FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

明日、病院へ行きます。


この一週間、いすがひっくり返らなかった日はほんの一日だけで、流石の私も、もう覚悟を決めました。


荒れ狂う夫の姿を見る事にも、空を切り裂くような男の悲鳴を聞く事にも、もう耐えられる神経がありません。


何より、本人が一番かわいそう。さぞ、苦しかろう、辛かろう。


家に居ること、私と過ごすことが、安らぎに繋がらないなら、別の道を探してあげるのが良いでしょう。


そして、父親に一番優しかった次男が、「お母さんは良くても、僕はもうむりだからね。」と宣言して、明日一緒に病院へ行くと言います。


付き添いなど一度もしてくれた事がないのに、一緒に行く理由はただ一つ。


また、母が気が変わると行けないから、自分が行って入院を頼んでくる、ただそれだけ。





夕方、泊まりから戻ってきた夫は、相変わらず家に入るのを拒否しました。


私は、顔を見せることをしないで、家の中からそっと様子を伺いました。


送って来てくれたおじさんに、何か言いながら、夫は家の中に入ろうとしません。


このままではおじさんが帰れないので、「大丈夫ですから、行ってください。」と言うと、おじさんは心配そうに帰って行きました。


その後、夫は一時間くらいデッキをうろうろうろうろ歩き回りました。


激しく荒れることはないけれど、険しい表情です。


連絡帳にも、2日間とも非常に激しく荒れた様子が書かれていました。




良かった。これで、迷いはない。もう決めよう。


ケアマネYさんとも話して、あまり先まで考えないで、とにかく今のこの状態だと入院して距離を置くのが良いでしょう、と言う事になり、私もそれしかないと心に決めました。












夫は、一時間ほどうろうろした後、靴のまま家に入って来ました。


私は、話しかけたりしない様にして、普通に家事をしていました。


いつの間にか、夫は自分の席に座りました。


今日の夕食は、さっき裏山で掘って来たばかりのタケノコです。


煮物、天ぷら、お吸い物、それに夫が大好きな春巻きもあります。


父との決別を決めた息子が戻ってきたので、一緒に食べ始めました。


「裏山で取ったタケノコ食べる?」


私は、初めて夫に話しかけました。


「はい」


彼はとても素直に返事してくれました。


そして、タケノコと春巻きを沢山、沢山、美味しそうに食べてくれました。


何だか、調子が良いぞ。


夕食後、CDに合わせて、手をたたき、一緒に歌うマネをしてふざけました。


私は笑いました。


笑っている私を見て、夫の顔が緩んで来ました。



ははは・・・・



ははははは・・・・・・



私たちは、顔を見合わせて笑いました。


笑ったのはいつ以来だったか、思い出せないほどです。


息子が二階から降りて来ました。


「今日は、いいの?」


明日、父親を入院させようとしている彼が聞きました。


「うん、笑ってたの。」


私は、どうだ、とばかりに答えました。


息子は何も言わずに外出しました。


そして、寝る前のオシッコも歯磨きも、とても素直に従ってくれて、つい先ほど、夫は大人しくベッドに横になりました。






さて、明日。





どうする?


013.jpg


コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |