に比べれば、今は、はるかに苦しみに鈍感になっていると思います。

お医者様でも一番なりたくない病気になったのですから、
神様が十分苦しんだからそれ以上はもう苦しまないでと
救ってくれたのかもしれません。

今も全く苦しくないわけではないと思います。
病の人だけでなく、生きていれば、みんなそれぞれ抱えていることあり、
苦しいことがたくさんあります。
苦しみが伴うのは、生きている限り当たり前のことです。

苦しみ痛みの感じ方も、もともと個人差があります。
でも、苦しい痛いと訴えるのは悪いことではありません。
心の内に押し込めることのほうが、よくないです。

ヒロさんは、momoさんだからこそ、弱気な所が見せられるのです。
苦しみを訴えたら、抱きしめてあげてください。
長年連れ添ったmomoさんにしかできません。
苦しみを受け止めてくれる奥様がいらっしゃるのだから、
ヒロさんは幸せです。

人はみな、心に寄り添う人さえいてくれたら、
苦しみを乗り越えることができるのではないでしょうか。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |