FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

疲労

週の初めにM先生から電話がかかってきた。



「あまり良い話ではないのですが。」と、前置きがあった。


今更良い話が沸いて来るとは思ってないけれど、そう言われると聞く前から気分が落ち込む。


「最近調子が悪くて、後ろから人を押してしまったりする事があります。他の患者さんとトラブルになっても困るので、時間帯によっては、個室に入ってもらったり、

また、薬を増やすなども検討していますが、そうすると症状が進んでしまうことにもなるので、その辺りを相談したいのですが・・」



そんな訳で、今日病院に行ってきた。


珍しく長男と一緒だ。



相談と言われても、状況を説明されて、個室で施錠しても良いかと問われれば、「嫌です」とか「困ります」と言える家族はいるのだろうか?



先生と看護師さんは、電話で聞いたのと同じことを再度説明された。


つい先日は、看護師Aさんから、夫が笑顔でいた話を聞いて喜んだばかりだったのに、今日の看護師さんは、最近は笑顔がありません、と言う。


他の患者さんを追いかけて行って掴み合いにもなったそうだ。


事実、先生が来られるのを待っている間に、歩いている夫が、すれ違う男性の看護師さんの肩を、いきなり叩いたのを見てしまった。


昼間はスタッフの人数が多いので、出来るだけ気をつけて見ているが、夜間や早朝など、人手が無くて目が行き届かない時には、個室に入ってもらう事があるかもしれない、との事。


そうなった時には事前に連絡を入れる、


そして、病状による隔離なので、差額の料金はかからないと言われた。


ただ、今は、個室も満杯だそうだが・・・・









気が重い。



今となっては、願いは唯一つ、オムツになろうが、症状がどんどん進もうが、本人が穏やかで楽な時間を過して欲しい。


ただ、それだけだ。


この先、夫が穏やかで落ち着いた時間を取り戻す事はあるのだろうか?



M先生が言う。


「穏やかになる理由は3つあります。

一つは環境に慣れること。もう一つは、薬が効くこと。そして後の一つは病気が進むこと、です。

御主人の場合、一つ目は違います。薬も、劇的に効いているとは思えません。病気が進むと、少なくとも攻撃的な行動や暴力はなくなります。」


黙って聞いていた長男が口を開いた。


「病気が進んで行動が落ち着いた場合、それに伴って気持ちも穏やかになるのでしょうか?」


それそれ、


私が知りたいのはそれだ。


M先生の答えを一生懸命聞いたけど、結局はっきりとした言葉はなかったように思える。


事実は、そうなって見なければ分からない、と言う事だろう。





先生との話が終わった後、いつものティータイムとなった。


今日の夫は、おやつを食べながらも、硬い表情が崩れない。






とても、疲れた。












コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |