FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

トンネル

病院への行き帰り、トンネルを通る。


夫の入院とほぼ同時に開通した新しいトンネルで、通行量も少なく、快適に走ることが出来る。


大抵、前にも後ろにも他の車が居ないので、自分専用のトンネルの様に思える。


緩やかにカーブを描く真新しいコンクリートの壁と、天井から降ってくる柔らかい照明に守られて、このトンネルを走るのが、私は気に入っている。


走りながらいつも思うことがある。


このまま、出口が無くて、ずっと走り続けることが出来たらいいのに・・・・・




でも、ほんの数分でトンネルは終わりを告げ、私は夫が待っている(かどうかは分からないけれど)病院へたどり着く。


そして、二人でささやかなティーパーティを開く。


帰り道、またトンネルを走る。


そしてまた思う。


このまま、延々と走り続けたい・・・・・



でも、直ぐに出口が見えてくる。


そして、私は家にたどり着き、何食わぬ顔で仕事をし、何食わぬ顔で家事をする。


トンネルの両側で私を待っているのは、どちらも現実だ。


全く違う二つの現実だけど、私にとって、どちらも紛れも無い現実。





どっちが、楽しいのか・・・・分からない。


どっちが、辛いのか・・・・分からない。


どっちが、私らしいのか・・・・分からない。


どちらかを選べといわれても、絶対に出来ない。




二つの真実を繋ぐトンネルを走りながら、私は何故だかいつも、母親の胎内に居るような安息を感じる。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |