FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ここ数年、毎年がん検診を受けています。私が、です。



何はなくても健康だけが取り柄だった私は、お産以外は入院した事もないし、病院とは縁のない暮らしをしてきました。



でも、50を過ぎた頃から、だんだんと自分の健康にも確信がもてなくなり、また、絶対に死んではならない理由も出来てしまったので、とりあえず、がん検診だけは受ける事にしたのです。



早期発見に越した事はないと思うからです。



また、父も母も、ガンに罹った事があるので、自分もいつかはガンになるのでは、と言う心配もあります。



先日、今年の検診の結果が送られてきました。



封を切る時には、ちょっとドキドキです。




「異常なし」の文字が見えました。良かった。これでこの先一年はきっと生きていられる。









ん?どこからか、奇妙な呟きが聞こえてきます。



なんだ、異常なしだったのか・・・・残念だね。ガンになったら休めるのに。今の、窒息しそうな生活から逃れられるのに。



出た!第三人格。



短絡的な、その場逃れの考えばかり思い浮かんでしまう、おぞましい人格です。



この人格を、私は「きょう子」と名付けています。漢字で書くならば、「恐子」または「凶子」です。





因みに、第二人格は、「れい子」。冷静の「冷子」冷徹の「冷子」



第四人格は、「ゆう子」。遊んでばかりの「遊子」または、何にも縛られない自由の「由子」です。



何か、小説書けそう。









それはさておき、私は「介護」と「ガン」の二つの言葉がリンクすると、友達のさっちゃんを思い出します。



さっちゃんはね、寝たきりのお義母さんの介護をしていました。



ご主人には、お兄さんもお姉さんも居られるので、末っ子だったご主人と結婚した時は、ご両親との同居は全く考えていなかったそうです。



でも、どこの家にも「諸般の事情」と言うものが存在し、寝たきりのお義母さんのお世話は、さっちゃんの仕事となりました。



なにより、お義母さんが、「さっちゃん、さっちゃん」と言って、何をするにもさっちゃんじゃないとイヤだと言われたのだそうです。



心優しいさっちゃんは、献身的に介護をしていました。



自宅で寝たきりのお義母さんを看なくてはならなかったので、外出も出来ず、唯一の楽しみといえば、お庭で花を育てる事位でした。



友人たちが集まる時は、お姉さんが留守番に来てくれることもありましたが、お義母さんは、実の娘よりもさっちゃんに傍に居てもらいたかったそうです。



嫁冥利に尽きると言えば、それはそうなのですが・・・・





そんなさっちゃんが、乳がんに罹ってしまいました。もう、10年近く前の話です。



今は、すっかり回復して元気になり、お義母さんのお見送りも無事に終えたさっちゃんが、ある時、介護していた頃を思い出しながら話してくれました。



ガンに罹って、入院してた時は、本当に楽しかったの。家の事も、おばあちゃんのお世話も、何にもしなくてもいいし、自分の事だけ気にしていればそれで良かったんだもの。

同じ病室の、同じ病気の友達とおしゃべりしたりして過ごすのが、凄く楽しかったの。



それを聞いた友人たちは、さっちゃんが過ごしてきた苦悩の時期に思いを馳せ、涙しました。ガンに罹って、楽しかった、って・・・・・・そんな人生もあるのだ、と。



さっちゃんの話には、続きがありました。



私が入院している間、おばあちゃんはお姉さんが預かってくれていたの。おばあちゃんは、さっちゃんの家に帰りたいって、そればっかり言ってたらしいのよ。さっちゃんは、ガンになってしまって、今入院してるから、元気になって退院するまで待っててね、って、一生懸命宥めてたんだって。


それでね・・・・私が・・・退院した・・・その日に・・・・おばあちゃん・・・・帰ってきたのよ。



辛かった当時を思い出して、さっちゃんは泣きました。



友達も皆、泣きました。







「介護」と「ガン」で思い出す、ちょっと切ない、さっちゃんのお話、でした。



DSC02651.jpg




コメント

初めまして

泣ける話ですね・・・
本人の希望とはいえ、
退院してその日に連れて来るお姉さんの
思いやりと感謝の無さに
悔し涙が90%になる私は
人間ができていないのでしょう。

私の家系は癌よりは心臓病家系です。
どちらが良いとは言えませんが
50歳を過ぎればいつどうなるかわかりません。
さっちゃん、治って本当に良かったです!

初めまして

さっちゃんのお話、現在進行形で泣けます。
私は自営業をしながら、同居の認知症の義母と
実家の父の介護をしています。
六月に体の半分がしびれ、脳梗塞といわれて入院しました。
大変な病名を告げられているのに、ただ入院しているのがうれしかった事!
おかげさまで、二週間で後遺症もなしで退院できましたが
しばらくは私はみれない!といったにもかかわらず、
一週間で姉たちが帰り、主人のいいがげんな介護で
弱り切った義母が待っていました!

さすがに『わかれよう!』と大げんかになりましたが、
入院に検査で甲状腺にしこりが有り、癌の可能性あり!と言う事でけんかは棚上げです。
でもだからなにがかわるものでもなく、甲状腺の癌は命にかかわらない。という説明が残念に思う私もいます。

なかなかみんな大変なときを過ごしていますね
私だけじゃないとおもって頑張りますが
お互いに無理には気をつけましょう。
(そんなの無理ですけどね)

サボさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

さっちゃんが凄いと思うのは、この泣ける話をしてくれたのが、全てが終って過去の事となってからだと言う事です。

渦中にあって、一番大変だった時には、多くを語らず、淡々とこなしていました。多分、一旦関を切ると止まらなくなってしまうからだったのかなと思います。

今は、とっても元気に暮しているので、私も嬉しいです。

健康にはくれぐれも気をつけましょう。また、お立ち寄りくださいね。

みみさん、

はじめまして。

現在進行形のお話、心にずしりと重く響きながら読ませて頂きました。

介護は、周りの多くの人たちの協力がなければ、とても出来るものではないと思います。

皆に協力してもらっても、メインの介護者の苦労は計り知れません。

まして、精神的肉体的負担が、自分一人にかかっていると思うと、「命に関らないという説明が残念に思う」と言う心境になるのも、分かるような気がします。

さっちゃんの家族は、ご主人と息子が二人です。女手がなかったと言うのも、現実的な介護の面で助けが得られなかったのかと思いますが、もっと辛いのは、家族の理解が得られない、自分の大変さを分ってくれなかった、と言うことだと泣いていました。

辛い現実ですね。何とか乗り越えられる事をお祈りする事しか出来ません。頑張って下さい!

さっちゃんみたいに、いつか笑える日が来ますように。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |