FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ゴミだしが、ヒロくんの仕事ではなくなってしまったのは、いつ頃からだったでしょうか。


生活そのものが、ゴミだしなんかに構ってられない状況だったので、知らず知らずの内に、私か息子が、さっさと出しに行く日々となっていました。



多分、今はもう、一人でゴミを出しに行く、と言う事は出来ないと思います。



「一緒に出しに行く」と言う行為をする必要性も、あまり感じなくなりました。



「自分もゴミを出しに行って、役に立っている」と言う自覚を持つ事はなさそうです。



今、ゴミに関るヒロくんの仕事は、私がゴミを出しに行くのを「見ている」事です。



ゴミ出してくるから、そこでメグちゃんと一緒に見ててね


と言うと、



うん



と、いいお返事が返ってきます。






ゴミ置き場の隣に、お寺があります。良く見かけるように、入り口の掲示板に、週替わりで格言が書かれているので、ゴミを置いた帰りに、それを眺めます。



いつも、とても良い事が書いてあり、なるほど、なるほど、と歩きながら軽く読み流します。



立ち止まって真剣に読むのは、それなりに疲れるからです。でも、先日書かれていた事は、私の心に大きく留まりました。




それは、



「戦場で、数万人の敵を負かすよりも、たった一人の己に勝つ事の方が難しい」



こんな意味でした。



心に大きく響いてきた訳は、その前日、私は己に大きく敗北を期していたからです。



疲れ、イライラの短期集中型プチ爆発です。



「おねがいします、おねがいします」と懇願する夫を、冷酷に切り捨てました。



鬼です。



わかっちゃいるけど、ダメ人間。結果が悪くなると分っているのに、自分が抑えられないダメ人間です。



きっと、三番目の人格が眠りから一時覚めたのだと、彼女のせいにしておきます。








お寺の和尚さんが、庭掃除をしておられました。



「おはようございます。良いこと書いてありますね。」



普通だったら、そんな言葉に始まり、ちょとした立ち話があるところですが、ヒロくんを待たせている私は、「おはようございます」の後の言葉を言わずに、足早に家に戻りました。



「ご近所さんと立ち話、井戸端会議」は、私の生活から消え去りました。



家に戻って、朝刊を開き、パラパラと眺めていると、再び、ある言葉が飛び込んできました。



今日は、いろんな言葉が心の中に入り込んで来るようです。きっと、己に敗北した為に、心の中に大きな穴が開いているからでしょう。



次に飛び込んできた言葉は、今年の4月に亡くなった作家井上ひさしさんの言葉でした。



「この世は涙の谷。あらかじめ苦しみや悲しみは備わっているけど、笑いは人間が自分自身の手でつくりださなければならない」



全くその通りだと思えます。



自由奔放に暮してきた若い頃、人生が楽しくて仕方がなかった時代もありましたが、今は、正に「涙の谷」を放浪しています。



この世に生を受けた事は、修行をする為に、神の手によって送り出されたのだと思います。



負けたくない。



自分の人生を終えた時、「ほら、私、勝ちましたわよ」と胸を張って、神様の元へ帰りたい。



だから・・・・・負けたくない。



そう、切実に思っているのに、己に打ち勝つ事がどれほど難しい事かを実感し、悲しくなったり、情けなくなったり、落ち込んだり、自暴自棄になったりしている私は、きっと「まだまだ修行が足りぬ」と一喝されることでしょう。



穴の開いた心の中に、ふと入ってきた二つの言葉。



立ち止まれ、己を振り返れ、との天の声だったのでしょうか。



そして・・・・



夜、何気なくつけていたTVから、またまた言葉が飛び込んできました。



岡田監督が、どうしたら勝てるか、と質問したサッカー少年に答えていた言葉です。



「簡単な事じゃないけど、下を向かない、明るさを忘れない、と言うことが大事なんだよ」



DSC02681.jpg


ありがとう、メグちゃん!




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |