FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

大きな感動

日々の生活の中の小さな感動は、耳を澄ませば、そっと心に流れ込んで来ますが・・・・



心のど真ん中を震わせるような大きな感動は、予期せぬ時に突然やって来ます。




夫は、この所、ありがたいことに、随分落ち着いた時間が多くなりましたが、不安気にうろうろそわそわと歩き回る時間も沢山あります。



そんな時は、天使の声掛けも聞き入れてはもらえません。


美味しいお菓子も、温かいお茶も、座り心地の良い椅子も、何の役にも立たないのです。


私が出来るのは、不安が過ぎ去るまで、何もしないでじっと待つことだけです。


何が不安なのか、どうすれば良いのか、一番分からないのは、本人だと思います。


何もかも分からない不安、恐怖・・・漠然とそんなものを全身で感じているのではないでしょうか。


でも、不安は永遠には続きません。


最近は、長くても1時間ほどうろうろすると、夫は不安から解放されるようです。






先日のこと、


眉間に、悲しそうな皺・・・


そうです、最近の眉間の皺は、苦悩を刻む皺から、悲しみを湛える皺に変化してきました。



そんな眉間の皺を寄せて、しばらくうろうろした後、やっと、夫は私が勧めた椅子に座ってくれました。


歩き回っている時とは、表情が違うので、不安が過ぎ去った事が分かります。


私は、温かいお茶を二人分いれました。


夫は、それを美味しそうに飲んでくれました。



良かった。お父さんと一緒に、お茶が飲めて、幸せだわ。



私は、密かに恐れているせん妄に発展する事なく、夫が落ち着いてくれた安堵から、そう言いました。



お父さんはいてくれるだけでいいよ。いてくれるだけで幸せだよ。



ついでに、そう付け加えました。



あまり深く考えることなくそう言いました。



ほんの独り言のつもりです。





すると・・・・・









ありがとう








え?






予想していなかった言葉に、不意打ちを食らいました。








独り言のつもりだったのに・・・・・





私が言ったことを理解している・・・・・・




夫は、下顎が小刻みに震え、目には涙がうっすらとにじんでいます。


彼は、もっとしゃべろうとして、必死で、言葉を搾り出しました。








ほんとに






短い言葉でしたが、私には、それに続く声なき言葉が聞えてきました。



それから、私は夫と「会話」をしました。



こうして一緒にいられて幸せであること。


毎日、夕方帰ってきてくれて嬉しいこと。


一緒にお茶を飲めて嬉しいこと。


一緒にご飯が食べられて嬉しいこと。


今、ここでこの生活が出来ているのは、夫のおかげであること。



etc・・・・・・・・



言葉を発しているのは私一人ですが、夫の表情から、彼が私の言葉を理解し、それに無言の言葉で答えてくれている事が分かりました。



絶対に通じている。


そう確信できました。




そして、「会話」は発展して、仕事の話になりました。




会社は、子供たちがちゃんとやってくれているから、もう何も心配ないね。



私がそう言うと・・・・・





そうか





と言う言葉が返ってきました。


とても、重く、深い言い方でした。


そう答えた夫の表情は、壮年の息子に会社を譲り渡して安堵した、年老いた経営者の顔でした。


そうか・・・・の次に、


「漸くこれで俺も楽になれる、後は頼んだぞ。」


もし、夫が病気でなければ、10年か20年か30年後に、息子に言ったであろう言葉を聞いた様な気がしました。




仕事の事なんか、もうすっかり頭から消えてなくなっているだろう、会社の心配なんかしたことはないだろうと、ずっと思っていたことを、私は、心の中でそっと詫びました。






ありがとう


ほんとに


そうか




この短い言葉の後ろの、夫の深い深い想い・・・・・



今の私には、よく分かります。






029.jpg





コメント

涙が出て来ました。

今日の感動を有難うございます。

奇跡の時間

私は《奇跡の時間》と呼んでいました。
父が認知症で次第に混乱していくときにも終末期にも奇跡の時間は訪れました。夢中になって介護していた中のほんの一瞬ですが私の宝物です。ご褒美をもらえたと思ったものです。奇跡の時間はまだこれからもやってきますよ。楽しみに待っていてください。

わかりました

すごく分かりました。
momoさんの心の感動が伝わりました。
あぁなんて幸せなんだろうと!

ヒロさんの一言一言の重みもこれ以上ないプレゼントですね

ベンジャミンさん、みるふぃーゆさん、卯月さん

暖かいコメントありがとうございます。

こんな想いに共感して頂けて、この先も生きる勇気に繋がりました。

《奇跡の時間》・・・・素敵なネーミングですね。我が家も、これ頂きます。そして、これからもやってくる事、楽しみに待つことにします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |