FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

昨日は敬老の日でした。長い人生を生きてこられた大先輩方には、ただそれだけで尊敬の気持ちが湧き上がって来ます。 Nホームさんでも、恒例の敬老会が行われました。


「お昼は、お重だったので沢山食べられました。」
「午後はハーモニカ演奏があって、一緒に歌ったりして楽しく過ごされました。」

夕方、送り届けて下さった若いお姉さんから笑顔でご報告です。車から降りてきたヒロくんもいつも通りご機嫌です。

「ありがとうございました。」とお姉さんにお礼を述べて、ヒロくんにも「良かったね。」と声を掛けて家に入りました。

持ち帰ったバッグの中を整理すると、中からは可愛い手作りのカレンダーと紅白饅頭が入った小さな箱が出てきました。

わあ~、美味しそうなお饅頭!とまずは単純に喜んだものの、同時にやや複雑な思いが湧き上がって来ました。

お饅頭の箱には「祝敬老」の熨斗が可愛らしく付けられています。

祝!!敬老!・・・・・う~ん、ヒロくんはまだ50代・・・・


ホームの皆さんは平均年齢80?歳、正に敬老。ここまで重ねてこられたそれぞれの人生に心から敬意を表します。生きて行くって、本当に大変な事ですものねぇ・・・

確かに、ヒロくんも皆様と同じくホームの利用者であり、一緒に祝って頂いただけなので、素直に喜べば良いのだと思いつつ・・・・・

明らかにヒロくんより年上の職員さんも居られたりして・・・・

おじいちゃんおばあちゃんの輪の中で嬉しそうに過ごしているヒロくんを想像するとちょっと泣けてきたり・・・・・

若年性とは何て過酷な病なんだと、改めて現実を突きつけられる思いです。

若年性専門のホームは、今は北海道に一つあるだけと聞きました。ネットをうろうろしてみると、直ぐにでもお友達になれそうな方々が沢山居られるのに、近辺でホーム探しをしていた時には「お友達」に出会う事はありませんでした。

若年性か・・・・・

若年性ねぇ・・・・・

「祝敬老」の一枚の熨斗で、しばし物思いに耽ってしまったのは、夕暮れが早くなった秋の始まりのせいだけではなさそうです。

まあ、

熨斗が付いていてもいなくても、そんな事はいっこうにお構い無しのヒロくんの無邪気な笑顔を見ていると、私の想いなど取るに足らぬ事の様にも思えてきます・・・・

忘れましょう、この件は。お饅頭も美味しかった事だし・・・


でも、

もし、

介護施設に関わっておられる方が、たまたまこれをお読み下さっていたら、来年の敬老会では、

是非、是非、


若年性の方には、熨斗をつけないお饅頭を・・・・・

コメント

初めてブログ拝見させていただきました。熨斗のこと、普段認知症の人のケアにかかわっている一人として、重く、重く受け止めました。本当に感謝です。

Kazuさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

先日、TVで小規模多機能ホームの現状を放映していたのを見ました。こんなにも家族の実情に対応して頂ける事に、利用者としては感謝、と言うより生きる望み、お世話になれるから生きて行ける、と言うのが正直な気持ちです。

365日、24時間の対応は、経営的にも本当に大変な事だと、TVを見ていて更に良く分かりました。

ますます高齢化が進み、介護現場が大変になってくると思われる現状では、私達利用者も、無理を言わない、甘えない、を忘れてはいけないと思いました。

些細な熨斗の件で、わざわざコメントを頂いて、恐縮です。お仕事頑張ってくださいね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |