FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

今日は夫の誕生日だ。 62歳。


息子が一緒に行くと言うので、出かけるのが遅くなった。


病棟に着いたのは6時過ぎ。


夕食の時間だ。


ガラス越しに、青いつなぎを着て歩いている夫の姿が目に入った。


他の人たちは、それぞれの椅子に座ってお食事中だった。


夫は、そのテーブルの間を一人で歩いている。


もう、食べ終わったのだろうか?


鍵を開けてくれた看護師さんが、何となく言いにくそうな感じをしている。


きっとまた、調子が悪くて荒れていたのかもしれない。


「調子悪いんですか?」と聞いてみた。


看護士さんは直ぐに頷いて、こう言った。


「はい、淋しいんでしょうか、歩きながら涙を流しているのです。傍に行くと手を取って歩き出します。

奥さんと息子さんが来られて、ほっとしました。」



その答えは、暴力を振るっていると聞かされるよりも、ずっとずっと重く圧し掛かってきた。



私は、「今日、誕生日なんです。」とだけ言って、座らせてもらった夫の傍に行った。


夫は夕食を食べはじめた。


持って行ったシュークリームも沢山食べた。


「今日はね、お父さんのお誕生日だよ。」


返事は無い。


食べ終わった夫は、じっと目を閉じた。


息子が、帰ろう、と言う。


もっと一緒に居たかったけど、帰って来た。





家にいる時、救いは無かった。


ならば、と、入院してみたけれど、そこにも救いはないのか。






62歳の誕生日。


こんなに悲しい8月4日は、初めてだ。












コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |