FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

伝達

あ~あ、また突然戻ってきちゃったわ・・・・・



ヒロくんがデイから帰ってくる時、事務所にいる私に電話をしてもらうよう頼んであります。



なぜかと言うと、戻ってくる10分ほどの間に、私は人格の入れ替えをしなくてはならないからです。



夫の事などすっかり忘れて、大好きな仕事に専念している第四人格から、甲斐甲斐しく夫の介護をする第一人格に変身しなくてはならないのです。



もう一つの大きな理由は、帰ってきた時に、私が家に居ないと、ヒロくんは間違いなくパニックを起こしてしまうからです。



あの、幼児の様におろおろしている60歳の夫の姿を見たくないのが本音です。



家に戻ってきて、お母さんが居なかった幼子の様に今にも泣き出しそうな彼の顔は、決して可愛くもなく、愛情が掻き立てられるものでもありません。



ただ・・・はぁ~、と言う深いため息が出てくるだけです。



事務所で、楽しくやりがいを持って仕事をしている第四人格の私は、そんな彼を受け入れる心のゆとりは持ち合わせていないのです。



だから、私は、彼が戻ってくる前に必ず、元の人格に戻って家に居よう、そう決めているのです。




「帰る前にTELして頂けますか。」



春頃にケアマネさんにお願いした、この言葉の中には、実はそんな切実な思いが入っていたのですが、残念ながら、そこまで切迫した心で居ると言う事は伝わらなかったのかも知れません。



いえ、大抵はちゃんとTELがかかって来ます。だから、私は、仕事場を離れてヒロくんを迎える心準備をして家に戻ります。



でも、時々は、TELがないまま、突然戻って来ることがあります。



忘れていたとか、気がついたらもう着いていたとか、理由は様々あるようです。



確かに、運転途中でTELしようと思っても、中々チャンスが無いままに、気がついたら到着していた、と言うのもありそうな事です。



まして、沢山の利用者さんの相手をしなくてはならない職員さんだから、うっかり忘れたりなどと言う事も大いにありだと思います。



人間ですもの。完璧な人などいません。



でも、うっかり忘れてしまう職員さんは、私が、60歳の夫の情けない顔をどんな思いで眺めているかは、分らないだろうと思います。



まして、人格を入れ替えて、夫の帰宅に備えている事などは、想像の範囲外かもしれません。






何度目かの時、私は思い切って言って見ました。



たまたま、その時TELを忘れて、ヒロくんを情けない顔に仕立て上げたのが、ケアマネさんに次ぐ、No2のお兄さんだったからです。



あの~、帰る前に必ずTELして頂けますか?帰ってきた時に私が居ないと、とてもご機嫌が悪くなって後が大変なんですよ。

もし、ここまで来てしまったら、坂の上からでも良いのでTELして下さい。5分で戻りますから。



いつも申し訳なさそうなしゃべり方のお兄さんは、ますます申し訳なさそうに、


あ~、すみません。必ず電話するようにします。申し訳ありません。

あの、他の職員はどうですか?ちゃんと電話をしていますか?



え?ええ、ええ・・・まあ、大抵はして頂いてますけど、たま~に忘れられる事もありますけど・・・


そうですか、申し訳ありません。職員に徹底して、必ず電話をするようにします。


すみませんね。よろしくお願いします。






こんな会話をしたのが、何日前だったかな・・・・・?



これで、多分大丈夫なはず。それ以来、毎日4時頃に、必ずTELがかかって来るので、私はヒロくんを迎える心準備をして、家に戻っているのです。






ところが・・・・昨日。






ギャー・・・・また、また、情けない顔をしたヒロくんが、運転手のおじさんに腕を取られて直ぐそこに立っているではありませんか。




ちょっとぉ・・・いい加減にしてよ!



と、心の中でつぶやく、第四人格を急いで眠らせました。




電話が無いから、おかしいなって思ってたんですよ。



おじさんのニコニコした顔を見たら、これだけ言うのがやっとでした。




いや~、4時15分位だったら居るかなと思ってね。連絡の番号、持ってないんですよ。



おじさんは、本当にニコニコしています。




おじさんには罪は無いのです。おじさんは、運転手として雇われている方で、ヘルパーさんではないのです。



きっとまた、ヒロくんがご機嫌斜めになったので、大好きなこのおじさんが、マンツーマンで送ってくれる事になったのでしょう。




仕方ないか・・・・・完璧な仕事を期待しては、関係がギスギスしてしまうからね。






息子に話すと、彼は言いました。



「仕方ないね。人間が5人以上いたら、全ての人に徹底して伝達する事は不可能だよ。うちだってそうじゃない。」



うん、もっともだ。




と、妙に納得しつつ・・・・あ~、やっぱりこいつ(息子)も、私の心のうちを分っていないな、と思った母でありました。








DSC02367.jpg




DSC02365.jpg

コメント

私なら、帰宅時間は大体決まってるんだから、
電話がかかってから行動を起こすのではなく、
帰宅予定時間帯の前に、家に戻って待機します。

人を当てにして、当てが外れてガッカリするより
相手に期待しないで、自分で行動します。

きっと、先方も「帰る時間は大体決まってるんだから、
その辺りに家に居てくれればいいのに…」と思っているのでは?

確かに、息子さんのおっしゃる通り「伝達の完璧さ」
また、伝達されていても「実行の完璧さ」を求めるのは、きっと無理なのでは・・・

生意気言ってごめんなさい。私も同じ想いを経験した事があるので…

確かに、

仰るとおりですね!自分が、先に帰る事に決めていれば、「電話を待つ」と言う行為、「遅いけどひょっとして忘れられてる?」と言う心配、どちらもなくなりますものね。

明日から、先に戻っていることにします!ありがとうございました!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |