FC2ブログ

プロフィール

Author:momo


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


フリーエリア

いつでも里親募集中

師走

明日から師走。


なのに、今頃になって紅葉がきれいになってきた。


季節が、一昔より1ヶ月か2ヶ月遅れている様な気がする。


暖かい日が多くて、目の前の山も、お庭のもみじも、今ひとつぱっとしなかったが、漸くいつもの色合いに染まってきた。


これでなくっちゃ。


病院がある所は、有名なもみじの名所となっている。


先日来、リュックを背負った観光客らしき人たちで、沿道がとても賑わっている。


夫婦で、家族で、友達同士で、もみじ狩りを楽しむ人たちの間を縫うように、私は夫が待っている病院へ行く。





最近の夫は、落ち着きを取戻している。


今日も、車椅子に座っていたが、両手はフリーになっていた。


つなぎは着ていない。


午前中は廊下を歩いていたが、ちょっと疲れた様なので、午後からは車椅子に座ってもらっている、との事。


大きなトラブルはなさそうだ。


拘束されていなければ良い、なんて、私の願いもだんだん小さく小さくなってきた。





夫は、いつの間にか古株になって来た。


気がつくと、そう言えばあの人居ない、あの人の姿も見えない、となって、我が家よりも先に入院していた方で、まだ居られるのは、数えるほどの人数になって来た。


変わりに、新しい顔ぶれがどんどん増えてくる。


夫は、そんな事何一つ気にかけることも無ければ、何かを思い悩んでいる風でもない。


相変わらず、モンブランをパクパク食べ、コーヒー牛乳を勢い良く飲む。


「もっと食べる?」と聞くと、小さく「うん」と頷く。


これが、唯一の意思疎通だ。


食べ終えると、CDを聞かせてあげる。


今日も、加山雄三。


喜んでいる様には見えないが、嫌がりもしない。


お家の話をいろいろ聞かせてあげる。


聞いているのか居ないのか、どうなんだか。


また来るね、と言っても変化なし。


何だか、僕はお先に一山超えたよ、とでも言っているかのようだ。





先の事は分からない。


また、とんでもない大嵐に翻弄される日が直ぐに来るのかもしれない。


今はただ、超多忙な師走を乗り切るまで、このままの穏やかな夫で居てくれることを願っている。






231130 006




コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |