FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

5月29日に、リフレックスと言う新しい薬を飲み始めてから、比較的順調だったヒロくんですが。

朝まで熟睡、と言う奇跡の様な晩は、めったにありませんが、それでも、あの「怒り」は収まっていました。


それなら御の字です。


夜中に目を覚ましても、大抵はトイレに行って、立ったまま一人でオシッコをすると、そのまま又眠ってくれます。


時々は、しばらく部屋の中の徘徊を楽しむ事もありますが、とにかく変身さえしなければ、平和な夜と言えるのです。


リフレックスと言う、名前からして落ち着きそうなこの薬の効果が、出来るだけ長く続いてくれますように、と、祈るのみでした。





昨日は、夕方デイから戻ってきた後、久しぶりにお気に入りのダイエーに行きました。


ヒロくんは、以前のマイブームだった頃と同じ様に、ブルーとグリーン系のものを手にとって、「これいいねぇ」と嬉しそうな顔をします。


私は、「良いねぇ。じゃあ買おうね。これも?良いよ。買おうね。」と、何でもかんでも買ってあげると言う、優しい奥さんを演じていました。


もちろん、いくら買ってもお金のかからないエア買い物です。


買おうね、と言って、手にとっては元に位置に戻す。


でも、昨年と比べて、品物を元の位置に戻す時に、ヒロくんに見つからないようにしよう、と言う気を使わなくて良くなっている事に気がつきました。


私が、何をどうしても、分らないのです。


ヒロくんには、「いいよ。買おうね。」と言う優しい言葉だけで充分だったのです。


こんな小さな所にも、病の進行を見せつけられます。


でも、「あ~、よかった。」と言うヒロくんの嬉しそうな顔が見られたので、それで充分です。


このところ、自分から「ダイエーいこう」と言わなくなっていたので、久しぶりのお買い物でしたが、出かけてよかったと心から思いました。





夕食後は、以前のヒロくんが大好きだったお笑いの番組があります。


多分、今はもう、見ても興味を示す事はないだろうと思いましたが、一応「今日は、お父さんの大好きなテレビするから一緒に見ようね」と言って、食後のひと時を過ごす事にしました。


TVが始まって、最初の15分ほど、奇跡が起こりました。




笑ったのです!



面白そうに!楽しそうに!!声をあげて!!!




私は、目の前の笑顔の夫にカメラを向け続けました。


DSC02362.jpg





久しぶりに見せてくれた「笑顔」だから、しっかり記録しておかなくては。



もしかしたら、人生最後の「笑顔」になる可能性だってあるのだから・・・・・



でも・・・・やっぱり、その奇跡の時間は、ほんのちょっとで終ってしまいました。



直ぐにTVを見ることに疲れたヒロくんは、立ち上がってうろうろし始めました。



なんだ・・・・がっかり・・・・



分かっていたけど、やっぱり、がっかり・・・・



この番組が終るまでずっと奇跡が続くと言う、あり得ない期待していた私は、とてもがっかりしてしまいました。



余計な期待は、余計な失望を招きます。



仕方がない、そんなに良いことが続くわけないんだから、笑顔が見られただけで充分だと思わなくてはいけないわ。





そして、眠りに着いたヒロくんでしたが、眠り際の私の失望が伝わったのかどうかは分りませんが、また・・・・・変身復活です。



0時半にトイレに行って、そこから1時間半、徘徊を楽しんで再び眠りに着いた彼は、次は3時半に目を覚ましました。



また、トイレに行った後、しばらくは普通にウロウロしているだけでしたが、だんだんと「怒り」が加わってきました。




あ~あ、本当に、ガッカリです。




今日の彼の敵は、トイレ前の壁の向こう側にいる様でした。



開くはずが無い壁を一生懸命開け様と努力し、結果、



おい、おい、ちょと~、ちょっとぉ~



と、空間に助けを求めます。



私にはもう、誠心誠意、敵に相対する気力はありませんでした。




どうしたの?大丈夫だよ。



と、ベッドの上から声をかけてみると、彼は、敵発見とばかりに、殴りかかってきました。








ころすぞ!







流石に、背筋に戦慄が走る台詞ではありませんか・・・・




ふん、殺せるもんなら殺してみなよ、なんて言ってしまえば、ますます事態は悪くなるので、私は居なくなる事にしました。



布団の中にもぐりこんで、彼の視界から消えました。



布団の中には、もちろんメグちゃんが丸くなって私を待っていてくれます。



もう、訳の分らない人は放って置いて、メグちゃんと二人で寝よう。



敵を見失った彼は、また壁の向こうの見えざる敵に向かって行きました。



どんどん、と平手で壁を叩く音が響きます。





おれをころすのか?





今夜の彼の頭の中は、生きるか死ぬかの修羅場が繰り広げられているのでしょうか・・・・かわいそうに。





本当に・・・・・







かわいそうに・・・・・






彼の窮地を救ったのは、だんだんと明るくなってきた外の空気と、いつものカップラーメンでした。





それにしても、笑ったり怒ったり、感情表現が激しい一日でした。



DSC02366.jpg




あ~、朝から・・・疲れた。









コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |