FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

今日は、面会に行かなかった。

昨日、病院で目にした光景があまりにショックだった。


個室が空いていなかったのだろうか、それとも目が届きやすいように、そこにベッドが置かれていたのだろうか。


看護ステーションの前の広い廊下に、そのベッドはあった。


もしかしたら、夫よりも若いかもしれない男性が横になっていた。


その男性は、ベッドに横になった状態で、両手を柵に縛られていた。


銀色の太目のベルトだ。


拘束の現場を始めて見た。


彼は、動かすことが出来る両足を精一杯持ち上げ、何か大きな声で叫んでいた。


誰も答えない。


歩き回る夫に付いて、その脇を何度も通った。


心が潰れそうだった。


その男性の直ぐ前には、車椅子に座ったおばあちゃんが居た。


おばあちゃんも、両手を縛り付けられていた。


やはり、同じ銀色のベルトだ。


傍を通る人に、「ちょっと、ちょっと」と呼びかけている。


「待っててくださいね」と看護師さんが答えている。


昼になった。


ベッドの上の男性は、背中だけ持ち上げて、座った角度にしてもらい、看護師さんに食べさせてもらっていた。


両手は縛られたままだった。


大きな口をあけて食べている。





この病棟の患者さんは、男性が多い。


それも、比較的若い人が多いように思える。


大抵の人は、穏やかな表情をしている。


普通にしゃべり、普通に笑っている人も一杯いる。


何も言わなければ、病気だと分からないかもしれない。


反対に、とても表情が暗い人も居る。


目が会うと、怯えるような目を返してくる。


皆、ここに至るまでに壮絶な人生があったのだろうと思う。


一人一人の悲しみ、苦しみ、絶望、それらが入り混じった病棟の空気を吸うのが、私はしんどい。


面会に来ている家族の人は、皆、明るく笑っている。


「また来るね。」と言って、笑顔で帰って行く。


私もきっとそう見えているだろう。





夫は、今もまだ午前午後、一時間ずつホールへ出してもらえるが、それ以外は個室で施錠されている。




こんな病気・・・・・消えて無くなれ!





コメント

本当に。

こんな病気も、どんな病気も、消えてなくなれ!

つぶれかけた心も、深呼吸で少しずつ膨らませて下さい。決して、つぶれないように…。

ワタシも、そうやってやっていってみます。

本当に 消えて無くなれ !            momoさんの見てしまった光景を思い浮かべると   胸が痛くなり涙がでてしまいました          やさしいmomoさんだから 辛いですね      頑張ってとは 言わない ですが 神様 が見ていてくれますよ そう祈っています。

かめさん、44E355 さん、ありがとうございます。

いつの日か、医学が進んで、消えてなくなる日が来ることを祈りましょう。主人には間に合わなくても。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |