FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

三男は、年に3回しか帰って来ない。


お正月、ゴールデンウィーク、夏休み、それも来たかと思うとあっと言う間に戻ってしまう。


だから、ゆっくりと話す時間が無い。


父親の事も、今まではあまり話題にした事がなかった。


避けて通れる話ではないけれど、お互いに、何をどう話せばよいのか良く分からなかったのだと思う。


たまに帰ってきた時位、ゆっくりと寛いでもらいたい母心もある。


夫が家にいた頃は、三男が戻って居る間は、どうか大人しくしていて、と、願ったものだった。


「お父さんはどう?」と聞かれれば、「大丈夫、心配しなくていいよ。」と言うだけだった。




だけど、家族として、避けては通れない道がある。


今回、三男は随分ゆっくりと滞在した。


どちらからとも無く、自然に夫、父親の話題になった。


辿ってきた過去の事、今の事、そしてこれから起こりうるであろう未来の事。


色々話した。


三男の考え方も聞けたので、私にとって、とても有意義な時間だった。





昨夜遅く、「何か飲みますか?」と聞くので、「じゃあ、コーヒー飲もうか。」と言うと、彼はブラックコーヒーをいれてくれた。


苦いコーヒーを飲みながら、また、夫、父親、そしてこの病気の話になった。


私は、妻としての苦悩を抱えているが、息子は息子の立場で、苦しみを抱えているのだと分かった。


コーヒーを飲み終わると、「これから帰る事にしたから。」と言う。


随分急だ。


あと一日くらい居ると思ったのに。











「それじゃあ、お元気で。」


別れる時、車の窓からこう言って去って行くのが、今までの彼のスタイルだ。


運転席に座った彼が、窓を開けて何か言っている。


また「お元気で」と言ってくれるのかなと思いながら、私は近づいた。


何?


お父さんの事、よろしくお願いします。


今回の、別れの言葉は、いつもと違っていた。


心配しないで。大丈夫だから。


そう返すのがやっとだった。



こうして、家族それぞれ、それなりの覚悟を決めて行くのだろう。







コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |