FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

病棟が秋色に染まっていた。



ついこの間まで、天井にはブルーの紐で作られた波が漂い、その間をダンボールのお魚たちが涼しそうに泳いでいた。


まだまだ暑いけど、季節は秋。


ホールの中央の柱には、ダンボールの大木が聳え立ち、紅葉した葉っぱが散りばめられていた。


隣の柱には、沢山の赤とんぼが飛んでいた。


この病棟にも秋が来たと思えて、嬉しかった。


夫は、今が春なのか秋なのか、もう分からない。


そんな彼が、廊下のお散歩の途中に、ダンボールの大木に立ち寄った。


そして、手を伸ばして幹を触った。


我が家の裏山に聳えていた、樹齢何百年のケヤキを思い出したのだろうか。


まさかね。


ドラマにすれば、一つの逸話が作れそうだが、そんな事があるとは思わない。


でも、何時もとは違うそんな行動が嬉しかった。


私を喜ばせてくれたのだからそれで上出来だ。


今日も夫は、極少のモナリザの微笑で迎えてくれた。


この一週間ほど調子が良い。


持って行ったスイカを美味しそうに食べてくれた。


食べ終わると直ぐに立ち上がって、廊下のお散歩が始まった。


そして、ダンボールの大木に近づいていったのだった。






頭に黄色いおしぼりを乗せたおじいさんは、今日も私を見かけると、立ち止まって「ご苦労様」と挨拶をしてくれた。


両足を揃え、両手はまっすぐに伸ばし、30度ほど頭を下げる。


相変わらずのニコニコ顔だ。


すれ違う他の患者さん達には、挨拶をしていないので、私が面会者だと言う事が分かる様だ。


凄いな。








今日は十五夜。


見事な満月が見える。


夫も、この月、見てるかな?


そんな訳ないか。






コメント

微笑み・・

こんばんは
ご主人さま、調子よさそうでなによりです。
うちも、今日面会にいったら久しぶりに笑顔を
見せてくれ嬉しいひと時を過ごしてきました。
少しでも笑ってくれたら、それだけでこちらは
うれし涙が、ぽろりですですよね。

こちらもきれいなお月さまがみえています。
離れ離れになっていても、いつもどこかで主人を
思い、独り言でぼそぼそ話しかけてみたりしています。

きれいなお月さま一緒に見られたら
たのもしい主人の肩にもたれかかって見られたらなどと
いつになっても、この病気になっていなかったらと
考えてしまいます。

現実は、家を一人できりもりせねばならず
どんどんたのもしくなっていくわたしです。

ではまたおじゃましますね。

おんせんたまごさん、

お久しぶりです。

ご主人様、笑って下さったのですね。涙が出るほど嬉しい気持ち、良く分かります。本当に、小さな小さな、そしてとてつもなく大きな幸せですね。

私も、PCの壁紙の中の主人に、時々話しかけます。何も答えてはくれないけど、いつも笑ってくれています。
今年の2月に撮った写真です。半年前には、こんなに良い笑顔があったのに・・・・。

面会に通うのも、体力勝負です。あまり無理しないように、どうぞお元気で、お嬢さんと一緒に素敵な秋を楽しんでくださいね。

こんばんは
病棟の中って想像つかなかったのですが、
季節感を表すお飾りがあるのですね。
なんだかほっとしました。
夫はまだまだ話も出来るし季節もわかりますが、
月日や曜日は言えなくなってきました。
少しずつ脳の機能が落ちていることが自分で認識できるので辛いみたいです。
でも自分の病気が自分で認識できなくなってもやっぱり
辛いのですね。本当に残酷な病気だと思います。
それではまたおじゃましますね。

ルッコラさん

こんにちは。

入院する前は、殺伐としたイメージしかありませんでしたが、今の病院は、少しでも患者さんたちが安らげる様な雰囲気作りがされています。

季節感漂うお飾りの他にも、お誕生会やお出かけの写真がこまめに貼りかえられています。

平日の午前中は、何らかの作業療法が行われていて、患者さんが書かれた見事な達筆の習字が壁に張り出されていたりします。

ホールは広々として明るく、床などピカピカ、我が家よりよっぽど綺麗です。

と言って、入院しないに越したことはありませんけどね・・・



ご主人様とルッコラさんの穏やかな時間が沢山ありますように、祈ってます。

いっぱ~い、お話しして置いて下さいね!




コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |