FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

笑顔で帰って行かれたMさんご夫婦を、複雑な心境でお見送りした数日後の事。

ヒロくんあてに、一通のメールが届きました。


Mさんからです。


そこには、先日の突然の来訪で、奥さんと会えて懐かしかった事から始まり、自身の近況や共通の友人たちの消息などが記され、次の集まりの時には連絡するから、是非出てきて下さい、と書かれて、締めくくられていました。


昔の友達との交流が妙に懐かしく、同窓会などが盛んに企画される団塊の世代です。


このままでは、必ず近いうちにお誘いの連絡があるでしょう。


そんな空しい労力をMさんに使って頂くのも申し訳ないし、行ける訳が無い連絡を受け取るのは、私にとっても、夫の病気を殊更強調させるので、出来るならば、貰いたくありません。



貰わないためには、貰いたくない理由を説明しなければなりません。



どうしようかなぁ・・・・・・



どんな風にお返事したら、ヒロくん本人が傷つかず(その意識は持てないけど)、Mさんの驚きと戸惑いを最小限に抑えられるか?



一生懸命それを考えている風を装いながら、実は私が一番考えているのは、自分自身の心の落しどころをどうやって見つけるかでした。



どうしようかなぁ・・・・・



何て言おうかなぁ・・・・・



このままメールに気がつかなかった事にしようか・・・・・



ダメダメ、どうせまた何らかのお誘いがあるし、事態の先送りは、ますます自分を追い込むだけだわ。



でもねぇ・・・・・



Mさんご夫妻、びっくりするだろうなぁ・・・・



最近、TVでも良く話題になっているし、映画も公開されたから、大抵の人は「若年性アルツハイマー」が何であるか知っているはず。



「世界で一番罹りたくない病気」って、事で。



3万人はいると言われているけど、昔の友人が、「若年性アルツハイマー」だって、告白されたら、そりゃもう絶句するしかないでしょう。



どうしようかなぁ・・・・・・



Mさんに、「慰めの言葉」を探してもらうのも悪いし。



大体、そんなもん、何処を探しても決して出てこないのだから。



そして、どんな言葉をかけられても、何の解決にもならないのだから。




う~ん、どうしようかなぁ・・・・・







ねえ、ヒロくん、どうしたら良いと思う?



考えてよ。



Mさんは、ヒロくんの友達でしょ。



私の友達じゃないもん。



ヒロくんが、決めてよ。昔みたいに・・・・




前は、何でも決めてくれてたじゃないの。




ねえ、聞いてる?










ふぅ~・・・・・返事してくれる訳ないよね。





よし!決めた。




私は、Mさんにお返事を書くためにPCに向かいました。




先日の、懐かしく楽しかった時間の御礼と共に、実は夫は数年前から体調を崩していて、同窓会などには残念ながら出席できないので、連絡の気遣いをしないで欲しいと言うお願いを記しました。



そして、元気になったら本人からまた連絡すると思います、と書いてメールを締めくくりました。



何て空々しい文章。



元気になったら・・・・だって、



バカじゃないの?



元気になる訳ないじゃないの。



このまま一生かけてどんどん悪くなっていくだけの病気なのに。



たった今が一番良くて、次の瞬間には一歩階段を降りる事が分っているのに。



元気になったら・・・・・・だって、



大馬鹿だわ・・・・まったく。










「若年性アルツハイマー」に冒されてしまった、とは、どうしても書けなかった。



どうしても。




書けなかった理由?




一杯あります。




色んな想いが山ほどあります。




でも、それを上手く説明する事が出来ません。







だから・・・・・・



「書きたくなかったから、書かなかった。」




いつも、この短文で片付けてしまう事になるのです。



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |