FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

ブタ

昼過ぎ、M先生から電話がかかってきた。


「あまり、良い話ではないのですが・・・」


先生の前置きは、何時も同じだ。


良い話が振ってくる訳が無いことは、重々承知しているが、それでも、その前置きは、私の心を落ち込ませるに充分だ。


「落ち込む」と言うより「構える」と言った方が、より正確かもしれない。


今度は、何?


そんな感じで、先生の次の言葉を待った。



「他の患者さんを押してしまい、その方は、コブが出来てしまいました。

骨折などと言う事になったら大変なので、拘束します。」


拘束・・・・・・・またか。


私は聞いた。


「拘束って、どんな風にですか?」


先生は答えた。


「車椅子に座ってもらい、胴と両手を固定します」








午後、面会に行った。


夫は、先生が言われたとおりに、車椅子に座っていた。


おそらく、午前中は、大騒ぎだったのだろう。



「今日は、午前中、ちょっと頑張りすぎちゃって、車椅子になってしまったのよね。でも、午後からは落ち着いて来たし、今が一番良いわ。

オムツ交換の時間だけど、後でやりますから、美味しいもの食べてね」


優しい看護師さんがそう言った。



車椅子に座っている夫は、落ち着いた顔をしていた。


2度目の肺炎から回復して、再び病棟を歩き出した時に、トラブルが起きたらしい。


自由に動き回れない状態の時の方が、落ち着いている。


そう感じる。


動ける時は、歩いても歩いても、自分の居場所が見つからない。


熱が出てベッドに寝ている時、逆に居場所が出来て落ち着くのだろうか?


分からない。







今日は、回り道をしてローソンに寄って来た。


夫が、大好きだった「モンブラン」を買う為だ。


この時期だけの限定商品で、とても美味しい。


夫は、とても美味しそうにモンブランを食べた。


「モンブラン」と言う単語は、きっと脳の何処かに残っているのだろう。






食べ終えた夫は、とてもとても大人しく座っている。


午前中の一波乱が、信じられない思いだ。


私が帰った後、夫はまた誰かを突き飛ばしたりしないように、両手を縛られるのだろうか。


このままじっと手を握り続けていたいと思った。


でも、それは叶わない。








一時間ほどいて、車に戻った。


待ちくたびれたメグちゃんが、大喜びして迎えてくれる。


癒される。





帰り道、おじさんが、大きな黒い犬を連れて歩いていた。



と、思ったら・・・・



それは、黒い、ブタ・・・だった。



これも、笑えた。



なので、今日のタイトルは、「ブタ」にしよう。










コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |