FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

いいよ

今日は、面会に行って正解だった。

ずっと笑顔無く、あまり表情も無い夫の顔を見るのは、実際のところ、かなりしんどい。


苦しみの表情も同時に消えたのだから、それで良い、めでたしめでたし、と、納得したかのように振舞っていても、本当のところ、そんなことで、良かったと思える訳はない。


このままずっと、夫が無表情の表情をまとい続けるなら、それはそれで仕方がない。


今までも、ずっとずっと、なんで?なぜ?と言う、天からの不条理に、結局は、「仕方がない」の言葉で自分の心を覆い隠して、生きて行くしかなかった。


そして、年月は、いつの間にかそれに慣れると言う、唯一の生きる術を与えてくれた。


何を言っても、何を喚いても、「仕方がない」に尽きた。


今日は、安心パンツをはいていた。


仕方がない、あんなプレゼントは誰も欲しくない。


離乳食みたいに、どろどろの食事。


仕方がない、誤嚥を防ぐためだもの。


そんな、安心パンツや安心食を、嫌がることも無く受け入れている夫の寛大さに感服して、私も、「仕方がない」を受け入れる事にした。


だけど、喜怒哀楽が消えてしまったあの表情なき表情を受け入れるには、まだまだ、まだまだ、時間が掛かりそうだった。


何を話しかけても、我関せず。


やや眼窩の窪んだあの顔は、嫌いだ。



でも、これもまた「仕方がない」と受け入れない限り、生きてゆく術はないのだろうと思っていた。


自分で看てあげられなくなって、病院に入れた、と言うことは、こう言う事なんだ。


荒れるより良い、暴れるより良い、眉間に皺の寄ったあの顔より良いではないか。



そう、心から思えるようになるまで、自分をだまし続けて行かなくてはならないだろうと思っていた。


面会に行っても、私が知る夫ではない夫に会うのは、気が重かった。


でも、やはり、私の夫は、その人しか居ない。


頭の中に、纏まらない想いが去来し、何をしていても夫の事が頭から消えない。


苦悩が無くなった代償として、自分ではない自分を、これから先、生きてゆかなくてはならない夫に、幸せはあるだろうか?


そして、永遠に答えの出ない疑問、何故?夫が、何故?あんなに良い人が、何故?こんな人生に、と言う不毛の思いに取り憑かれる。




朝からずっとそんな思いでいた午後3時。


今日は行かないつもりだったけど、突然、行こう、と決めた。


今日は、事務員のOさんがお休みだから、出かけるわけには行かないと思っていたけど、急に、行く、と決めた。


外回りの仕事ばかりで、殆ど家にいない長男が、たまたま居たので、「病院行ってくる。」と言い置いて出かけることにした。


ゆっくりとしゃべる時間が取れない彼はまだ、あの朝のプレゼントの事も知らない。


まあいい。これも役割分担だ。




一人でハンドルを握る車中は、気が重かった。


一生懸命、現状を受け入れている様に、自分をだます方法を模索していたりした。




3時半。


この時間に来たのは初めてだ。


いつもの様に、手を洗って待つ。


ナースステーションの向こう側に見える、夫の個室のドアの、すりガラスに影が映っている。


夫が、ドアに向かって立っている影を始めて見た。


ドアの隅だけ、透明ガラスになっている。


彼は、一生懸命そこから外を見ようとしている。


出たいんだ。


夫の影が不憫だった。





たまたまM先生が居られた。


「大分、落ち着いて来ましたよ。ホールに出る時間も、少しずつ長くなっています。」


良かった。





連れて来られた夫は、今日は良い顔をしていた。


確実に、私の夫の顔をしていた。


でも、私が妻で、momoと言う名前だと言う事は、分かっていないと思う。


それでもいい。


私が見て、私の夫だと思えるだけで、それでいい。





一緒に座って、持ってきたおせんべいを美味しそうに食べた。


水筒に入れたポカリも、ごくごくと飲んでくれた。




今日は、言葉がでる。


うん


そう


いいよ




こんな短い言葉でも、小躍りしたいくらい嬉しい。




そして、夫は、おせんべいを何枚か食べた後、小さな欠片を見て、


いいよ


と言った。


どう言う意味の「いいよ」なのかは、直ぐに分かった。


私が食べても「いいよ」なのだ。


私にも、「食べなよ」と、勧めてくれているのだ。


いつも通りの優しさだ。


元気だった時と同じ気遣いをしてくれたのだ。



食べてもいいの?


うん


ありがと



私は、その小さな欠片を夫の手に持たせた。


じゃあ、一緒に食べようね。


今日は、お父さんが元気だから嬉しいわ。


来て良かった。仕事サボってきたんだよ。


あ~、今日は、本当に嬉しい。



どこまで分かるか分からないままに、夫に話しかけた。


そして、


今度、子供たち連れてくるね。AとTとRとSと・・・・


と、息子たちの名前を、ゆっくりはっきりと言ったとき、


へ・へ・へ・・・


夫が笑った。



ほんの2秒か3秒だったが、確かに笑ってくれた。




夫は、まだ息子たちの名前を覚えている。




もしかしたら、私、今、幸せかも。



コメント

そう、絶対に幸せだと思うよ。

良かった
( ´艸`)

夫が笑った その言葉にほっと。
嬉しいです

「いいよ」

夫の優しさを感じる瞬間の喜び。
嬉しい。
momoさんはブログに書かれてる。
私はブログがなかったので娘たちに電話したっけ。

いい日でしたね。

azaleaさん、パイナップルさん、かに座さん、ベンジャミンさん、

ありがとうございます。喜びが4倍になりました。

喜びが壊れるのが怖いので、この二日面会に行きませんでした。

明日、行って見ます。おせんべいとポカリを持って。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |