FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

久しぶりに実家へ行ってきた。


昨年の5月に行ったきりなので、一年以上ご無沙汰していた事になる。


新幹線に乗ればあっと言う間に行けるのに、なんとも出不精で親不孝な娘だと思う。


88歳の母は、元気だった。それなりに。


慣れ親しんだ家で、長年身についた家事を現役でこなしている。


孫の食事や洗濯、アイロンかけに靴磨きまでやってしまう。




先日、白内障の手術をした。


話に聞いていたように、ぱっと目の前が明るくなることはなかったそうなので、周りは少しがっかりした。


でも、本人は、目が落ち着いた後、メガネを作ると、1.0まで見えるようになると言われたので、それを楽しみにしている、手術をして良かった、という。


とても前向き思考だ。


ありがたいと思う。


周りが救われる。






孫が庭に桃の木を植えた。


おばあちゃんのために、おばあちゃんの寝床から見える場所に植えた。


3年経ったら実がなるから、それまでは絶対に生きている事にした、と言う。


せっかく植えてくれた孫の気持ちを考えると、実がなるまでに死んでしまったら可哀想だから。



3年後


母は、92歳になっている。


この母ならきっと生きている様な気がする。




それより、



3年後


我が家はどうなっているだろうと思った。


そんな不粋なことは、もちろん話題にはしないけど。





母は、それなりに、元気だけど、それなりに、小さくなっていた。


「ずっと156だったのに、このまえ測ってもらったら146しかなかったのよ。」


以前から、骨粗しょう症の薬が出ていたけど、歯の治療の治りが悪いと言ったら、「じゃあ、止めましょう。」といわれて、ビタミン剤に変わったそうだ。





昨年納骨した父のお墓参りに行って来た。


母と並んで、母の腕を取って歩く。


白髪頭が、遥か下に見える。


小さくなったな・・・・


歩く速度もずっとずっとゆっくりになっている。



子供の頃、末っ子だった私は、いつも母の腕を取って歩いていた。


母から離れたくなくて、いつもいつも母にくっついていた。


今、同じ腕を取りながら歩く。


転ばないように、段差に躓かないように、後ろから車が来たらよけられる様に。


無言の気遣いをしながら歩く。




4日間、一杯話した。


楽しかった。


心が洗われた。







帰ってくる日の朝、桃の木が見える大きな窓ガラスを拭いた。


長い間磨かれていなかったガラスを拭いた雑巾は、真っ黒になった。


サッシのレールには、砂が溜まっていた。


しゃがんで砂の溜まったレールを拭きながら、高齢のために出来なくなった家事が沢山あると思った。


いい加減に拭いただけなのに、「きれいになったわ。ありがとう。ありがとう。」と母はものすごく喜んでくれた。



こんなことで・・・・



もっといろんな事、してあげたいのに・・・・





せっかく夫を入院させたのだから、もっと度々会いに行こう。


そう思った。


夫がくれたプレゼントだと思って。






4日間は瞬く間に過ぎて、家に戻った。


前みたいに、夕方4時までに帰ってこなくても良い。


メグチャンが、飛び跳ねて喜んでくれる。


会いたかったよ。



空っぽの冷蔵庫をうめるために買い物に行った。



腰の曲がったおばあさんが、一人で、ゆっくり、ゆっくり、お買い物をしていた。



何故だか、涙がでそうになった。





コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |