FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

とある病院の待合室での出来事です。


車椅子に乗ったおばあちゃんと、付き添いの娘さん、椅子を一つ空けて、私と同じ年くらいのおばさんが一人、そして、少し離れたところに私が座って、順番を待っていました。



静かな待合室で聞こえてくるのは、おばあちゃんと娘さんの会話だけです。


良い景色だねぇ


そうね


とんびが飛んでるよ


ほんとだ



和やかな母と娘の会話です。


でも、しばらく会話が続くうちに、私にはおばあちゃんが、認知症に罹っておられると言う事が分かりました。


あんた、美人だね、美人・美人


うん、ありがとう


しばらくして、


あんた、美人だね、美人・美人


お母さんも美人だよ


そうかい、美人・美人


おばあちゃんは、娘さんと話すだけでは飽き足らなかったのか、


一つ向こうの椅子に座っていた、おばさんにも、


あんた、美人だね、美人・美人


と、声をかけました。


美人と言われて、悪い気はしません。


おばさんは、ニコニコ笑顔を返しました。


しばらくして、おばあちゃんは、また、娘さんに向かって、


あんた、美人だね、美人、美人、


そして、おばさんにも、また、


あんたも美人だね、美人、美人




娘さんは、おばさんに向かって、小さな声で、スミマセン、と言いました。


私は、もし、おばさんが認知症に関して、全く知識がない人だったらどうしようか・・・


何度も何度も、ちょっと変なことを言って来る母娘に対して、むっとしたりしないだろうか・・・


などと、人事ながら気になりました。


でも、おばさんは、優しく、「いいんですよ」と言葉を返しました。


良かった。


もしかしたら、おばさんの身近な所にも、認知症の人がいるのかもしれません。





最初に順番が来たのは、娘さんでした。


診察を受ける必要があったのは、娘さんで、認知症のお母さんを置いてこれないので、一緒に連れてきたのでしょう。


娘さんは、「ここに座っててね」とおばあちゃんに言い置いて、診察室の中に入りました。


残されたおばあちゃんは、誰だか知らないおばさんに話しかけています。


美人だね、美人、美人


おばさんは、笑顔でお相手してあげています。


ふふ、ありがとうございます。お母さんも美人ですよ。


そうかい。親に感謝しないといけないよ。美人に生んでくれたんだから


そうですね。(お世話してくれてるのは)娘さんですよね


うん、ありがたいね。感謝感激だよ


ここで、おばあちゃん立ち上がって、ふらふらと歩き出そうとしました。


あ、ここに座ってたほうが良いですよ。娘さんが座ってて、って言われてましたからね。


そうだね、怒られちゃうからね


ううん、怒らないけど、心配されますからね


このおばさん、本当に上手です。


そうだね、よくしてくれるんだよ。感謝感激だよ


そうですね


感謝感激って言うと、娘は雨あられ、って言うんだよ、はははは・・・・・


聞いている私も、とても楽しくなりました。


娘さんは、なかなか診察室の中から出てきません。


おばあちゃんは、待ちくたびれたようで、隣のおばさんだけではなく、私に向かって、


そこの人も美人だね、美人・美人


と、言ってくれました。どうやらこのおばあちゃん、誰を見ても美人に見える様です。


私は、「ありがとうございます」と言葉を返し、その場はますます和やかな空気に包まれました。


おばさんと私は顔を見合わせて笑いました。


嬉しいですよね。そんなこと普段は誰にも言われないし


「ほんとですね」







こうして、おばあちゃんの美人攻撃のお陰で、退屈な待ち時間が和やかに過ぎてゆきました。


漸く出てきた娘さんは、「相手してもらってありがとうございました」とお礼を言って、おばあちゃんの車椅子を押して帰っていかれました。



美人、美人、って言ってくれる、とても明るいおばあちゃんとは言え、認知症の実の母親のお世話をする娘さんが、楽だとは思えませんが、否定的な言葉や眉間のしわよりは、救いがあるかもしれません。





あ~、うちの誰かさんも、たまには気を利かして、


びじんだねぇ・・・


って、言ってくれたら嬉しいのに。





bijinn.jpg



soukashira.jpg




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |