FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

午後3時頃の事。事務所で仕事をしていると、ヒロくんが突然入ってきました。 え?今日もまたお泊りの日で、朝,嬉々としてお迎えの車に乗り込んで出かけて行ったのに・・・

何故?


これは、予期せぬトラブルでも勃発したか?心臓が止まりそうでした。
ここまで順調に来たのに、密かに恐れていた何かが発生したのか?


「ドライブで近くまで来たら、○○さんが是非行こうと言われたので、お寄りしました。」
と、ヒロくんの後ろから職員のお姉さんの笑顔が見えました。

あ~、そうだったの。良かった。


売店として使っている建物は、築160年の古民家で、色々な方が良く見学に来られます。
元気だった頃、ヒロくんはお客様に家の説明をして,中を案内する事が得意でした。

そして今、その頃と同じ様に、職員のお姉さん2人と一緒に来られたおばあちゃん2人を一生懸命案内しています。

口から出てくる言葉は、確かに解説を付けないとお姉さん達には通じませんでしたが、自分の城を案内するヒロくんの姿は、久しぶりに水を得た魚の様に見えました。

ちょっと前まではいつもこうだった。社交的で、活発で、人と接するのが大好きで、見学に来られたお客様に面白い説明をして笑わせていた。

私に頼りっきりの普段の姿とは違うヒロくんは、生き生きとしていました。一瞬、昔に戻った様な錯覚を覚えました。

介護認定を受けて、おばあちゃん達と一緒に施設に通っているヒロくん。これは夢。
長い間私が騙され続けてきた悪夢。

本当のヒロくんは、ここに居るじゃない。ほら、こうやって元気にお客様を案内しているじゃない。





「おやつの時間に間に合わないといけないから帰りましょう。」お姉さんの声がしました。

「○○さんは前に乗ってくださいね。」と言われて、助手席から乗り込んだヒロくんは・・・・
そのまま右へ腰をずらせ、運転席に座ってしまいました。

「あら~~○○さん、今度また運転してね。」とお姉さんが言って、皆で大笑いし・・・・


私が一瞬垣間見た夢ははかなくも消え去り、あっと言う間に現実に戻ってしまいました。

でも・・・一瞬だったけど、昔のヒロくんに会えて良かった。本当に良かった・・・・

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP |