FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

金曜日の、お試しヘルパーさん、3回目です。



これまでの2回は、どちらも大好きなお姉さんだった事もあり、とてもご機嫌で過ごしてくれました。


今日は、ヒロくん独自のランキングでは、どの位に位置しているかは定かではありませんが、「大好き~!」には入っていないと思われるおばちゃんです。



でも、Yさんが人選して派遣して下さっているのだから、きっと大丈夫。




おばちゃんが、「よろしくお願いします」と言いながら家に入ってこられた時、夫の顔には、ちょっと戸惑いがありました。



大好きなお姉さんだった時には、両手を広げて、「まってたよ~」と言わんばかりの表情だったのに。





やっぱり、ダメかな・・・・・




不安そうに、私を目で追っているのが分かったけれど、「じゃあ、お仕事行ってくるからね」と言って、さっさとその場から消えてみました。



後は、プロに任せよう。何とでもしてくれるだろう、と思いながら。



2時間は、瞬きしている間に終わってしまうほどですが、この2時間があるおかげで、どれだけ精神的に救われている事でしょうか。



呼吸困難の最中に、酸素ボンベをプレゼントされた気分です。



私は、たっぷりと、でも慌しく酸素を肺に入れて、3時ちょうどに、家に戻りました。



さあ、どうなっているだろうか・・・・・



荒れて、今にも泣きそうな顔をしているだろうか・・・・・



怒りに燃えていたりしないだろうか・・・・



そんな思いを持ちながら、家に入った私が見た光景は・・・・・



ユーミンの曲に合わせて、楽しそうに歌って踊っている夫とおばちゃんの姿でした。



あらまあ・・・・なんて楽しそうな良い空気でしょう!



聞いてみると、初めの20分位は、つけておいたバカ殿様のDVDを見ていたけれど、出かけたそうにしたので、ドライブしてきた、戻ってCDをかけると、ご機嫌だった、との事。



良かった、良かった、大好きなお姉さんでなくても、ヘルパー派遣は、今回も成功です。




成功の理由は、おそらく、「独り占め」ではないかと想像します。



デイに行っている時は、大好きなお姉さんが居ても、他にも人が一杯居るし、なかなか自分一人だけに目を向けてもらうわけにはいかない。



ヘルパーさんが来ている時は、家、と言う認識をどれだけ持っているかは分からないけれど、一番落ち着く場所で、自分だけを見ていてくれる人と二人っきりで過ごす事が出来る。



ほんの2時間でも、完全に「独り占め」できる人と一緒にいる、と言うことが、夫の精神的安定の訳ではないかと思うのです。



それじゃあ、家で私と二人だけで過ごしている時間は「独り占め」ではないのか?



私は、違うんだと思います。



私は、夫と二人で居る時間、100%夫を見ているつもりでいても、家事をしながらだったり、夫の相手をしながらでも、頭の中にはいろんな事が去来しているのです。



目の前のこの人だけのために、今の自分の全てを賭けている訳ではないのです。



でも、ヘルパーさんは、そこに居る2時間の間は、この人の為だけに時間も心も使って下さっているのだと思います。



仕事だから当然と言えばそうなのだけど、この3回、夫が見せた嬉しそうな表情から、そんな事を思いました。




夫は、そこにいる人が、何か別のことを考えながら相手してくれているのか、全身全霊で見てくれているのか、敏感に感じ取っているのではないでしょうか。






そうしてあげられれば一番いいんだけどね・・・・・





夫が目の前にいるときは、邪念を払い、この人と一緒にいる、と言うことだけを楽しんでいられれば、きっと、もっともっと楽しそうな嬉しそうな顔をしてくれるのかもしれない。



そう、思いながら、私は今、夫がTVの方に顔を向けて大人しくしているのをこれ幸いと、ブログを書いている。



自分の精神的安定の為、なんて理屈をつけてね。





ま、いいか。




これが私の精一杯だもん。





hitorijime.jpg





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |