FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

今年の春

気が付けば、さくらが散り始めています。



毎年、春の足音が聞こえ始める頃には、膨らんで来る蕾を数え、2分咲き、5分咲き、8分咲き・・・満開だ~と、春の到来に心躍るものでしたが、今年は、気が付くと花弁が、風に吹かれて、散り始めているではありませんか。


道端には土筆が背高く伸び、空にはウグイスの澄んだ鳴き声が響き渡り、気の早いこいのぼりが泳いでいます。


いつの間に、季節がこんなに進んでいたんだろう?



4月も半ばになり、大自然は毎年と同じ美しさを見せてくれているのに、その美しさを感じる心が例年とは少し違っている今年の春です。



春が来ると、毎年繰り返される色とりどりの美の競演は、大自然からの素敵な贈り物。


そして、人間が営々と築き上げたものを、いとも簡単にさらって行くのも大自然の仕業。




この春、私は何を見ていたんだろう。


心が定位置から離れて、ふわふわしている。


そんな感じです。


人間の優しさ、強さ、逞しさに、涙がこぼれます。


変わらず芽吹いてくれた草木に感動します。


それなのに、何もかもがめんどくさくて、脱力感に襲われています。




夫は、とてもおりこうさんになりました。


デイでは、穏やかに過ごしている様です。


この季節は、毎日の様にお花見に連れて行ってもらっています。


家でも、落ち着いています。


私にも、息子にも、拒否はありません。


眉間の皺もなくなりました。


大人しく座っている時間が増えました。


大地が揺れようが、さくらが咲き誇ろうが、それがどうした?と泰然としている夫。


ある意味、夫自身が一つの大自然になってしまった様な気もします。



このまま、夫と言う大地が、揺らぐ事無く安定したままで居られるとは思いませんが、今しばらく、落ち着いていてほしいものです。










コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |