FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

また、カテゴリに「夜間せん妄」を選はなければならなかった。


明け方の混乱が、顕著になってきたここ数日です。


言葉で落ち着かせることが出来る日もあれば、何をどう頑張ってみても、お手上げ、万事休すの日もあります。


昨年の秋ごろから現れた「夜間せん妄」



言葉には聞いていたけれど、初めて実体験した最初の頃は、あまりの驚きと恐怖と絶望に打ちのめされたものでしたが、人間の順応力と言うものはなんと素晴らしいものでしょうか。



この頃の私は、すっかりこの「夜間せん妄」にも慣れてしまい、どんどん増えてゆくカテゴリ「夜間せん妄」の文章を書きながらも、実際にはそんなに堪えていないのが現状です。



4時から30分ほど、時を過ごせば、大抵落ち着きます。



落ち着いたからと言って、本人が穏やかで生き生きした人生を取り戻せる訳ではないので、一くくりで考えれば、やっぱり、以前息子に言われた「生き地獄」を生きている事には変わりないのかもしれませんが。



激しいせん妄を披露してくれた終戦記念日の翌日は、やはり4時に目を覚ましたヒロくんの動向にドキドキしたものですが、魔法の言葉が通じて、荒れることなく朝を迎えることが出来ました。



一日おいた翌朝、やはり4時に目を覚ました彼の様子は、今までとちょっと違っていました。



前夜、離れて暮している息子が帰ってきていたこともあって、私は何とか荒れずに、大人しく朝を迎えて欲しいと念じ、混乱する彼に対して、小声で魔法の言葉をかけ続けました。



でも、もはや、「そんな段階」は通り過ぎたのかもしれません。



いつもの、「どうして、どうして」を繰り返しながら、私に掴みかかり、メグちゃんが我が家の天使であることすら忘れてしまっているようなので、私はメグちゃんを小脇に抱えて部屋の中を逃げ回らなくてはなりませんでした。



何をどうしても、何を言ってもなすすべなし。



彼は何度もベッドへ、そして床へとふらふらと倒れこんでしまいました。



倒れこんでは起き上がり、また倒れては立ち上がり・・・・その姿は、「あしたのジョー」のごとしです。



凄い根性ではありませんか。



何度目かのKOの後、息子が降りて来た時、私は助けを求めるような気分になり、言ってしまいました。



もう、ダメだわ・・・



後から、言わなければ良かったと思ったこの言葉ですが、目の前でジョー化した夫を見ていた私は、本当に「もうダメ」と言う思いに囚われていたのです。



私と息子が見守る中、



いえ、見守ると言うより、なすすべなく見ているだけの中、夫は、そして父親は、



たすけて~



と言いながら、床に倒れこみました。



いっそ、そのまま大人しく倒れたままで居て欲しいと思うのに、彼は再び立ち上がり、混乱は続きます。



「ゴメンネ、助けてあげられないの」私は、心の中だけでそう言いました。



さよなら



こう言って倒れこんだ時には、もしかしたらこの人、ふざけてるんじゃないかしら、子供が小さい頃、良くやっていた死んだ振りの悪ふざけ?



この期に及んで、何でこんな考えが頭をよぎったのか分かりません。



目の前の夫は、ふざけているわけでもなく、死んだ振りしてるわけでもありませんが、ただ、この瞬間「死にたい」のは、事実なのかもしれません。



でも、やっぱり、私から「さよなら」を返す事も出来ません。



こんな時、唯一の味方は、「時間」だけです。



時が過ぎれば、必ず落ち着く。嵐は過ぎ去る。この時間が永遠に続く事はない。



経験がそれを教えてくれました。唯一怖いのは、その時間の中に飲み込まれてしまう事。



嵐が過ぎ去るのを「待つ」事が出来なくなったとき、我が船体は沈没するのでしょう。



今回の大嵐は、一時間ほどで収まりました。




「緊急入院を頼もう」と言う、息子①


「赤ちゃんの夜泣きと同じ。身体が大きいから大変だけど。」と言う、息子②


「お母さんが決める以外にないよ」と言う、息子③


家族と言えども、思いはそれぞれです。



過去を振り返ってみて、一位タイとも言える様なせん妄を披露した夫は、「時間」に救われて、穏やかな表情になりました。



メグちゃんを連れて朝のお散歩に出かけました。





DSC02830.jpg



しっかりとした足取りで歩いている彼の後姿を見ていると、朝方、私の心の中に一瞬生じてしまった「もうダメ」が「まだまだ」に変わりました。




私だって・・・・・ヒロくんに負けず劣らず、あしたのジョーなんです。





DSC02852.jpg




DSC02854.jpg




DSC02853.jpg









コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |