FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

削除

夫の「出来ることリスト」には色んな事が書かれています。
実際にそんなリストを作っているわけではありませんが。


この世に生を受けて、「産声を上げること」が、一番に書きこまれたでしょうか。


それから、「息をすること、泣くこと、おっぱいを飲むこと」が追加され、その後成長と共にどんどん色んな事が書きこまれ、リストは膨大に膨れ上がってきました。


その中には、「やりがいのある仕事をすること」「家族を守ること」「好きな趣味に興じること」「行きたい所へ出かけること」など、当たり前と言えば当たり前の事が、山盛りに書きこまれてきました。


病気になってから、だんだんと出来る事が少なくなってきて、一行、また一行と削除されてゆきました。


どんどんどんどん削除され続け、最後には「息をすること」だけが残るのでしょうか。


夫だけが特別ではなく、この世に生を受けた者は、皆同じです。


ただ・・・・・削除のスピードがあまりにも早すぎる。


還暦をすぎたばかりの夫なのに、彼のリストは、色んな事が削除され続け、もう殆どが白紙になってしまいました。


今、残っているのは、「息をすること」「歩く事」「食べること」「排泄する事」「眠ること」「怒ること」「泣く事」「デイに行く事」


消えかけているけど「笑う事」もかろうじて残っているかな。


他にも何か残っているだろうか・・・・・


私が気がつかない、何かが残っていると嬉しいけど。


それにしても、随分沢山の行が削除された事。


61年分の長い長いリストは、白紙の部分が五月の空に泳ぐ鯉のぼりの様に、ひらひらとはためいている気がする。


そして、今、もう一行削除されようとしています。



「家族と共に、自分の家で過ごす事」



もしかしたら、一番消されたくない一行なのかもしれません。



そして、それを削除しようとしているのは・・・・・私。



夫が、過去には一番愛して、一番信頼を寄せてくれていたに違いない妻。



今、彼が言葉を話す事が出来たら、何て言うだろう。


「嫌だ、絶対に嫌だ。」


「もういいよ。もう充分。」





どちらとも分からないまま、今、の上に、カーソルを移動させた私です。



自分以外の人の人生を左右する決断。


削除は一瞬だけど、あまりにも重い。






015.jpg

コメント

こんばんは。
ここ数日の苦悩と迷いが、痛いほど伝わってきます。愛する人を病院に送る。それはどういう意味を持つのか。
私も、昨年、妻をグループホームに入れました。一人で世話をするのに限界を感じていたのと、このままでは二人とも倒れてしまうという、実感でした。最期まで看てやれないといううしろめたさと、申し訳なさでいっぱいでした。しかし今、数ヶ月経って、土日には会いに行ったり、ドライブに連れ出したりしていますが、お互いの平穏な生活と、さらなる愛情の深まりを感じています。施設に入れることは、見捨てることではないのだなあと思いました。大丈夫です。疲れを取って、もう一度ご主人を愛してあげてください。
また偉そうなことを言ってしまいました。申し訳ありません。

kentaさん

ありがとうございます。

私も、後に続きたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |