FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

友達?

昼過ぎに面会に行った時、夫は、何時も通り廊下の奥から歩いて来た。



あれ?せっかく真っ直ぐになっていた身体が、今度は、右に傾いている。


上手く、行かないものだ。


それに、何となく感じが違う。


分かった!散髪して貰ったんだ。


入院時に、月一回床屋さんが来ると言う話を聞いて、「様子を見て適当にお任せします。」と答えてしまったのが、良かったのか悪かったのか・・・・


夫は、完全に丸坊主になっていた。


普段から、短めではあったが、前と上の方にもう少し髪があったのだが、今回は見事な坊主頭になっていた。


まあ、完全お任せを選んだ私が手抜きだったのだろう。


本人は、全く気にしている様子はないし、これから暑い夏に向うから、これで良い事にしよう。


どうでもいい事は、あまり気にかけない方がストレスが少なくて済むと言うものだ。







今日は、「体操の会」と言うのが行われていて、患者さんたちがホールに集まって、風船バレーをしたり、ラジオ体操をしたりしていた。


眺めていると、看護師さんの言う事をちゃんと理解して、足で風船をついたり、おでこでついたり、中々レベルが高い。


夫は、そんな中には入って行けない様だけれど、ラジオ体操の音楽が掛かった時だけ、自分から傍に寄って行き、手拍子を打って参加していた。





看護師さんが話しに来られた。


最近は、水分の摂取量がとても多くて、夜間だけは、オムツをする事を承知してください。

昼間ですか?昼間は、紙パンツです。



どうやら夫は、紙パンツを履いてはいるものの、時間を見計らってトイレに連れて行ってもらってオシッコが出来ている様だ。


始めのころの様に、あちこちで立ちションする事が、昼間はなくなったらしい。


その代わり、夜は、トイレに行くものの、直前で間に合わないでしてしまったりしているとの事。


お世話を掛けてるなと思いつつ、家に居たときの悩みであった、水分を取らない事や、オシッコが出ない事が改善されているのは、流石病院だと言えるのだろうか。


私が看護師さんと話している間、夫は、もう妻のことなど忘れた様に、やや右肩を下げた状態で、廊下を行ったり来たり歩いていた。



普段、私が居ない時間をどう過ごしているのか、聞いてみた。


あんな風にずっと歩いているのですか?


歩いていたり、ソファに座ったりされています。

他の方と、会話じゃないですけど、うん、うん、と言う感じでうなずきあったりする事もあります。




一番気がかりな事を聞いてみた。


笑うことはないですか?


看護師さん、ちょっと考えてから、


あそこにいる白い服を着た方も、うん、うん、とうなずく方なので、二人で手を取って、うなずき合って、踊ってる訳じゃないのですがくるくる回ってました。

面白いので、私たちが笑うと、ご主人も一緒に笑いました。



白い服を着た人、と言うのは、私がAさんと名付けた方だった。


今更、ここで友達が出来るとは思わないけれど、何となく傍にいて居心地が良い仲間が居れば、何よりだ。


そして、私はそろそろ良い頃かなと思って、聞いてみた。


「外出は出来ますか?」


先生に相談してみます、と言われると思っていたら、看護師さんは直ぐに答えてくれた。


「いいですよ。外に出たらどうなるか、私たちも知りたいですから。」


やった!


そんな訳で、来週は、夫を家に連れて来よう。


大きなデコレーションケーキを買おうかな。


久しぶりに、わくわくして来た。


メグちゃん、お父さんが帰って来るよ!


覚えてるかな





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |