FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

お嬢さん?

主治医診察日です。 今日からまた、新しい先生にかわります。


前の先生を夫は気に入っていた様なので、先生が変わる事に一抹の不安がありました。


特に、「今度は女の先生」と聞いていたからです。


今となっては、過去の話になりますが、日赤の「ひめちゃん」以来、どうも精神科の女医さんには苦手意識が拭えません。


そんな心配と共に恐る恐る入った診察室で出会った新しい先生でしたが、会った瞬間、「いい感じ」でした。


殆ど何にも分からない状態の患者にも、ちゃんと顔を見て笑顔で初対面の挨拶をしてくださいました。


そして、何より私が一番嬉しかったのは、しばらく先生の顔をじっと見ていた夫の表情が、ちょっとだけでしたが、柔らかく緩んだ事でした。


これなら大丈夫。


病院行きに、拒否が出る心配はなさそうです。


先生との相性が良いかどうかはかなり大きな問題なので、新しい先生が夫にとっても、また私自身にとっても「いい感じ」だったのは大きな安堵です。





先生は聞かれました。


普段のお家の様子を教えてください。一緒に暮らしているのは、お嬢さんと・・・?



「お嬢さん」と言う言葉に、一瞬戸惑いました。


家に、娘は居ないんだけどなぁ・・・・


そして、次の瞬間、先生の勘違いに、思わず笑えてしまったのです。



私・・・・家内です


あ~、そうですか



花粉のためにしていたマスクで、顔の上半分しか見えていなかった私が、若く見えたのか、それとも夫が年齢不相応に年取って見えたのかは不明です。





「お嬢さん」


このちょっと華やいだ言葉の響き



あまり明るい話題がない中、単純に、喜ぶ事にしましょう。






コメント

嬉しい話題

いい医師(夫に関わる大勢の方々を含め)との出会いは介護をしていく上に大きなウエイトを占めますよね。
相性もありましたけどね。
夫を看取って下さった医師は今、ボランティアで被災地に行かれているそうです。


どんな小さなことでも嬉しい事はいいです。
まして「お嬢さん」はいいですね。

私も何度か言われたことがあります。
前屈みの歩き方、車いすですものね。
「お父様?」って。年も5才離れていますしね。

「パパの娘と間違えられたのよ♪」
夫の返事は「バ~カ」

momoさんは大変な時でも若々しさが出ていられるのでしょう。
花粉症が落ち着いたらバッチリお化粧をして下さいね。

ベンジャミンさん

こんにちは。

ご主人様、「バ~カ」なんて、気の利いた素敵な言葉を返してくださったのですね。

バカでもアホでも良いから、会話が成り立ってくれたらどんなに嬉しいでしょうか。

明日も花粉情報は、真っ赤か。また、マスクで顔半分かくして、若々しく過ごしましょう。

余震も続いてます。どうぞお気をつけて。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |