FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

息子が「見知らぬ若い男」になってしまってから、ずいぶん日にちが経ちます。

でも、最近、ふと思うのです。


本当に、「見知らぬ若い男」と思っているのだろうか?と。


食事時、夫の隣に座るのは、昔から一番お父さんに対して優しかった次男です。


まだまだ病気の初期の頃、仕事がらみのトラブルで、私や長男が、いっぱ~い、イライラを募らせていた頃にも、次男だけはお父さんに優しくしてくれていました。


口には出さねど、「お前は、仕事上の被害受けてないからだ。俺はどれだけ尻拭いしなくてはならないか」と言いたいだろう、長男の心情は、私には分かりすぎることでした。


言わせてもらえば、私だって、おかしくなりつつある社長さんのおかげで、どんなにどんなにどんな~に、大変な大変なたいへ~んな、思いをしてきたことか・・・・・もう、富士山よりもヒマラヤよりも宇宙よりもいっぱいに・・・・





まあ、今回はこの話はおいて置くとして、


優しい次男は、だんだんと色んな事が出来なくなる父親に対して、イライラもせず、怒りもせず、手助けしてくれていました。


役割分担したわけではないのに、食事時、父親の隣に座って、食べるものを取り分けてくれたり、気配りしてくれるのが、彼の役目となっていました。


だから、私は、彼が隣に座っている時は、夫から目を離すことが出来たのです。


ほんの些細な事ですが、私には大きな安らぎでした。


その次男が、いつの間にか「見知らぬ男」になってしまいました。


と、思っていました。


隣に座ると、とたんに機嫌が悪くなる。眉間にしわが寄って来る。


私は、複雑な気持ちです。


病気だから仕方がないと、皆が分かっているけど、それでも、「息子たちに申し訳ない」と言う思いが湧き上ってくるのです。


小さな子供じゃないから、大人の頭で理解しているから、と思うのだけど、「こんなお父さんで、ごめん」と言う思いを吹っ切ることが出来ません。




そして、自分が「見知らぬ男」になってしまって、そんな状況がしばらく続いた末に、次男は、父親の面倒を見るのを止めました。


自分が世話すればするほど、機嫌が悪くなるのが分かったからです。


世話の放棄、と言うより、刺激しない、放って置くのが良い、と言う方針の転換だと思います。


隣に座った「見知らぬ男」が自分に手を出さなくなって、ただ大人しく何か食べて、さっさと何処かへ行ってしまう、と言う状況がしばらく続いた後、だんだん、夫の拒否反応がなくなって来たような気がしました。


「こいつは誰だか分からないけど、害はないやつだ」


と、思ったのかもしれません。





先日の事、長男がドタバタと二階から降りてきたかと思うと、慌しく靴を履いて、出て行きました。


夫がまた、「見知らぬ男」を見ている気がしたので、私は試しに言ってみました。


誰だろうね?知らない人がいるね


すると、夫の反応は意外なものでした。


彼は、とたんに眉をしかめて、こう言いました。


そんなこと・・・


言葉はそれだけで終わりましたが、その表情から私には続きが想像できました。


「そんな事言うなよ。あれは、息子だろう」


私は、


あ~、そうだったね、ケンだったね


と答えました。なぜか、ややうろたえながら。




これが、正解なのか、全くの誤解なのか、永遠に分かりません。



大好きな次男に拒否反応を示したのも、もしかしたら、「見知らぬ男」だと思っているからではなく、息子に対する父親としてのプライドがあるからだろうか・・・・・・?


本来、守ってやるべき子供から、世話を受けなくてはならない自分が、情けなく惨めで、拒否しているのだろうか・・・・?


酒でも酌み交わしながら、対等に人生など語り合える相手である息子に対して、何一つ語れない自分のふがいなさを感じているのだろうか・・・・・・?


それとも、あまりに惨めな父親の姿が悲しくて、私が、無理に、カッコいい理由をこじつけているだけなのか・・・・・?



もう、な~んにも分からなくなってしまった・・が正解なのか?



永遠に答えの出ない疑問。


何年か、何十年か先、天国で夫と再会した時に、この答えを必ず教えてもらおう。





wakatteru.jpg



mutsukashii.jpg



kanngaetemo.jpg



oshiete.jpg



tenngoku.jpg







コメント

私も夫に聞きたい事がい~~~っぱいあります。
メモしておかないと忘れそう。

謝る事の方が多いかも。
momoさんはじめ皆さんのブログを読んでいると思慮がなく、呑気だった自分が情けなくなります。

今は謝れないから、向こう(天国かな?)に行ったら謝りたいです。
それまで「パパ、ごめんね。待っててね」

ベンジャミンさん、

こんにちは。書きかけのメールを下書きフォルダーにいれたままご無沙汰してしまいました。



天国で再会できたら、きっと質問攻めでしょうね。

あなたは、私のことが本当に分からなくなっていたの?

息子の顔も名前も忘れていたの?

毎日毎日行っていたデイは、楽しかった?

何で、私に殴りかかってきたの?



etc・・・・・・・・



そして、一番聞きたいのが、


幸せだった?


って言う事です。



最後の質問にイエスと答えてもらえるように、残された日々を生きていかなくてはなりません。

momoさんの返事は?

「僕にだってプライドが有るからね~、息子に食事の面倒を見てもらう分けにいかないよ。
 momoのあの時のうろたえようったら、可笑しくて、思わず吹出しそうになったよ。ハハハ」





「でも、最後まで良く面倒みてくれたね~
 ありがとう! momo 」


「僕は君に苦労のかけっぱなしだったけど、幸せな人生だったよ。」




ご主人はきっと、
天国でmomoさんに会ったら、両手を広げて再会を喜ばれるでしょう。


その時、momoさんの返事は?

momoさん、いつもありがとうございます。
「一人じゃありません。一緒に、頑張りましょう。」
のコメントが嬉しくて泣いてしまいました。


「アルジャーノンに花束を」という本を読んだことはありますか?
知的障害な青年が、薬で天才にまでなり、その後またもとの知能までもどってしまう話です。
パン工場で簡単な作業を仕事としていましたが、同僚にばかにされたりからかわれても、遊んでもらってると喜んでいたのが、知能が上がってくると、その虚しさ腹立たしさを覚え、見下したりしてきます。
その後、元の知能に戻る経過では、いたたまれない思いもしますが、また幼い知能ですが天真爛漫な青年に戻ったお話です。

母は今、いたたまれない段階です。本人にも辛い時期なんでしょう。この本の主人公のように天真爛漫になれればいいと思いますが、大人のプライドが残るのが認知症の難しいところなのでしょうか。。。。
「同じ服を着ているよ。」と指摘する電話をすると、「今、お客さんがきたから。」と電話を切る母は、なかなかでごわいです。(笑)

nonnkoさん

素晴らしい脚本を書いて頂いてありがとうございます。

本当に主人がそう言ってくれるのか、くれないのか、いくら考えても分からないので、ここは素直に受け入れる事にして、


お返事?


このドラマを感動的に仕上げるには、「大変だったけど、私も幸せだったわ」と言って、再会を喜んで抱き合う、ですよね。



でも、今の私は、腹が立つからそんな事言いません。



もう!私がどんなに大変だったか分かる?

どんどん、どんどん、おかしくなってくるし、話も通じなくなるし、何か聞いても、「分かった」って言うくせに、ちっとも分かってないし、


ねえ、どれだけ苦労したか分かる?


何回、殺してあげようと思ったか知ってる?


どんな思いで、階段の下で息を潜めていたか分かる?


こんな人生、二度と嫌だからね!


この大馬鹿やろう!!




って、まず言ってやります。



殴られた回数の10倍、殴り返してやります。



そして、夫に詫び状を100通位書いてもらって、それを読みながら、「でも、まあまあ幸せだったかな」って言うかどうか考えます。



なんて、恐ろしい・・・・鬼嫁。



あ~、せっかくのnonnkoさんの素敵な脚本が・・・・・・


パイナップルさん

「アルジャーノンに花束を」は、長男が高校生の時に読んで、面白かったと言うので、私も読んでみました。

懐かしい本を思い出させていただきました。

あれから15年ほど経って、まさか夫が、父親が、似たような境遇になるとは、当時は想像も出来ませんでした。

アルジャーノンは、結局、元のままの彼でしあわせだったのですね。

現状に幸せを感じられる者が、一番幸せ、と言うことでしょうか。

いたたまれない段階にいる時は、本人が辛いのはもちろんですが、周りのものも、どうしようもない辛さを抱えることになりますね。


天真爛漫な穏やかな日々が訪れる事を願いながらを一日一日を無事に過ごす日々です。頑張りましょう!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |