FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

呪文

魔法の呪文「大丈夫、大丈夫・・・・・・」



私は、この呪文を一日に何回も唱えます。




比較的穏やかに過ごせている日々ではありますが、だからと言って、夫の人生が、希望に満ちた明るいものになった訳ではありません。


再び、生きる意味を見つけられた訳でもなく、頼りがいのある夫に戻った訳でもありません。




落ち着いた穏やかな表情の時もあり、また、いい笑顔を見せてくれる時もたまにはあります。


楽しませることに長けているデイでは、冗談を言って笑ったりする事もあるそうです。


そんな良い時間の次に、急に不安に襲われる事があります。


この変わり目が謎です。


理由が、彼の頭の中にのみ存在するからです。


じっと目を瞑って座っていたかと思うと、突然立ち上がり、そわそわうろうろが始まる。







今、夫の人生の前面に出てきているのは、「不安」でしょうか。



世間で言われるように、「何もかも分からなくなって幸せ」の域には未だ達することなく、相変わらず「何もかも分からなくなる恐怖、不安」に怯えながら生きています。



さぞ、苦しいだろうと思います。



苦しい理由も分からないし、何が苦しいのかも分からないし、どうしてほしいのかも分からないし、苦しみを取り除いてくれる魔法など何処にもないし、それでいて、自ら命の決着をつけることも出来ないし、ただ、ただ、苦しさの中で生きていかなくてはならない人生。


何年も、こんな思いを抱えながら生きてきて、この先もまだ何年、この苦しみと共に生きていかなくてはならないのでしょうか?



先のことは何も分からない。



もしかしたら、ほんのちょっと先に「何もかも分からなくなる幸せ」があるのかもしれない・・・・・



多分、ないと思うけど。







そんな夫に対して、私が出来ることは、楽しく明るく元気そうに振舞う事。



何があっても動じない頼りになる「人」であるように見せること。



「人」と括弧書きにしたのは、もはや「妻」ではないからです。



彼の意識の中では、私は「妻」ではなく、誰か分からないけど、いつも傍にいる「人」だからです。



何が何だか分からない不安に怯えている彼にとって、傍にいる「人」が、同じ様に、不安に怯えていては、救いのかけらも見出せないからです。




だから・・・私はいつも唱えるのです。



大丈夫、大丈夫、ここは、お家だから大丈夫。


誰も嫌な人は居ないから大丈夫。


皆良い人ばっかりだから、大丈夫。


心配なことは何もないから大丈夫。


大丈夫、大丈夫・・・・・・









この呪文が通じて、表情が穏やかになる事もあれば、全く聞き入れられないで、不安から混乱へ移行してしまう事もあります。



そんな時、私はしばらく彼の視界から消えることにしています。



一人ぼっちになった夫は、迷子になった幼子の様な心細い表情で、あっちへうろうろこっちへうろうろします。



私は、頃合を見計らって、顔を出します。



お父さん、大丈夫だよ。お母さんがここに居るから大丈夫だよ



あ~よかった。



と、心底安堵の表情を浮かべる事があります。



そうなれば、大成功。



そうでなければ、お手上げ。



私の仮面の優しさも根気も、そんなに長くは続きません。



夫が「何もかも分からなくなる幸せ」に到達するのが先か、私の仮面が剥がれ落ちるのが先か・・・・・



日々、戦いです。





そして、私は今日もまた、魔法の呪文を唱え続けるのです。









大丈夫・・・・大丈夫・・・・・・






daijyoubu2.jpg








大丈夫・・・・・・・


















呪文を唱える訳?


それは、本当は、何もかもが大丈夫じゃないから。




大丈夫





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |