FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

怒り

行かなければよかった、と思った。

前回から、やや調子が良くない感じを受けていたので、あまり気が進まなかったけれど、やはり面会に行って来た。


会いに行って、喜んでくれたり、笑ってくれたり、そうでなくても、少なくとも家族が来たこと位は理解できていると思えれば、せっせと通う甲斐もあると言う物だが、その殆どが無い場合、面会に行くにも、張り合いがない。


じゃあ、そんなに頻繁に行かなければいいかと言うと、そうも出来ない。


調子が良くないと思えば思うほど、四六時中夫の事が頭から離れない。


忘れていられるのは、仕事中誰かとしゃべっている時だけだ。


単に、気がまぎれるだけだけれど、この「気がまぎれる」時間が、今の私にとっては、無くてはならない時間だ。


それが無ければ、目の前に居ない夫に頭も心も占領されてしまう。


今更、笑顔で私を迎えてくれるとは思わないけれど、もしかしたら今日はちょっとでも笑ってくれるかもしれないと言う、夢の様な期待がないかと言うと、そうでもない。


どこまで往生際が悪いんだと呆れる。


でも、そんな馬鹿げた期待は、いつも裏切られる。


今日の夫は、特別にご機嫌が悪かった様だ。


いつもの様に、奥の回廊から連れてこられた夫は、そのまま歩き続けた。


その内、座ってくれるだろうと思ったけれど、硬い表情で歩き続けた。


面会スペースに連れて行こうとすると、はっきりと抵抗を示す。


無理強いする気もないし、また、一緒に歩くことにも疲れたので、私はホールの柱にもたれて、歩き回る夫を眺めていた。


看護師さんが声を掛けてくれたので、聞いてみると、今日は朝からあまりご機嫌が良くなくて、ずっと歩いているらしい。


たまに疲れて座ることがあっても、暫くするとまた歩き出すそうだ。


「何か、理由とか原因はあるのでしょうか?」と馬鹿げた質問をしてしまった。


そんなものはない。


看護師さんは、私たちと一緒に歩いてくれた。


途中、何とか、座ってもらおうと声を掛けてくれる。


きっと、せっかく面会来ている奥さんに対する心配りだろう。


でも、その度に夫は、怒った。


手を振り払い、時に手を振り上げ、叩こうとする。


相手が、看護師さんでも奥さんでも関係なさそうだ。


以前の様な激しさは無いけれど、なんだ?この暴力の復活は。





夫に会ってから30分位経っていた。


いつものお菓子とポカリを持ってきたけれど、今日は帰ろうか。


そう思った頃、夫は漸く椅子に座ることが出来た。


何時も通り、おせんべいとポカリと、ヨーグルトをがつがつと食べた。


「美味しい?」と聞いても、何も答えない。


「もっと飲む?」と聞くと、「もういいよ。」と怒った様な口調で言った。


怒りの感情が続いている様だ。


食べ終わって、じっと目を閉じた夫に、声を掛けずに帰ってきた。


かわいそうな夫。


入院して、漸く家に居た時の、激しい混乱から逃れられたと、一時は安堵したが、未だ、安らぎの居場所が見つからなくて苦しんでいるのか。



悲しい。


何もかもが悲しい。


一番悲しいのは、夫にとって、もう、私は、必要が無い人間なのかもしれない、と感じる事だ。


別に私でなくてもいい。


傍で世話をしてくれる優しい人が居れば、それで良いのかも知れない。


「背後霊」と名付け、24時間私にまとわり着いていた時期もあった。


あの頃は、今よりもっと精神的に苦しかった。夫も私も。


病気が進んだと言う事だと思って、今を受け入れる以外に無い。


もし、今でもあの頃と同じ様な背後霊で、面会から帰る時に、「一緒に帰る。家に帰りたい。」などと言われたら、今とはまた別の悩み、苦しみ、悲しみを抱えるだろう。


結局、いつになっても、その時その時の苦しみは尽きないのか。


生きる、と言うことはそう言う事なのか。



やっぱり、この病気にはなりたくなかった。






コメント

お久し振りです。
夫も同じ頃(5月9日)に入院しました。
他人事ではなくブログを拝見していましす。

今、夫は面会に行く度に機嫌が悪く
廊下を散歩しながら私に怒鳴ったり、時には手も出ます。
職員の方にも手が出たりするので、帰宅後、私の気持ちは随分と落ち込みます。
次に面会に行く時には気持ちが滅入ります。
今日は穏やかでありますように・・と祈りながら出掛けます。

夫が何を思っているのか知りたいけれど
それはもう叶わない事です。

コスモスさん、

ご無沙汰しました。5日違いで入院されたのですね。

ご主人様のご様子が手に取るように分かり、また、コスモスさんの想いは、私そのものです。

入院したら、病状が進むのは覚悟していましたが、本人の苦しみや怒りの感情などは、落ち着くものと思っていました。事実、始めの頃は、笑顔も出て、私が行くと喜んでくれたように思えたのですが、1ヶ月を過ぎて、再び手が出るようになるとは思っていなかったので、とてもショックでした。

初めて、3日間面会に行きませんでした。明日は、家族会があるので、行って見ようと思っていますが、主人に会うのは、正直怖いです。また、怒っていたらどうしようと思います。

入院させた以上、病院を信じて任せるしかないですね。私に出来ることは、残念ながら何もありません。まだ1ヶ月半しか経っていないのだから、これから先、良い事もあるかもしれないし・・・・・

コスモスさん、こんな状況の中でも、何とか元気出して今日一日を無事に過ごしてゆきましょう。どうぞ、お体お大事に!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |