FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

車から降りてきたヒロくんの姿は、何とも奇妙でした。 上は、着替えとして持たせていたストライプのカッターシャツを着ていますが、下は明らかに我が家の物ではない、白いジャージを穿いています。

しかも、丈が短くて膝位までしかありません。普通なら笑ってしまいそうなその格好を、残念ながら笑うことが出来ませんでした。

何か、やらかしたな・・・・と、思いましたが、とりあえず「おかえりなさ~い。」と声のトーンに気をつけながら言いました。

「今日は、トイレが何回か間に合わなくて、持たせて頂いた着替えが無くなってしまったので、ジャージをお貸ししてます。パンツは肌に着ける物なので貸し出しが無いので、○○○を穿いて貰ってます。ジャージのゴムがきついので、替えてあげて下さい。」

と、送迎のお姉さんがちょっと申し訳なさそうに説明をされました。

○○○が良く聞き取れなかったのですが、そこは流して、まあ何とも迷惑を掛けてしまったのだと思い、御礼を述べて家に入りました。

確かに、その白いジャージは、小柄なおばあさん向けに用意されているものらしく、ちょっとだけメタボが入りかけのヒロくんのお腹に、しっかりとゴムがくい込んでいます。

ここも、普通なら笑いが入るところですが、やはり笑いは湧き上がってきませんでした。

可哀相に、早く着替えなくっちゃ、脱いで脱いで、とヒロくんを急かし、言われるままにその白いジャージを脱いだヒロくんの姿を見て・・・・・



ガーン!ショック!!ショック!!!久々の衝撃です。


何と、ヒロくんは紙オムツをはかされているではありませんか。お姉さんが言った○○○は、「オムツ」だったのです。

確かに、パンツの替えが無くなって、代わりのものをホーム内で探すとしたら、オムツが登場する事はごく自然な事なのかもしれません。

分かってはいるけど、初めて見たヒロくんのオムツ姿が、あまりに悲しくて、

「これも脱いで!早く!」とちょっと怒った口調で言い、ヒロくんが素直に脱いだオムツを大急ぎでゴミ箱に捨てたものの、あ~これを息子が見たらまたまたショックだ、と思い、再び拾い上げて新聞紙に包んでからまた捨て直しました。あ~あ、本当に落ち込みます。

何れはオムツのお世話になる日が来る事は、覚悟しているつもりでしたが、何の心構えもないままその姿がいきなり登場しては、この現実を心の中で整理する事が出来ませんでした。


仕方ない、お年寄りのホームだもの・・・・紙オムツって普通に使われているのだもの・・・・・

でもねぇ・・・・TELしてくだされば、10分でパンツ宅配しましたのに・・・・・


59歳の夫のオムツ姿が、私の脳裏から消えるのに、少し時間が掛かりそうです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |